約2ヶ月前の話。
僕は大学に入って何人かと付き合ってきたが、最近は彼女よりもセフレが欲しいと思うようになっていた。
そこで、よく聞く出会い系に登録してセフレを作ろうと考えた。

登録してからすぐ、27歳のアカリさんが目に留まった。
すぐ会いたいみたいだったので急いでメッセージを送った。
1時間もしないうちに返事が来て、LINEを交換しやりとりして、夕方から会うことになった。

そして夕方、待ち合わせ場所で待っていると声を掛けられた。

「あの・・・◯◯さんですか?」

見るとアナウンサーの竹内由恵に激似の可愛いらしい人だった。
タイトなミニスカートから伸びる脚がセクシーだ。
軽く自己紹介して居酒屋へ。
アカリさんはキャバ嬢をしつつ、3人の愛人をしているらしい。
曰く、全員エッチが下手だし、かなり自己中なので欲求不満なんだとか。
しかしさすがはキャバ嬢、経験人数は50人以上らしい。

お酒も手伝ってか予想以上に仲が深まり、アカリさんの自宅に行くことになった。
アカリさん家は都内の高級マンションで、愛人の1人がプレゼントしてくれたらしい。

「先にシャワー浴びるね」

アカリさんはシャワー、僕はソファに座った。
間もなくアカリさんはバスローブ1枚で出てきた。

(スタイルがいいなぁ)

と思いつつ、僕もシャワーを借りようとすると強引にソファに座らせられ、ズボン越しに股間を弄られた。

「ちょっ・・・シャワー浴びないと・・・」

「私ね、男の人の汗臭さに興奮しちゃうの・・・あ、おじさんは嫌だけど(笑)」

そう言ってソファの下に膝をつき、僕のズボンを脱がせ、パンツ一丁にさせられた。
パンツの上からチンコをペロペロしてきた。

「うふふ、だんだん大っきくなってきたね・・・」

いよいよパンツを下ろされると、チンコがお腹に当たりバチンと音を立てて飛び出した。

「うわぁ・・・すっごい!こんなに大っきいの初めて・・・」

ニヤニヤしながらシャワーも浴びてないチンコをシコシコしながら玉をペロペロ。

「あぁ・・・シャワー浴びでないのにそんなとこまで・・・」

「だってぇ・・・この匂いがたまらないんだもん」

玉から裏筋、そして亀頭まで丁寧に舐めてくれた。
そしてジュポジュポとフェラ。

「ねぇ奥まで咥えさせて?」

「それってイラマチオってことですか?」

「うん・・・好きなの」

僕はアカリさんの頭をグッとチンコの根元近くまで押し込んだ。
さらに腰を振ってチンコを出し入れまでした。

「んぐんぐんぐんぐ・・・」

アカリさんの口からチンコを出すと、チンコとアカリさんの口は涎まみれに。
アカリさんはチンコの涎を拭き取るように、再びジュポジュポとフェラしてくれる。
攻守交代とばかりに、今度は僕がアカリさんを攻める。
電気を暗くし、ベッドに移動しバスローブを剥ぎ取ると、分かっていたが結構巨乳で、ピンクの大きめの乳首がいやらしい。
さらに驚くべきことにマンコはパイパンだった。

「綺麗なおっぱいだね・・・」

たまらずおっぱいを貪るように愛撫した。

「あっ・・・ゃん!・・・んふっ・・・んんっ・・・」

アカリさんは体をくねらせながら感じている。
そのままおっぱいを舐めながらM字開脚させ、手をマンコに当てると愛液がダダ漏れだった。

「アカリさんこんなに濡れてるよ?」

「あぁん・・・気持ちいいんだもん」

「じゃあ、もっと気持ちよくさせるね」

アカリさんをベッドの上に膝立ちさせ、マンコを掻き回した。

「あっ!あぁ!気持ちいいよぉ・・・あっ!ダメェー!でっ・・・出ちゃうー!」

アカリさんは潮を撒き散らしながら喘ぎまくり。
シーツは潮溜まりができるほどだ。
しかしお構いなしに今度は仰向けに寝かせ、アカリさんの顔にチンコをもっていき、同時に脚を広げて再び激しく手マン。
アカリさんも一心不乱にフェラしてくれる。

「んんっ!んっ!んっ!・・・んあっ!またイッちゃう!イッちゃう!」

またしても潮噴きし、シーツは濡れている面積の方が大きいほどだ。

「はぁはぁ・・・こんなに出たの初めて・・・」

「そうなんだ・・・今、拭いてあげるね」

僕はアカリさんに跨がり、逆69をした。
腰を上下に動かしてイラマチオをしつつ、アカリさんのマンコをクンニした。

「んっ!んっ!んぐっ!・・・ふあぁ!この体勢すごいよ!気持ちくて興奮しちゃうよぉ!」

アカリさんは僕のお尻に抱きつくようにしがみついていた。
少しの間逆69を楽しんだあと正常位になり、パイパンマンコにチンコを宛てがう。

「◯◯くんのオチンチン大っきいから入るかな・・・?」

「じゃあ挿れるのやめようか?」

「いやぁ・・・意地悪しないで!挿れて・・・」

その言葉を合図にチンコを生でズズッと挿入した。

「んっ!・・・あっ!・・・あぁ・・・入ってるぅ・・・やっぱり大っきい・・・」

アカリさんのマンコはキツめだったが、どんどん突いた。

「アカリさんのマンコ気持ちいいよ!」

「あん!あん!あっ・・・私も気持ちいい!イッちゃう!・・・ああぁっ!」

ピクピクしているアカリさんをよそに、バックに変えて再び突きまくる。

「あんっ!あんっ!あんっ!きっ・・・気持ちいい~!」

「アカリさんのお尻、丸見えだよ!」

「いやぁ!見ないで!恥ずかしいよ!」

「見ないからこっちに来て」

そう言って僕はフラフラのアカリさんを連れ、大きい姿見の前で立ちバック。

「え?ここで?・・・んあっ!あぁん!」

「ほら、アカリさんのエッチな姿が映ってるよ!」

腕を掴んで突きまくる。
アカリさんの揺れるおっぱいが鏡に映って興奮した。

「あぁん!いいっ!あぁん!あぁん!」

突くのを止めるとアカリさんの膝が震えていて、その場に立っているのがやっとのようだ。
ベッドに戻り、騎乗位をしてもらった。
アカリさんは自らチンコを握り、自分で挿入した。

「んんっ!・・・入ったぁ・・・あんっ!あんっ!」

そこから高速でグラインドするので僕がイキそうになった。

「アカリさん・・・ちょっ!」

「はぁん!き・・・気持ちいいから・・・止め・・・られない!あぁ!イ・・・クゥ!」

体をピクピクさせて昇天したようだ。
アカリさんを仰向けにし、正常位でチンコをマンコに擦り付ける。

「アカリさんばっかりイッてずるいよ」

「ごめんなさい・・・◯◯君も中に出していいからチンチン挿れて」

「じゃあ、おねだりしてごらん」

「アカリのマンコに◯◯君のチンチン挿れて・・・んんっ!あぁん!」

しっかり奥まで挿入し、ガンガン突いた。
さっきの騎乗位のせいで長くは持たない感じだった。

「アカリさんイッていい?もう我慢できない・・・」

「あんっ!あんっ!いいよ!我慢しちゃイヤ!」

僕はおっぱいを鷲掴みして腰を振りまくった。

「あぁん!気持ちいい!イクイクイクイク・・・!」

最後はお互い抱き締めながら奥に勢いよく中出しした。
しばらく余韻に浸ったあとでチンコを抜くと、精子がドロっと出てきた。
アカリさんは放心状態のようだ。
精子を拭いてあげて2人並んで横になっていると、落ち着いたのかアカリさんが抱きついてきた。

「すごい気持ちよかった・・・今までで最高だった~」

「僕も気持ちよかったです」

次の日はお互いに何も予定がないということで、泊まらせてもらうことにした。
次の日の終電までアカリさんの家で、DVDを観たり、ご飯を作ってもらったり、ゲームをしたりして過ごした。
もちろんセックスも6回戦までした。

以来、アカリさんとは週2以上で会っていて、お互いの家やホテルはもちろん、公園やカラオケでもしている。
会うたびにお小遣いくれたり、料理を作ってくれたりする。
本当に都合のいいセフレだ。