両親は今年38歳で、2人が20歳の時に僕が生まれた。
もしかしたらそれ以前に母にされてたのかも知れないけど、僕が覚えているファーストキスは5歳の時に母と。
それも軽くチュッとするのじゃなくて、舌を絡め合う濃厚なやつ。
キスされた瞬間に母の舌が入ってきた時は驚いた。
頭を押さえられてたから逃げられなかった。
舌をねっとりと絡められて頭がクラクラした。

それから1週間も経たないうちだったと思う。
風呂で母にチンコの皮を剥かれて大泣きした。
僕は皮を戻そうとしたけど母に止められて、しばらく痛いのを我慢して過ごした。
すっかり痛みもなくなったのがいつだったかは覚えていない。
かなり日数が経ってからだったと思う。

それから母にオナニーを教え込まれ、毎日僕は母の前でオナニーをするよう強要された。
それが普通だと言われたから、僕は疑うことなく母に見られながらオナニーしてた。
精通してからは、母の手のひらに射精するように言われた。
出した精子は母が匂いをチェックして、さらに舐めて味も確かめていた。
僕の健康をチェックする為だと母は言っていた。

その年のクリスマスは両親からプレゼントを貰ったけど、父が寝た後、母からもう一つのプレゼントとしてフェラチオをされた。
チンコを舐められ、口に含まれると舌が纏わりつき、ジュポジュポと吸われ、そのまま僕は母の口の中に精子を出してしまった。
母はじっくりと精子を味わってから美味しそうに飲んでいた。

年が明けて6歳の誕生日。
たまたま父が仕事で帰宅出来なくなり、母と2人きりの誕生日会になった。
父がいないので、普通の誕生日プレゼントを貰うと同時に母からの特別なプレゼントも貰った。
母のオナニー観賞だ。
母はパンツを脱いでオマンコを僕の目の前に晒け出し、どこをどうすれば女は気持ち良くなるかを解説しながらのオナニーだった。

オマンコから出てきた液は最初は透明だったけど、激しく指を出し入れし始めてすぐに白く濁った液になった。
腰を浮かせて身体を仰け反らせ、ビクンビクンと痙攣しながら母が果てた。
本当はオナニーを見せて終わるつもりだったらしい。
でも僕は母のオナニーに興奮してオマンコに吸い付いてしまった。
果てたばかりで敏感になったオマンコに僕が突然吸い付いたから、母は驚きと快感でまたすぐに果てた。
その日から母とオナニーの見せ合いやアソコの舐め合いをするようになった。

そこから先に進むのは早かった。
母は最初、毎年一つ、僕に何かを教えようと考えていたそうだ。
でも僕が自分からクンニをしたことで母は我慢出来なくなったらしい。
初体験では、土下座のような格好で高く突き上げた母のお尻を鷲掴みにして挿入した。
僕はチンコが全部入る前に母の中に射精してしまった。

「出しながらでいいから、そのままオチンチンを全部入れなさい」

そう言う母の言葉に従った。
母のお尻と僕の下腹部がピッタリと密着してチンコが見えなくなった。

今度は、「腰を前後に動かしてオチンチンをオマンコに出し入れするのよ」と言われて腰を動かしたけど、気持ち良すぎて腰がガクガクして上手く動かせなかった。

そんな僕を見かねた母にチンコを1回抜くように言われ、抜くと母に押し倒された。
僕の上に母が跨がって腰を落とし、オマンコにチンコを飲み込むと腰を振り始めた。
今度は母が果てるまで動くのを止めてもらえず、何度も繰り返し母の中に射精させられた。
出し過ぎて意識がボーっとした。

それからの母は凄かった。
母は何かの薬を飲むようになって、毎日何回も中出しさせられた。
その薬がピルだと知ったのは僕が中学生になってからだ。
その頃には僕と母の身長は逆転して、少しだけ僕の方が背が高くなってた。
母の要求は日増しにエスカレートしていき、僕はそんな母を愛していた。

母は1日中パンツを穿かずに過ごすようになった。
朝は母がフェラチオで起こしてくれるようになり、一足先に家を出る父を2人で見送ったら、学校に行く前に母を抱く。
学校から帰宅すればオナニーでオマンコを濡らした母が出迎えてくれ、玄関でセックスを求められる。
夕食後は性器を舐め合い、同時に母のアナル開発を手伝う。
父が帰宅しても父に見えない所で抱き締め合ってキスをする。
父が寝たら、そのすぐそばでセックスをする。
特に、父の顔を跨いで立ったまま、僕に後ろから犯されるのが母のお気に入りだ。

3年前から母がピルを飲まなくなり、僕と子作りセックスを繰り返した。
その甲斐あって、見事に母は僕の子を妊娠した。
安定期に入るまでは開発したアナルで僕を楽しませてくれたから、お互いに欲求不満にはならなかった。

こうして僕は15歳で父親になった。
父は僕と母の子を自分の娘だと信じて可愛がってくれている。