今、整体師の資格を取るための勉強をしています。
3歳年下の高校2年生の妹がいて、仲良しなのを利用して自宅で練習台になってもらっていますが、妹はいつも途中で爆睡してしまいます。
最近は部活の疲れを解して欲しいのか、自らマッサージを求めてきます。
妹は可愛い顔立ちで、学校ではアイドル的扱いでした。

GW中のことでした。
両親は母の実家へ里帰りをし、妹と2人だけの生活になりました。
妹は部活から帰宅をするとジャージー姿のまま、いつものようにマッサージを求めてきました。
ジャージーを脱ぐとTシャツと短パンになり、背もたれのない椅子に腰かけるとせがんできます。
いつものように、首筋から肩、両腕をマッサージして、ソファーにうつ伏せにしてから背中から腰を揉んでいると普通に眠っていました。
本当に無邪気な寝顔が寝息を立てています。

いつもなら毛布を掛けてそのまま寝かせていましたが、両親がいないと思うと邪心が湧いてきました。
つま先、太腿、腰をいやらしい目で見ながら施しました。
短パンを穿いたままでは内股の施術がやりにくいのでゆっくりと脱がすと、妹の水色のショーツが露わになりました。
短パンを脱がす際にそのショーツも少しだけ下がり、半ケツ状態でした。

妹の右脚に跨がって座り、左脚を自分に太腿に乗せて股関節を解しました。
半ケツの割れ目を見続けていると、尻肉と股布の間からエロサイトでしか見たことのない襞が丸見えになっていました。
その時点で自分の股間はギンギンでした。

いけない事だと知りつつも立ち上がり、妹の腰を浮かせショーツを膝まで下げてしまいました。
短く縮れた薄い毛が下腹部、襞の両側、アナル付近まで生えていました。
アナルに顔を近付けると微妙に不快な臭いが鼻を突きました。

ソファーに腰掛け、妹の尻肉を鷲掴みして左右に広げると襞が広がり、ピンク色の中身が見えました。
思わずクリに舌を伸ばし、執拗に舐めまくりました。
徐々に妹の穴から愛液が溢れ出してきました。
愛液を啜ってはクリを舐めるのを繰り返していると妹の息が荒くなり、顔を見ると目を覚ましてしまいました。

「お兄ちゃん、何してるの!」

妹は怒気を込めて言いましたが、両太腿をガッチリ掴んで続けました。

「お兄ちゃん、やめてよ!」
「アァ~ン」
「いい加減にして!」
「アァ~ン」
「変になりそう」
「アァ~ン」

そんな事を言っているうちに妹の腰が上下左右に動き出し、もう「アァ~ン」しか言わなくなっています。
しばらくして妹を仰向けにし、また同じことを繰り返していると、いつの間にか妹はTシャツの裾を捲り上げてブラもずらしピンクの乳首を弄っていました。
年の割には大きな乳房でした。
乳首も乳輪も綺麗な色でした。
乳首はビンビンになっていました。

妹に覆い被さって乳首を左右交互にしゃぶると、ギンギンのちんこがスウェット越しに妹のクリと擦れ、妹が仰け反ってイッてしまった瞬間、自分もトランクスの中で暴発しました。
気持ち悪いのでスウェットとトランクスを脱ぎましたが、まだギンギンは収まっていません。
再び妹に覆い被さると、精子まみれの裏筋を愛液が溢れるピンクのまんこに押し付けました。
そそて半開きの妹の口にキスをしました。
抵抗はありません。
自然に舌を絡ませ合っていました。

「もう我慢できない入れていい?」
「お兄ちゃん、したことあるの?」

「ないよ。お前は?」
「半年前に1回だけ」

「彼氏か?」

首を縦に振る妹。

「すっごく痛いし気持ちよくなかったから、それっきりになって別れた」

なんか悔しくなって、精子まみれのギンギンを握って妹の穴に突き刺しました。
そして夢中になって腰を動かしました。
妹は気持ちよさそうに喘いで腰を振っていました。
経験ゼロの自分と1回だけの妹なので、避妊のことなんて頭にありません。
妹は何度も仰け反ってイッてたみたいですが、こっちはすでに1回放出していたので終わりません。
エロサイトで見たように何度か体位を変えて突きまくりました。
騎乗位になったとき、下から突き上げると妹の胸が激しく上下に跳ねました。
それを見てたら急に絶頂感に襲われて、思いきり妹の中に放出しました。
一緒にシャワーを浴びていると、妹の穴からはおびただしい量の精子が溢れ出てきました。

以来、両親の目が届かない所では普通にいちゃつく仲になり、毎晩こっそり抱き合うようになりました。