ナオは恥ずかしそうに胸を隠しながら、俺の股間をちらちらと見ていた。
彼女の両手首を掴むと、隠していた胸が全開になるように思い切り両腕を開き、そのまま床に押さえつけるように押し倒した。
結構強引にしたからか、「あっ!」と性欲をそそる声をあげた。
目をじっと見た。
なんとも言えない困ったような表情。
潤んだ目。
そのまま視線を下に。
ブラ、胸の膨らみ、へそ、下腹部、パンツ、恥丘の膨らみ、太もも・・・。
彼女に覆い被さるような四つん這いの体勢で、彼女を上から下、そして下から上にじっくりと視線を送った。
また目を見た。
そのまま顔を近づけてキスをした。
彼女が少し息を荒くした。
抱き締めるように彼女にのしかかる。
首筋に口を這わせる。
息を大きくした。
耳たぶを噛む。

「はああっ」と、息遣いが荒い。

今度は彼女の唇を全部口に含むように、むしゃぶりついてキスをした。

「んんーっんー」と言った。

舌を思い切り入れて、彼女の舌に絡ませて、ちゅっ、くちゃといやらしい音を立ててキスを貪る。
お互いの唾液を啜る。
今度は両手で乳を揉む。
ブラの上から激しく。

「んー!」とキスしたまま、声のような息を漏らす。

口を彼女から離して、顔を見ながら胸を揉んだ。
目がとろんとしている。
顔が真っ赤だ。
首筋からデコルテは白い肌が少し紅潮してる。

彼女に跨がった馬乗りから、体勢を変えた。
彼女は脚を閉じて抵抗するような素振りを見せたが、無視して強引に両脚の間に身体を入れた。
そのまま胸をブラの上から揉み、自分の股間をボクサーのまま彼女の股間に押し当てた。

「はあん!」

大きいな吐息と叫びの混じった声が漏れた。
もう自分も立っていた。
それを彼女のパンツ越しに押し付けて腰を動かす。
彼女も反応して腰がいやらしく動き出した。

(すごいな、この子は)

いやらしい腰使い。
ブラから乳房を引っ張り出すように露出させた。
ぷるんっ控えめの乳房が揺れた。
剥き出しの乳首がつんと立っている。
鷲掴みにした。
生乳を激しく揉む。

「あん!」

もう片方は肩紐を一気にずり下げて剥き出しにした。
乳首を指で摘んで刺激した。

「んあ!あっ!」

何度も呼応して声が出る。
わざと乱暴な言葉を使った

「いい乳してるな」

感触と反応を楽しんだ。
その間も股間は押し付けてくねらせる。
彼女の目を見つめた。

「こっち見てて」

そう言って、彼女を見つめながらぺろんっと乳首を舐めた。

「あっ!」と言って彼女は自分の手で口を塞いだ。

また喘いだ。
声を我慢している。
そのままパクッと乳首をいただく。
身体がビクンッと大きく震えた。
そのままむしゃぶりついて反応を楽しむ。
ビクンビクン跳ねる体と「あっ。んっ!」の声。
口を塞いで堪える様。
たまんらない、もうだめだ。
めちゃくちゃにしてやろう。
しゃぶりながらパンツに手を突っ込んだ。

「え!まっ・・・!」

そのまま中指をビチョビチョの膣に突き立て、挿入した。

「・・・~っ!」

声にならない喘ぎ声。
そのままパンツの中を激しく掻き回す。
すごい。
指1本でこんなにキツいとは。
しかも肉壁がぐんぐん指を吸い上げ、奥に締め上げてくる。
人差し指も入れてしまえ。
ゆっくりと2本目を入れた。

「いや!だめ!あっ」

無視してねじ込む。

「ああん!!」

彼女の乳首から顔を離し、手マンに集中することにした。
指2本を膣の中で出し入れしながら、もう片方の手で彼女のパンツを下ろした。
ずぶ濡れだ。
パンツはビチョビチョだった。

「すごいね」

そう言って、一度指を抜いた。
愛液が白濁している。
指はもちろん、手の甲まで愛液がついていた。
それを彼女の目の前で見せた。

「いや。恥ずかしいよ~」

目の前でその指についた愛液を舐めた。

「いやだー」

俺が舐める様子を見て、驚いて彼女は目を見開いた。

『そんなことするの?』

そんな表情だ。

そのとき、ぷぷっ、ぷしゅっと、音が聞こえた。
膣だ。
彼女の膣から空気が抜ける音だ。
恥ずかしいのだろう、モジモジしていた。
興奮した。

また彼女の両脚を掴んでマングリ返す。

「え!ああー!」

今度はパンツも穿いてない。
丸見えだ。
じっくりと性器を観察した。
毛はすごく薄い。
恥丘辺りに三角形の茂みが少し。
割れ目は、大陰唇のややぷっくりと膨らみ、真ん中に小陰唇のびらびらか少しだけ出ていた。
クリは見えない
驚いたことに、彼女の膣からは大量の愛液が流れ出ていたが、にも関わらず無臭だった。
少し割れ目を開く。

「あっ」

声が出たが無視して、クリ皮を少し剥いた。

「あん!」

俺はクリもろともマンコを舐めあげた。

<続く>