夫婦の営みを中学1年の娘に見られていたらしい。
それも半年ほど前から、頻繁に覗き見てたと言われた。

妻が駅の階段で転んで左大腿骨頭を骨折して入院中のことだ。
私は突然の衝撃告白で狼狽えてしまった。
そこに更なる追撃が・・・。


「覗きながらのオナニーだけじゃ我慢出来なくなったから、お父さんのオチンチンを入れて欲しい・・・」

娘は顔を真っ赤にさせながらも、真剣な表情で真っ直ぐに眼を見て言い放った。
とにかく一旦落ち着かせようと娘の肩に手を掛けた。
それを私からの了承と受け取ったらしく、娘がギュッと抱き付いてきた。
慌てて娘を引き剥がす。

「どうして?お父さんのことを考えると、こんなになっちゃうのに・・・」

娘はスカートを捲り上げた。
下着を着けておらず、その脚の付け根からは透明な液体が溢れ、太腿を伝っていた。
それを見て、私の中で何かが切れた。

「親子でこんな事をしてはいけないんだ」

そんな言葉とは裏腹に、私は娘の股間に手を伸ばしていた。
ヌルリとした小さなワレメに指を這わせる。
娘は眼を伏せて小さく喘ぎ出す。

(なかなか可愛い声で鳴くじゃないか・・・)

私はズボンのチャックを下ろし、ペニスを出して娘の名前を呼んだ。
名前を呼ばれて眼を開けた娘は、自分の目の前に出されたペニスに驚いていた。

「これが欲しいんだろう?」

無言で頷く娘。

「なら、まずはその口で味わいなさい」

娘は私の前に跪き、躊躇うことなくペニスを口に含んだ。
何度も覗き見ていただけあり、それなりに気持ち良くなれた。

「上手いぞ。これならご褒美をあげてもいいな」

ご褒美と聞いて期待が高まったのか、娘はペニスを咥えたままでオナニーをし始めた。

「このまま口に出すから溢さずに受け止めて全部飲みなさい。それが出来たらオマンコに入れてあげよう」

コクコクと頷く娘の口の中に射精する。
勢いよく流れ込む父親の精子を、娘が静かに口で受け止め続ける。

「まだ飲んじゃ駄目だぞ。お父さんが出し終わったら口を開けて見せるんだ」

射精を終えたペニスを娘の口から引き抜き、その口を大きく開けさせて中を確認する。
大量の精子を口の中に溜め、早く飲みたいと眼で訴えている。

「じゃあ、よく味わってから飲みなさい」

口を閉じ、まるでワインのテイスティングをしているように味わっている。
そしてゴクリと喉を鳴らして精子を飲み込んだ。

「お父さんの精子は美味しかったか?」

「美味しかった。ねぇ、飲んだらオマンコにオチンチンを入れてくれるんでしょ?早く欲しいよぉ・・・」

もう我慢の限界なのだろう。

「よしよしシ。じゃあ服を脱いでそこに四つん這いになりなさい」

いそいそと服を脱ぎ出し、その場で小さなお尻を突き出す。
肛門もオマンコも綺麗な色をしている。

(こんな小さなオマンコに入れても大丈夫だろうか?)

少し不安になる。

「お父さん、早く~」

お尻をフリフリしておねだりする娘。
私も服を脱ぎ、左手を娘のお尻に置いて右手でペニスを支え、亀頭を入り口に当てた。

「それじゃあ、今からお父さんのオチンチンを入れるからな。力を抜いて楽にしていなさい」

ゆっくりとペニスを押し込む。
メリメリと狭い膣穴を押し広げ、中の肉をかき分けて奥へと進めていく。

「んあああ!痛いよ、お父さん!」

涙を流して訴えるが逃げ出したりはしない。

「我慢しなさい」

半分くらい押し進めたあと、両手で娘のお尻を掴んで一気に残りを押し込んだ。

「ああ~!」

娘は突然乱暴に奥まで突き入れられて叫び声を上げる。

「全部入ったぞ。今、お父さんとお前は一つに繋がっているんだ」

痛みを耐えるのに必死で返事も出来ないようだ。

「それじゃあ動くぞ。最後まで我慢したらオマンコの中にも精子を出してやるからな」

私は一切遠慮せずに腰を振った。

「うう~」

涙を流しながら耐え続ける娘。
娘の望んだ事なのに、まるで私が娘をレイプしているみたいな気分だ。

「よく我慢した。今から中に精子出すからな」

子宮口にペニスを押し付けた状態で射精した。

「どうだ、分かるか?」

「お父さんの精子が・・・お腹の中に広がってく」

娘はまだ涙を流してはいるが、膣内射精に不思議な感覚を覚えたようだ。

「何度も繰り返せば痛みがなくなって気持ち良くなる。だからお母さんが退院するまで、毎日沢山セックスするからな」

絶対に拒否させないと言う強い意志を込めて娘に宣言した。
娘もそれがわかったのか、「はい」と短く返事をした。
そして宣言通り、私は毎日、時間の許す限り娘を抱き続けた。