犯される・・・。
普通の女の子なら絶対にされたくないことなのに、私は興味というか願望がありました。
興味を持つようになったのは中学2年生の時からです。
姉の部屋に隠してあったレディースコミックを隠れて読むようになってからでした。

・痴漢されて犯される。
・拉致されて犯される。

様々なレイプ体験があって、どれも綺麗に可愛く描いてあり、読むたびに下半身を触らずにはいられず、そのときにオナニーを覚えました。
高3で初めて彼氏が出来て、エッチを経験しました。
彼氏とはエッチもよくしてたけどレイプされる想像をするとオナニーがしたくなり、よく家族に隠れてはしてました。

20歳で彼氏と別れてしまってから1年近く過ぎた去年の夏の出来事です。
あるサイトに欲求や願望を告白する掲示板があるのを知りました。
私は興味半分で、投稿してみたのでした。

『◯◯市に住む21歳です。仕事は歯科の受付をしています。身長は156センチ、体型は普通です。私は犯されたい願望があります。何人でもいいです』

まさか田舎に住んでる私宛にレスなんてないと思ってたのに、翌日サイトを見ると、近隣の他府県からも含め7件ものレスがあり驚きました。
全て、『願望を叶えます!』と書かれてました。

『仲間で輪姦するよ!』
『縛って肉便器ってのはどう?』

色々書かれてあって、想像しただけで熱くなるのがわかりました。
だけど本当にレイプされるとなると恐怖心が出てしまって、レスに返信するのを迷ってました。
でも、せっかくレスくれたのでお礼のレスを載せました。

『レスありがとうね。でも、少し不安で迷ってます』

すると翌日、また2件のレスがありました。

『普通は不安ですよね!とりあえずメールから始めませんか?』

そう書いてくれてたので、勇気を出してメールだけならと思ってメールしました。
仮名ですが、山田さんといい、32歳の会社員だと言ってました。
何日かメール交換してるうちに私は、(山田さんなら心配ないかな)と思い始めてました。
山田さんもレイプしたい願望があるらしいけど、家族もあるので犯罪はヤバいし、私みたいな人ならプレイだし安心だからと言ってました。

(そう、これはプレイなのだから・・・)

私も不安の気持ちが薄らいでました。
迷ったけど、やっぱり一度でいいからレイプされたくて、実行することに決めました。
当初、山田さんは『じゃあ打ち合わせをしよう』と言ったけど、打ち合わせすると私が予定を知ることになり、それだと気分的に盛り上がらないので、全て山田さんに任せました。

8月後半の土曜日の深夜、私の自宅からあまり遠くなく人気のない小さな公園のに呼び出されました。
その公園は川の堤防に作られていて、車道側は駐車場でその後ろは芝生が敷いてあり、途中には車道から目隠しになる私の背丈よりも高い植込みがありました。

私は山田さんからのメールで指示され、その木々の裏側にある小さなベンチに座りました。
時々車が通り過ぎますが、木々のせいで私が居るのは見えないし、目の前の少し先には川があり対岸までは距離もあるので、月の明かりだけなのでこちらは見えないと思います。
車も通らなくなると何一つ物音がしなくて不気味な感じでした。

(私・・・今からレイプされるんだ・・・知らない人なのに・・・恐いのに・・・でも・・・私どうなるのかなぁ・・・)

私の気持ちは、不安と恐怖と少しの期待みたいなのが入り混じってました。
山田さんからのメールが来ました。
まだベンチに座り5分ほどしか過ぎてないのに凄く長く感じました。

『もう来てるかな?』

私はすぐに返信したけれど、山田さんからメールは返ってきませんでした。
でもすぐに車の音が聞こてきて、公園の駐車場に入ってきたのです。
私は一気に緊張して足が震えてきました。
車は私の座るベンチの真裏ぐらいに駐車したようで、木々の隙間からライトの明かりが漏れて一瞬周りが明るくなり、ライトはすぐに消されエンジンも止まると車のドアの開け閉めの音がいくつも聞こえ、数人の男の人の話し声が・・・。

(エッ?何人いるの?山田さんだけではなかったの?)

確かに願望告白では『何人でも』とは書いたけど、山田さんとのメールでは複数とは聞いてなかったので驚きました。
もう心臓が破裂するほどの緊張感で死んじゃうのかもと思うほどでした。

すぐに人の気配が私の右側からしてきたけど私は見ることも出来なくて、ただスマホを意味もなく見ていました。
私に近づく気配は無言になって私の周りを囲むように立ち、1人だけ私の横に座ってきました。

「こんばんわ。山田です。麗奈ちゃん?」

下を向きスマホの画面を見て固まる私の顔を覗き込み、話しかけてきたのです。
私はチラッと山田さんを見ると目が合いましたが、すぐに視線を外して、「はい・・・」とだけ言うのが精一杯でした。

私と確認して安心したのでしょう、山田さんもそれ以外の人も一斉に私に触れてきました。
山田さんと誰かがミニスカートの中に手を入れてきて、まだ緊張で震えている足を2人で開いて大事な部分を触ろうとしてきました。
別の2人が胸を触ってきて、私は恐くて手で胸を隠そうとすると、「犯されたい女が邪魔するな」と怒鳴られました。
その一言で私は恐怖で抵抗出来なくてなりました。

すぐに4人に抱えられて芝生の上に座られられ、あっという間に下着だけにされて押し倒されました。
乱暴にパンティを脱がされ、山田さんが私を犯してきたのです。

(やっぱり怖い・・・助けて・・・)

そう思ってみたところで、もう手遅れでした。
濡れてもないのに一気に入れられ痛みが激しかったけど我慢するしかありませんでした。
他の人はブラを脱がして胸を揉んだりして、苦痛で歪む私の顔を見ては・・・。

「顔は嫌そうだけど乳首は立ってるぞ」

そう言って笑います。
自分から犯されたくて応募したのに、無理やり犯されると恥ずかしさと苦痛ばかりでした。
なのに時間が経つと、弱い乳首を触られてるからなのでしょうか?
私の身体は反応してきて、山田さんに動かれても痛くなくなり、それどころか気持ちよくなってきたのです。

「濡れてきてるぞ」

山田さんはそう言いながら激しく私に押し付けると、私の中に体液を出しました。
山田さんはしばらくは抜かずに、私の耳元で、『気持ちよかったよ』と言いました。
山田さんのが私の中で小さくなるのが分かりました。

次に中年ぐらいの男性が私を犯してきました。
途中からバックにさせられ、四つん這いで別の人に口も使われました。

(私・・・知らない人に犯されながら口までも・・・なのに感じて・・・恥ずかしいのに)

そんなことを思ってると2人目の男性も私の中に出しました。
3人目が入れようとしたときです。

「記念に撮ったげるわ!ロック解除して」

山田さんが私のスマホを持ってきて言うのです。
迷ったけど、指紋認証をしてしまいました。

カシャカシャ。

私は犯されてる姿を自分のスマホで撮影されました。

「LINEで友達に拡散してやろうか?」

山田さんと2人目の男性が言いました。
私は、「やめてください」とお願いしながらイカされました。

結局、4人の体液が私の中に注がれて終わりました。

全裸で私は芝生に寝かされたままにされ、4人は車で去って行きました。
誰も居なくなって、誰かに見られては困ると思って慌てて芝生の上に散乱してる下着や服を拾って着ていると、そこに山田さん達が戻ってきました。
私が着るが終わると再びベンチに座るように言われて、「少し話そう」と誘われました。
私は恥ずかしいので聞かれたことに答えるのが精一杯でした。
色々聞かれたけど、一番恥ずかしかったのは、犯された感想を聞かれたことでした。

「初めは辛かったけど感じました」

私は正直に答えました。
しばらく話してるうちに慣れてきて、だんだん普通に話せるようになりました。
山田さん達はみんな県外の人らしく、ラブホテルに誘われました。
話してる途中、私の中から彼らの体液が流れ出てきていることに気づいていました。
口にはしませんでしたが、流れ出るのを感じていやらしい気分になってしまった私は、彼らについて行ってしまいました。

部屋に入るとシャワーで身体を綺麗にしたあと、今度は明るい部屋で4人に朝まで何度も責められ、イカされ続け、また彼らの体液を身体で受けました。
この日は、犯されたい願望を叶えられただけでなく、今まではクリでしかイケなかったのに中でもイケる体にされました。

今では新しい彼氏も出来ましたが、私、もう普通のエッチでは物足りない女になってしまったんです。
彼氏に秘密にして、月に一度、山田さんに会いに行っては、見ず知らずの男性に輪姦されて悦んでいる淫らな女です。