リナは4年前とあまり変わっていなかった。
僕たちはホテルに行き、たくさんエッチなことをした。

リナと久しぶりに会ったが、彼女は4年前とほとんど変わっていなかった。
リナの顔を改めて見てみる。
やはりすごく可愛い。
こんな人と僕はエッチしたのだと考えると、自分がすごく贅沢な人間に思えた。
だが今回、僕とリナが会うことになったのは、リナからこんなメールが来たからだ。

『突然ごめんなさい。お久しぶりです!今度一緒に食事でもしませんか?あとホテルでエッチなことしませんか?返事を待ってます!リナ』

つまり、リナの方から僕とのエッチを希望してきたということだ。
僕とリナはファミレスで昼飯を食べたあと、ホテルに向かった。
ホテルに着いたら2人ともすぐに裸になった。
リナの体型も前と同じでセクシーだったので、思わず「リナちゃんの体エッチだね」と言ってしまった。
するとリナも、「僕さんも、すごくセクシーですよ!」と返してくれた。

リナとのエッチな時間が始まった。
僕はリナのマンコにゆっくりと指を入れた。

「あん・・・」

リナがエロくて可愛い声を出す。
僕は手マンを開始した。
初めはゆっくりと、そして徐々に早くしていった。
マンコはくちゃくちゃとエロい音を出す。
しばらくやっていると、リナは余程気持ち良かったようで勢いよく潮を吹いた。
リナが僕の肉棒を掴んで、「次は、あなたの番です!」と、言って手コキが始まった。

「初めてなので自信がないんですけどね・・・」

彼女がぎこちない手つきでしごいてくれる。
僕はすぐにイッてしまった。
大量の精液が出てくる。
するとリナはいきなり僕の肉棒を咥えて、お掃除してくれた。

お互いイッたところで、4年ぶりにリナのマンコに自分の肉棒を入れた。

「いやん・・・気持ちいい・・・」

リナはエロい声を出す。

「行きますよ!」

僕はそう言うと腰を振り始めた。
すごく気持ちいい!

「あん、あん、あん。イクイクー!あっ、イッ!」

リナは喘ぎまくる。
リナのエロい声で僕の射精感が高まる。
もう出てしまいそうだ。

「リナちゃん!ヤバい、イク!」

「中に出してもいいですよ!」

リナから中出しの許可を得た。
僕はそれを聞いた瞬間、ドバーッと大量の精液を彼女の中にぶちまけた。
我に返った僕は、急いでティッシュで彼女のマンコを拭いた。
結局、妊娠はしなかったので良かったけど・・・。

この日を境にリナと合う頻度が増えて、彼女との距離が縮まった。
そしてお互いにタメ口で話す仲になった。

ある日、またリナと合う約束をした。
僕は約束の場所で待っていた。
すると後ろから・・・。

「僕くん!こっちだよ~」

聞き慣れたリナの声が聞こえた。

「こんにちは!リナちゃん!」

僕があいさつするとリナがいきなり告白してきた。

「私、僕くんが世界一好き。結婚を前提に付き合ってください!」

もちろん僕は、「はい!よろしくね!」と答えた。

リナと付き合い始めてから数ヶ月後。
僕はリナに思いきって言ってみることにした。

「リナちゃん。僕はあなたを一生幸せにします。だから、僕と結婚して下さい」

「もちろんOKよ!私、あなたが大好きなんだから!よろしくね!」

あっさりOKをもらったが、まだ結婚できると決まったわけではない。
お互いの親に話さなければならない。
まずは自分の親に全てを話した。
するとうちの親は、すごくあっさりOKをくれた。
次はリナの両親だ。
と、思ったその時、リナが語り始めた。

「うちの親は、私のことをどうでもいいって言ってて、『結婚でもなんでも好きにしろ』と言ってるの。『誰が相手でもいい』って・・・」

そうだ・・・彼女は親から虐待を受けているのだ・・・。
それを思い出した。
僕はリナを強く抱き締めた。

「ずっと僕がしっかり守るからね!」

どんな言葉を彼女に言うべきか判らなかったが、とにかく彼女を幸せにしたい気持ちが強かった。
もう彼女に辛い思いをして欲しくないから。
こうして僕たちは結婚した。
辛い時も苦しい時も2人で力を合わせて乗り越えている。