あれは、僕が20歳ぐらいの時の話だった。
僕は当時、大学に通っていて、住んでるところは人が少ない田舎。
しかも一人暮らし。
僕は、いつものように大学から家に帰ろうとした。
しかし外は大雨、しかも寒い。
いつもより嫌な気持ちで帰る。

しかし家の近くの、人があまり通らない暗い通りを歩いていると、見慣れない制服姿のめっちゃ可愛いJKがいた。
こんな大雨だというのに彼女は傘を持っておらず、びしょ濡れになっていた。
そして彼女は震えていて、すごく弱っているように見えた。
心配になって声をかけた。

「大丈夫ですか?」

彼女は縦に小さく頷いた。
僕は自分の上着を彼女に被せた。

「こんな大雨のところにいると、風邪引いてしまいますよ」

僕が言うと、彼女は震えた声で言った。

「私は、もう帰るところがありません」

僕は驚いたが、とりあえず彼女の体を温めてあげないといけないと思い、家に誘った。

「何かあったんですか?もしよかったら僕の家で休んで下さい」

すると彼女は震えた手で僕の腕を掴んだので、そのまま家へ連れて行った。
家に着くと僕はすぐに彼女の体を拭いて温かいお茶を入れた。
彼女の震えは次第に収まり、普通に動けるようになったので、僕は自分の服を彼女に渡し、着替えさせた。
着替えが済んだところで改めて聞く。

「何かあったんですか?」

彼女は少し躊躇いながらも、すべてを話してくれた。
彼女は親から虐待を受けており、家から追い出されたという。
彼女は人生が嫌になって、今からどこかでひっそりと死のうと思っていたらしい。
その話を聞いて思わず彼女を抱き締めてしまった。

「もう大丈夫だ。今は僕があなたを守りますから」

そう言うと彼女も僕の胸に顔を押し当て泣き始めた。

その日は家に泊めた。
彼女はぐっすり寝ている。
彼女の体はスリムでモデルさんみたいで少し興奮した。
僕は興奮を抑えることができず、彼女のズボンを下ろしてパンツも下ろした。
すると毛が少し生えたマンコが顔を出した。
少し刺激してみる。
彼女はグッスリ眠っていて気づいてない。
僕の肉棒は大きくなり、僕はその場でオナってしまった。

翌朝。
僕は大学に行かず、彼女の服を買いに行くことにした。
朝飯はトーストと目玉焼き。
彼女は喜んで食べてくれた。
朝飯を食べたあと、彼女と一緒にショッピングモールに行った。
行く途中、僕は彼女に聞いた。

「名前はなんていうんですか?」

彼女は、すぐに答えてくれた。
『リナ』というらしい。
そのとき、リナの年齢が16歳であることもわかった。

ショッピングモールに着いた。
僕はリナに服を選ばせ、それを買った。
その後ゲーセンに行って、2人で楽しんだ。
そんなこんなで昼になったので、フードコートに行き、2人でラーメンを食べた。
その日の夜、リナから意外なことを言われた。

「私、昨日の夜、あなたにマンコを弄られて、すごく興奮しました。今日、セックスしませんか?」

僕は昨日、リナは寝ていると思っていたが、気づかれていたようだ。
リナの服を脱がして裸にした。
僕も裸になった。
僕の肉棒はビンビンだった。
もう我慢できない。
僕はリナのマンコに自分のを挿入した。
その瞬間、「あっ、あん」とリナがエロい声を出した。
すぐに僕は腰を振り、シコシコしまくった。

「あん、あん、イク、イクー」

リナの喘ぎ声でテンションが上がる。
しばらくしたら僕も気持ち良くて、ついにドバーッと大量のザーメンを出した。
(中出しはしていない)

リナはおしっこがしたくなったようだ。
僕はリナをトイレに連れて行き、おしっこをさせた。
おしっこが止まったら、僕はマンコを広げて匂いを嗅いだ。
そして舐めまくった。
すごく美味しかった。

次の日、リナはすごく元気になったので、車でリナの家の近くまで送ってやることにした。
しかしリナは車に乗ろうとしない。

「あなたとずっと一緒に過ごしたいです」

でも、向こうは未成年だ。
だから僕は言った。

「僕がずっとあなたといると、僕はあなたを誘拐したことになってしまう。僕は逮捕だ。だから申し訳ないけど、お家に帰ってもらえないでしょうか?連絡先を交換しましょう。今後、もし困ったことがあったら相談に乗りますから」

彼女はやっと車に乗った。

4年後、リナは20歳になり、一人暮らしを始めたようだ。
そして久しぶりに会うことになった。

<続く>