私には、大学時代から付き合いのあるサークルの先輩(女)がいます。
年は1つ上で、ものすごくスタイルも良く美人なのですが、性格は男勝りで、人見知りな私にもガンガン話しかけてくるような人でした。
その後はもはや先輩後輩という立場を超えて、親友という形で付き合っていました。
歌が上手かったこともあり、一緒にバンド組んだり、お互いの恋話で一晩中飲み明かしたり、私の学生時代は先輩を中心に回っていました。

こんなに長くいると、酔った勢いでエッチしちゃったみたいな事もありそうですが、私達にはあるルールがありました。

・エッチはダメ。
・キスはダメ。
・お互いに同意があれば、触り合いはあり。

傍から見れば、なんだそれは?って話ですが、このルールは提案された私も大賛成でした。
やっぱりキスとエッチは、それをしてしまうと今までの関係が崩れてしまいそうだったから。

このルールを守り続けて13年目の先週、いきなりの急展開。
私は今は北海道で、先輩は私たちの地元の青森で働いています。
お互い休みを合わせてとって、釧路へ旅行に行くことになりました。
いつもは大体飲んだくれグルメの旅なのですが、今回は少し違いました。

じつは3年前、彼女と当時付き合っていた彼氏が、ここ釧路で事故死してしまいました。
その彼氏は私の親友でもありました。
今回の旅行には、彼の三回忌という意味も込めていました。
事故現場に行き花束を添えた彼女は、「なかなか来れる場所じゃないから来れてよかった。少しスッとした」と言いました。
僕は、「そっか、よかった」と答えましたが、長い付き合いのせいか、彼女が無理にその言葉を言っていることがわかりました。

その夜、釧路で飲み歩いてホテルに戻り、結構飲んでしまったので今日は早く寝るかと言って2人で布団に入りました。
そこから触り合いに発展する場合、いつもなら私が先輩のおっぱいを揉むところからスタートするのですが、今日は朝から動きっぱなしで疲れているだろうと思って何もしないつもりでした。
すると珍しく先輩から、「ひかり、こっち来て」と両手を差し出してハグしてのサイン。
酔って寂しくなったのかなとハグ。

ところがそこで・・・。

「ひかり・・・ごめん・・・今日だけ・・・お願い。酷いこと・・・する・・・許さなくてもいいよ・・・」

そう耳元で囁かれました。

「え?どういう・・・」

そう言ったところで、先輩の唇が私の唇に・・・。

ちゅっ。

(んっ・・・!?)

それからしばらく私は頭が真っ白になってしまい、断片的にしか覚えていません。
所々覚えているのは、今までに体験したことのないほど“めっちゃくちゃ激しいキス”だったってことぐらい。
女性に顔を両手で押さえられて、息をするのが精一杯なくらいの激しいキス。

(ルールが破られた、なんで?)

一瞬考えようとしたけど、もう完全に甘美なキスの衝撃にやられ、逆にルールで縛っていたからこその背徳感が余計に体を敏感にし、その後は情けなくもされるがままでした。
触り合いは、これまでもずっとしていましたので、お互いの弱点を知り尽くしているため、耳と首筋を執拗に責められると私が抵抗できないのは先輩も知っていました。
先輩が上に乗って、秘部を合わせてきました。
いつもは素股でしたが、素股で終わらないことは分かっていました。

「キスしたら絶対エッチしちゃうよね!」

これが「キスはダメ」のルールの根源にありました。
人によって性欲の引き金は色々だと思いますが、私たちの共通点は、“キスしたら止まらなくなる”だったのです。
だから、もう今日は・・・。

「あっくぅ・・・」

先輩のあそこが私のモノをゆっくりと咥えていきます。

(やばい、めちゃくちゃ狭い。そして何より・・・)

「熱い!」

先輩の中はもう熱湯が迸っているかのように熱々でした。
思わず私が口走った「熱い」の一言が、先輩にとってトドメだったらしいです。

「ひかり・・・壊していい?」

「どういうこと?」と聞くまでもなく、先輩は一気に深く咥えこみ、腰を上げては下ろし、徐々にスピードが上がっていきました。

(やばい、締まりがキツい上に、この濡れ方とスピード、全然耐えられる気がしない)

私はどちらかと言えば遅漏でしたが、もう既にイキそうでした。
そして重大な事実に気がつきました。

(ゴムをしていない!)

「ちょ、ゴ、ゴムしてな・・・」

「お願い、精子ちょうだい!」

先輩の目論見通り、私はこの言葉で完全に壊れてしまいました。

「ちょうだい」と言われた瞬間、今までに体験したことがないような電気の波が襲ってきて、全身が痙攣しながら物凄い量の白濁液を先輩の中に注ぎ込んでしまいました。
先輩も、「あっこれ!やばい!奥っ、イクっ」と言いながら体をピクピクさせ、口から涎がダラダラ出ていました。
あまりの快感にぐったりして余韻に浸っていたいところでしたが、先輩がまた動き出しました。

「ちょ、先輩!まだイッたばっか・・・」

ここまで言って、また頭にバチバチっと電気が走りました。
腰をグラインドさせながら、先輩に耳を噛まれました。

(もうだめだ。壊れたい。壊されたい。この人になら何されてもいい!)

今まで先輩と触り合うときは、私が攻めで先輩が受けという構図が出来上がっていて、たまーに興味本位で向こうがいたずらしてくるくらいでしたが、この日はもう完全に立場が逆転していました。
私は先輩の中で果て続け、恐らくは5回目の最中に失神しました。
失神する直前、先輩は私の耳元でこう呟きました。

「ごめんね、ありがとう」

翌朝、起きたらベッドの上で土下座をしている先輩がいました。

「ご、ごめんなさい・・・」

半泣きでした。

「寂しかったんだよね?あいつ(死んだ元彼)のことを思い出して」

そう言うと、頷きながら大粒の涙・・・。
先輩は、「私は最低なことをした」と。

「寂しかったのは事実だけど、自分から提案したルールを破って、身勝手なことをしてしまった」と。

私は、「大丈夫だよ、わかってるから」と言いました。
先輩は再び号泣し、2人で再び布団に入り、夕方までゆっくり寝ることにしました。

「起きたら、またいつも通りね」と言って。

でも、ひとつだけ言わせてください。

好きです。
先輩、大好きです。
いつまでも見守っています。
だから、早くいい人を見つけてくださいね。