彼とのW不倫が始まって2年目の夏。
私は彼と、海の幸の美味しい町へ日帰り旅に出かけました。
彼はこの日、有給休暇をとり、私の我儘のために時間を作ってくれたのでした。

私は、彼との旅(セックス含む)が楽しみで、何日も前から色々なことを想像しながら準備をしたのです。
可愛いワンピースでも着て行こうかと思ったのですが、旅中にいつでもやらしいことができるような服を選びました。
肩から胸元が開いて、脇も広く開いた、ゆるい半袖のTシャツ。
透けないけれど、ノーブラになったら硬くなった乳首の形がわかる生地でした。
下はフレアーの短いスカート。
どんな状況でもどこからでも彼の手がの入る、ゆるい格好です。
下着は、スケスケのやらしい総レースブラとお揃いのスケスケパンティ、素足にサンダル。
パッと見た感じシンプルな格好ですが、やらしいことを考えて選んだ服でした。
そして持ち物は、子どものお昼寝用のタオルケットと、彼にもらった乳首クリップを用意しました。
服や持ち物を家族に見つからないように用意している時も、なぜかオマンコがウズウズしてくるのでした。
彼に興奮してもらえるかなと思いながら下着やシャツを試着して、乳首の透け具合をチェックしてみたりしました。

旅の当日、私と彼は住まいが離れているので、特急電車の止まる駅で待ち合わせ、2人で特急電車に乗り込みました。
夏休みでしたが平日ということもあり、指定席はガラガラ。
こんな展開をはじめから期待し、1番後ろの席を指定で取ってくれていました。
席に着いた途端、エロモード全開の2人。
朝から電車の中で濃厚なキス。
彼はゴムで伸びる胸元の私のシャツを引っ張り、やらしいスケスケのブラを見て、スカートを捲りオマンコを触ってくれました。
もちろん彼の肉棒はカチカチのマックス状態。

特急電車が発車して間もなく、彼の指示でブラとパンティーをその場で取ることになりました。
膝に小さなタオルケットをかけ、彼はそのタオルケットの中から私の熱くなったオマンコを触ってきました。

「濡れてるぞ!」

耳元で彼が低い声で言いました。
Mの私は、「ごめんなさい」と謝りましたが、彼の手は私のオマンコから離れてはくれませんでした。
前に座っていたおじさんに聞こえそうなくらい、オマンコはビシャビシャと音がしました。
そして人の少ない車両で、いつも彼に揉んでもらっているやらしい胸をさらけ出され、乳首はビンビンに立ち、持参したクリップで乳首を挟んでもらいました。
もう興奮が収まらなくなりました。

今度は彼の肉棒を触っていると、「しゃぶりたいのか?」と聞かれたので、「はい」と答え、いつ車掌さんが来てもおかしくない状況で、ドキドキしながら彼の肉棒をおしゃぶりするのでした。
私のオマンコはスカートにシミができるのではないかと心配なほど濡れてきました。
トンネルに電車が入ると、窓にはやらしい顔をしている私が映り、さらに興奮しました。
通路を挟み、空いている隣の席へと私を移動させ・・・。

「シャツを上げろ」
「膝を上げて足を広げろ」

彼は私に指示をしました。
私は彼に言われる通りの格好になり、彼は私をやらしい目で見ながらスマホで写真を撮ってくれたのです。
シャッター音が聞こえるたびに私の体は小刻みに反応していました。
もう彼の硬くて太い肉棒が欲しくてたまらなくなっていました。
目的地の駅に着いたらすぐにホテルに行き、セックスしたい気分でした。

2時間くらいの電車でしたが、こんなことをしている間に目的地に到着です。
とりあえず観光地へ・・・もちろん下着は着けないまま。
美味しいお魚を食べ、少しお酒も飲み、私は知らない土地で大胆になっていました。
そして、お城と公園のある所へ行きましたが、暑い日ということもあり、影のないだだっ広い公園には誰も人がいませんでした。
そこで彼は私のシャツを捲りあげ、公園でコリコリになった私の乳首を指で摘み、舌で転がしだしました。

「あーっん、ダメっ、恥ずかしいです」

そう言いながらも、(気持ちいい・・・もっと・・・ここで犯されたい)という気分になり、真昼間の公園で膝から崩れそうなくらい感じてしまいました。
彼は笑いながら、「やらしいなぁ」と、また私をからかうのでした。

散歩中も彼はずっと私のお尻や胸を触り、興奮している私をずっと焦らしながら肉棒を硬くしていました。
私も彼の肉棒をズボンの上らスリスリと触りながら歩きました。

「早く欲しぃ」
「我慢できなぃ」
「セックスしたいっ」

何度も彼の耳元で囁きました。
しかし彼は、「まだ」と笑顔で意地悪を言うのでした。

お互い我慢の限界の頃、街の真ん中にあるデイユースを取ってくれていたシティーホテルに行き、思いっきりセックスを楽しみました。
部屋に入ると、この日一番のディープなキスをしました。
舌を絡ませ、音を立てながら長いキスをし、体を舐め合いながら簡単に脱げる私の服を彼は脱がしました。
下着を着けてない私はすぐに裸に・・・。
彼はやらしい匂いがするだろう私のオマンコを広げ、息がかかるくらい顔を近づけ、見ているのです。
恥ずかしいはずなのに興奮して、(早く早く!)と心の中で叫びました。
意地悪な彼はそんな気持ちを知ってるくせに、すぐには何もしてこず、「自分で広げなさい」と言われ、自らオマンコを広げ、クリトリスの皮を捲りました。
彼のクンニのテクニックは本当にすごくて、舌が上下、左右、強弱、速く遅くとクリトリスを転がしたり、オマンコを舐めたり、私が自らクリトリスの皮を捲ると、オマンコを広げていた彼の手は私の乳首に伸びてきて、まるで3Pをしているかのような感覚に興奮して、私はすぐにイッてしまいました。

まだクリトリスがピクピクしているのを感じながら、私は彼の肉棒を咥えました。
彼の大きくて太い肉棒に対して私の小さい口は彼を満足させられてるか自信はありませんが、一生懸命おしゃぶりする私を見て彼も興奮してくれていると感じました。
彼に頭を押さえられ、肉棒が喉の奥まで突いてくると、私の口の中は唾液でいっぱいになり、涎を垂らしながら彼の肉棒をピチャピチャと音を立てながらおしゃぶりしました。
彼の乳首も舌で優しく転がしてあげると喜んでくれるので、やらしい顔をして彼の顔を見ながら乳首も舐めてあげました。
またキスをし、耳を舐め、乳首を転がし、玉や肉棒の裏もたくさん舐め回しました。

私は我慢できなくなって、「ください」とおねだりしました。
でも彼は、「どこに?何を?」などと焦らしてくるのです。

「私のオマンコに大きな肉棒を入れてください」

おねだりすると、「もっと足を開け!」と言われ、膝を開くと一気に彼の太い肉棒がオマンコを突き刺しました。

普段のセックスとは違い、朝からずっと外で前戯をしていたようなものです。
シティーホテルなのに、「あーーーん!気持ちいいです」と大きな声が出てしまいました。
肉棒で突き刺された瞬間、オマンコから熱い愛液が溢れ出るのがわかりました。
汗をかいた身体に少し肌寒いエアコンの風、オマンコには熱くて硬い肉棒、クリトリスと乳首には柔らかく温かい彼の舌。
とても幸せを感じました。
何時間もお触りだけでお預けにされ、1人でトイレに駆け込んでオナニーをしたいくらい我慢した後のセックスは本当に最高でした。
ヌレヌレのオマンコを奥まで突かれ、乳首を摘まれ、オマンコがキュンキュンとなりました。
彼に背を向けて彼の肉棒に跨がり、ゆっくり肉棒に腰を沈めると、彼からの肉棒がオマンコに出入りするのが丸見えになります。

「やらしいオマンコを見てください」

そうお願いしながら音を立てて腰を振りました。
恥ずかしいけど、彼にやらしい女だと思われることで、さらに興奮できるのでした。
彼の名前を何度も呼びながら、彼の上で私は大量の潮を吹いてしまいました。

私が、乳首、クリトリス、手マン、肉棒で何回かイッた後、大満足した後も彼の腰は強弱をつけながら、オマンコを突いてきました。
私はヘロヘロになりながら、「一緒に来て!」と彼にお願いをしました。
それでも彼はすぐにはイカず、いつも以上に腰を振り、そして私の頭が真っ白になった頃、たくさんの精子を私にかけてくれました。
これだけ大満足のセックスをしたはずなのに、帰りの特急電車でまた私のオマンコは濡れてくるし、彼の肉棒は硬くなるのでした。

私は、この日のことを思い出しながら何度も何度もオナニーをしています。
特急電車でのスリルと興奮。
広い公園での露出、そしてホテルでの待ちに待った挿入。
どの快感も忘れることはできません。
また彼とエッチな旅行に出かけたいです。