今年の夏、いい思いをしました。
息子の歩(4歳)とプールに行った日のことです。
妻が巨乳のせいか、歩は巨乳に触ると安心するようです。
僕似かも(笑)

その日は客があまりいなかったので貸し切り状態で、見張り係りの人もいないくらいでした。
歩は浮き輪で泳いで楽しんでいたので、少し休みながらLINEを返しつつ、ふとプールを見ると歩の姿が見えません。

(ヤバいっ!)

慌ててプールに入り歩を探すと、キャッキャと子供が笑う声が。
歩でした。
2人組の女子が遊んでくれてました。
僕はホッとして、「すみません、お相手してくれてありがとうございます」と話しかけました。
聞くと2人は姉妹でどちらも女子大生、子供好きとのことでした。

「良かったらご一緒にどうですか?歩も懐いてますし」と言うと、「いいんですか?なんか嬉しいねー。歩くんは可愛いし、パパも格好いいから楽しそう」と、おのののか似で童顔巨乳の姉の美波が歩と遊び始めた。

妹の美麗はスレンダーな峰岸みなみ似で、大人しい感じ。
プールの縁にもたれて、ニコニコしながら遊ぶ2人を見ていた。
僕は美麗の隣に近づき話をする。

「歩は人見知りするんだけど、あんなの初めて見るなー」

「姉が子供好きだからかな。『早く結婚して子供がいっぱい欲しい』んだって」

「そっか。そういう人は子供も安心するのかな」

「そうかも」

しばらく会話をする間に密着し、足を絡ませ、そっと腰に手を回した。
美麗は『えっ?』って顔で僕を見たが、かまわず背中と尻を触り、アナルをツンツンすると腰をよじらせて感じ始めた。
僕は続けて指を前に移動し、ビキニの中に手を入れた。
美麗は慌てて手で抵抗するが、強引におまんこに指を入れて、ゆっくりと出し入れを繰り返した。
同時に美麗の手を僕の海パンの中に導き、フル勃起した熱いちんこを握らせた。

美麗は、「えっ!?硬い。これって」と恥ずかしそうに僕の顔を見て俯いた。

僕は美麗のおまんこに指を2本入れると、Gスポットを丁寧になぞりながら、ちんこを握らせた美麗の手に自分の手を重ねて激しくしごいた。
美麗はあまりの快感に後ろを向いて小声で喘ぎ出した。
僕は美麗の手の感触とエロい表情に限界が来て、すぐに果てた。

美麗は温かい精子が手にかかっても、ちんこを握った手を離さなかった。
気を良くして美麗の尻を触って楽しんでいると、美波と歩が戻ってきた。
美麗が、「あ、ちょっとトイレ行ってくるね」と僕から離れる。
僕はプールサイドのベンチに腰掛けて、歩の体をタオルで拭きながらジュースやおにぎりを食べさせて、話をしていた。

「歩くん、可愛いですね」

「いやいや、わんぱくで困りますよ。ご迷惑かけませんでしたか?」

「うーん、あったかも(笑)」

「なんです?」

「胸を揉まれました。それも割と長めに(笑)」

「すみません。いつも妻にしてるんで、美波ちゃんの胸を見て同じことをやってしまったんだと思います」

「奥様も胸が大きいんですか?」

「美波ちゃんほどじゃないけどね。そうだ、このあと一緒にご飯どうですか?もう少ししたら、この子も疲れて寝ちゃうと思うんで。そしたらお詫びに何か奢りますよ」

そこに美麗が戻ってきた。
友達から電話があり、帰ると言う。
僕を避けるような態度だったので、すぐに嘘なのはわかった。
それでも2人を駅まで送ると言い、遊び疲れてウトウトしてる歩をチャイルドシートに乗せ、姉妹を駅まで送った。
近くのコンビニに着くと、すでに歩は爆睡中。
海パンを脱がせて、Tシャツと短パンに着替えさせて再びチャイルドシートに。
コンビニで飲み物を買って車に戻ったとき、助手席にプリクラを見つけた。
あの姉妹のプリクラだ。
裏には携帯番号とLINEのIDが手書きされていた。

僕はすぐに車を出し、歩を家まで送る。
その途中で美波に電話をして、1時間後に駅前のターミナル前で待ち合わせをした。
歩を家に置くと、我が家で女子会中の妻には男子会だと言って、さっきの駅まで引き返した。
途中の薬局で精力剤を3本飲んだ(笑)

バスターミナルに着きLINEをすると、美波と美麗が乗ってきた。
美麗もいたのは意外だったが、美波から「2人だけど大丈夫?」と聞かれて、「もちろん」と答え、3人で焼肉を食べてカラオケを楽しんだ。

そのあと車に乗ると、美波が、「とりあえず左に曲がってまっすぐ行って」と言った。

「了解。どこか行きたいとこあるの?」と聞くと、「そこは3人でも大丈夫なんだって」と。

チラっと後部座席の美麗を見ると、照れた顔で外を見ていた。
僕は車をラブホまで急がせ、部屋に入ると3人でベッドに寝転がり、裸になった。

「すごい。こんなガチガチなの久しぶりに見た」

美波はフェラをしてくれた。
ちゅぱちゅぱ、じゅるじゅると音を立ててしゃぶりつつ、自分でクリと胸を揉みながら楽しんでる。
僕は美麗とキスをしながら手マンをした。
美麗はすでにべちゃべちゃで、声を出さないように我慢していたが、5分もしないうちにイッた。

「美麗ちゃんって敏感なんだね」

「いやん、言わないで。歩パパが上手だから」

可愛い顔で言われて急に射精感が来て、美波が亀頭を舌先でペロペロしてる時にイッた。
当然、顔射状態。
髪の毛に大量の精子を浴びた美波は、笑いながらお風呂に直行した。

美麗と再び激しくキスをすると僕のちんこはすぐ復活した。

「うわっ、もう元気だね。今度は美麗に入れて」

美麗にそう言われて、遠慮なく即挿入。
細い腰を懸命にグラインドさせて、小ぶりの胸を上下に揺らす姿がめちゃくちゃエロい。
僕は両手で腰を持ち、力いっぱいまんこを突き続けた。
パン、パン、パンと部屋中に音が響く。
しかしそれ以上に、美麗の可愛い喘ぎ声が響いていた。
だんだん美麗のまんこの締まりが良くなってきた。

「そこ、そこ、そこだめ!だめ!イクっ、イクっ、イッちゃうから!そこいいのぉっ!」

身体に力がこもり、抱きついてくる。
僕もまた射精感が込み上げてきて、「俺もイキそうだよ。出すよ」と言うと、美麗は涙目になりながらヨダレを垂らして頷く。
快感と共に激しく腰を振り、精子がドクドクと出尽くしたのを確認してから動きを止めた。
キスで気持ちを落ち着けてからヌポンと抜くと、丸い穴を空けたまんこから、まん汁に混ざった白い精子がトロっと出てきた。
美麗はその様子を見て、照れながらポカリを飲んた後、疲れて寝てしまった。

僕が風呂に入ると、アダルトチャンネルを観ながらバイブオナニーしている美波がいた。
バスタブに入って美波を見ていると、またギンギン状態に。
美波は僕と向き合う形でバスタブに入ってきて、そのまま挿入して抱き合った。

「気持ちいいっ。バイブより生のおちんちんがいいね」

キスをしながら腰を振る美波。
僕は揺れる巨乳にしゃぶりつきながら、尻をつねったり叩いたりした。
美波は、「ああっ!もっと強くつねって!強く叩いて!痛いのが好きなの~」とダラダラとヨダレを流しながらキスをしてきた。

「変態だな、美波ちゃんは。ほんとはここにも欲しいんじゃないか?」

そう言って指の第一間節までアナルに突っ込むと美波は、「あっ!あぁっ!」と白目を剥いて仰け反った。
まあ、そっちは僕の趣味じゃないので、それ以上はしなかったけど。

お姫様だっこで美波をソファーまで運び、アナルとクリを指先で円を描くようになぞりながらクンニをすると、勢いよくシャーっと潮が吹き出してきた。
かまわず責め続けると、いきなりオシッコを大量に漏らした。
フローリングの床は潮びたし。
合皮のソファーにはオシッコ溜まりが出来ていた。

今度はベッドに移動して正常位で突き続ける。
お互いの下半身は潮とオシッコとまん汁で濡れて、鈍い音になりながらも激しく響く。
美波は巨乳を揺らしながらメス犬のように、「おんっ、んっ、おん、あぉん、あんっ、はんっ」と喘いでいた。
次第にヒクヒクと締まりが良くなり、一気に腰を突き上げるとまんこがジュルジュルと音を出して熱くなった。
かまわず突き続け、僕にも限界が来たのでそのまま中に出した。
しばらく休んだ後、風呂に入って着替えた。
姉妹は疲れ果てて寝ていたので、僕は1人でラブホを後にした。

翌日、美波からLINEで『昨日はお疲れ様でした。またお願いします』と来ていた。
今後、どうなっていくのか楽しみで仕方がない。