高3の頃、2つ下の1年の女の子(歩美)と付き合っていた。
その子はネット通話のスカイプが好きで、よく一緒に喋って遊んだりした。

ある時、会話に1人追加していいかと聞かれ、オッケーした。
同じ16の女の子(千尋)だった。
ちょっと天然で面白く、話がコロコロ変わる子だったのを覚えてる。

その後も何度か一緒に通話するようになり、やがて彼女を混じえて3人で会うことに。
胸は小さいがスタイルも良くて可愛い子だった。
オレと千尋は仲良くなり、メアドを交換して何度かやりとりした。
結論から言うと、高校生活のうちには、これから話すエロいことは起きていない。
2年後、オレが20歳、千尋が18歳の時に事は起きた。

千尋の家庭は親子仲が悪く、高校卒業と同時に1人暮らしを始めていた。
千尋から引っ越したと連絡が入り、遊びに行くことに。
インターホンを鳴らすと笑顔の千尋が。
しばらく会っていなかったこともあり、歩美という彼女がいながら、不覚にも抱きついてしまった。
千尋も遠距離恋愛をしてて何ヶ月も彼氏と会ってないらしく、オレの背中に腕をまわしてきた。

奥の部屋へ行くなり、千尋とイチャイチャが始まった。
千尋も、「歩美に悪いよ~」と言いながらオレの上半身を触る。
高校の頃に歩美から、「千尋は結構エロい」と聞いていた。
興奮してきたのか、千尋はオレにキスをした。
もちろんオレも興奮して千尋にキスをした。
やがて激しくなり、ついに舌を絡め合った。
千尋を気持ちよくさせてあげたいという気持ちが高まり、オレはリードしていく。

「上脱いで」

千尋がゆっくりと脱ぐと、セクシーな黒のブラが露わになった。
オレはホックを外して胸を露出させ、いきなり乳首を舐め回した。
千尋は、「あっ・・・き、気持ちいい」と息を荒らしながら言った。
しばらく舐め続け、ふと千尋の下半身を見ると、スカートに手を入れてパンツの上からオナニーしていた。
女性経験が少ないオレからすると、とても興奮出来る光景だった。

オレ「千尋、何してるの?」

千尋「・・・何もしてない・・・」

オレ「どこ触ってるの?言いなさい」

千尋「クリトリスです・・・」

もう最高だった。
勢いに任せ、千尋を全裸にしてやった。
恥ずかしそうにしながらもオナニーはやめない。
もっと恥ずかしいことをしてやろうと思い一気に足を広げると、キレイなピンクのマンコが愛液でぐちょぐちょになっていた。

オレ「自分で足を広げてごらん」

千尋「・・・はい」

オレ「千尋のマンコすごいキレイ。美味しそうだから舐めてあげるよ」

千尋「や、やめて・・・」

オレは無視してマンコに舌を這わせた。
すると、ホントに無味無臭で、オレはもうベロンベロン舐めた。
ジュルジュル音を立てながら無我夢中で舐め回した。

千尋は大きな声で、「あ!ダメー!あん!」と喘いでいた。

オレは初めてマンコの中に舌を入れた。
やはり無味無臭で美味しい。
愛液を舌ですくい、マン汁を飲み込んだ。

オレの肉棒は言うまでもなくガチガチになり、我慢汁が溢れていた。
一度千尋から離れ、目の前でオレは全裸になった。
千尋はオレのチンコをガン見。

オレ「千尋・・・オレのも味わって」

千尋がオレの肉棒を咥えた。
オレと同じようにジュボジュボと音を立てながら舐め回していた。
今までに味わったことのない気持ち良さで、なおかつ成人したオレが未成年の女の子とこんなことをしていることに興奮は最高潮だった。
我慢汁は千尋の口の中にダダ漏れ。
イキそうになったことを伝えると、千尋は「口に出して」と言った。

オレ「やばい!イッちゃう!イク!」

千尋「いいよ、いっぱい出して!」

オレは千尋の口の中に大量の精子をぶっ放した。
千尋はそれを口の中で弄び、自分の左手に出すと、右手でヌルヌル触ってオレに見せつけ・・・。

「いっぱい出たね・・・美味しい」

そう言うと、半分を口に戻してごっくんし、もう半分は自らのマンコに塗りたくり、自分の愛液とオレの精子、オレと千尋の唾液でヌルヌルになったマンコに指を入れて、見せつけオナニーをした。
それを見て、萎みかけていたオレのチンコは再びフル勃起。
千尋からそのいやらしい汁を分けてもらい、肉棒に塗る。
オレも自分でしごき、相互オナニー鑑賞になった。
最後、オレは千尋の顔の前で激しく肉棒をしごいて顔射した。
そのまま2人でベッドに倒れ込み、朝を迎えた。