半年ほど前にあったお話です。
金曜の仕事終わりに男の先輩と飲みに行きました。
どこにでもある居酒屋ですが、その日は仕事の疲れもあってか、先輩の酔いが早く回って少々面倒くさい感じになってました。
酔いの勢いで「キャバクラ行くぞ」と言われ、半ば強引に連れて行かれました。

いかにもキャバ嬢って感じの女の子2人が相手をしてくれました。
僕はキャバクラが初めてだったので緊張もあり、先輩のバカ話や下ネタを適当に笑うくらいでした。
女の子たちはプロなだけあって、嫌な顔ひとつせずに先輩を盛り上げていました。

そろそろお店も閉まる頃だったので帰ろうとすると、先輩はフラフラだったので、タクシーを呼んでもらって先に帰しました。
その後、本当は先輩が奢ってくれるはずだったキャバクラ代を僕が払い、帰路に就きました。
しかし途中で、お店にカバンを忘れたことに気付きました。
お店に電話すると、先程相手をしてくれた女の子の1人のリサさん(仮名)が対応してくれて、お店で待っててくれるとのことでした。
急いでお店に行くと、リサさんがお酒を飲みながら待っててくれました。
接客してくれた時と同じ、グリーンのドレスでした。

「すみません、閉店した後なのに・・・」

「大丈夫だよ~。それより先輩のお世話なんて大変だね、社会人は(笑)」

「あぁ・・・でも普段はいい先輩で、あんなに酔っ払うことないんですけどね。それよりリサさんおひとりなんですか?」

「うん、今日は私が掃除当番だから、みんな帰っちゃった・・・それより1杯飲まない?」

すっかり待たせてしまった罪悪感もあって、少しだけ付き合うことにしました。
色々話をすると、リサさんは半年前に入店したばかりで、僕より一つ上でした。
彼氏はいなくて、セックスもご無沙汰のようです。
打ち解けてきた頃、僕はリサさんの白い肌に誘われるように谷間をチラチラ見るようになっていました。

「ねぇ、さっきから見過ぎだから(笑)」

「あっ・・・いや、つい・・・」

「揉みたいの~?ほらほら(笑)」

僕の手を強引におっぱいに押し当てて揉ませます。

「ちょっ、えっ?・・・ダメですよ」

「ダメって何が?」

「ここお店だし、僕だって男なんで止まらなくなっちゃいますよ」

「いいよ、止まらなくて・・・来て」

リサさんはお店のカギを閉めると、僕に抱きつきながら舌を絡めてディープキスをしてきました。
さらにリサさんは甘い吐息を出しながら、ズボンの上からチンコをさわさわしてきました。
僕もそれに応えてるようにおっぱいを揉みしだき、徐々にドレスを脱がせました。
黒のセクシーなブラが露わになりました。
キャバ嬢、ドレス、セクシーなブラ・・・興奮は最高潮でした。
ブラを剥ぐと最高の美乳がこぼれ落ちてきました。

「あぁ、綺麗・・・」

「ホント?嬉しい」

僕は美乳にかぶりつくように舐めました。

「あんっ・・・いっぱい舐めて」

僕はリサさんをソファに押し倒すように座らせ、おっぱいを舐めつつ、黒のTバックの上からオマンコを弄りました。
すでに愛液が溢れていました。

「んんっ、あぁん、気持ちいい・・・」

「リサさん、もう濡れてますよ」

「だってぇ、パンティの上から触るんだもん・・・ねぇ指で激しくして」

僕は言われるがままにTバックをずらして、思いっきり手マンをしました。

「っん!ああぁっ!ダメっ・・・出ちゃう!」

そう言って豪快に潮を撒き散らしました。

「はぁはぁ・・・いっぱい出ちゃったぁ(笑)」

「リサさん、すごいよ」

「もっと気持ち良くしてぇ、ほらぁ」

リサさんは僕の頭をオマンコに押し付け、強引にクンニさせました。

「んんっ!あぁ!こっちも・・・あっイク!」

体をビクビクさせながらイッてしまいました。

「はぁはぁ・・・◯◯さんも気持ちくさせてあげる」

「洗ってないのにいいんですか?」

「この臭いがいいの・・・ほら、もう我慢汁が出てるじゃん」

そう言いながらチンコをジュポジュポしゃぶってくれました。

「あぁ・・・今までで一番気持ちいい」

「うふふ、嬉しい」

僕は調子乗ってリサさんの頭を押さえてイラマチオをさせました。

「んぐんぐ!・・・んぱぁ!気持ちいい?」

「はい・・・あの、挿れていいですか?」

「え~どうしよっかなぁ(笑)」

「そんな・・・意地悪言わないでください」

「冗談だよ、おチンチン挿れて」

ソファに寝かせ、正常位で生挿入しました。

「んあっ!ゆっくりね、ゆっくり・・・あぁ!あぁんっ!」

徐々に激しくしていくと喘ぎ声も一段とエロくなっていきました。
その後、僕がソファに座って背面騎乗位に変えました。

「あぁっ!ヤバい!・・・ごめん!出ちゃう!・・・あっ!ダメ!イッ・・・ク!」

噴水のような潮吹きがすごかったです。
その後もバック、立ちバックでも潮を吹きまくるので、そこら中に水溜りが出来てしまいました。
そろそろ僕も限界が来たので、フィニッシュしようと2人でテーブルに上がり正常位になりました。

「リサさん、イキそうです・・・」

「んん!はぁん!・・・いいよ!来て!」

「あぁイク!・・・あぁ!」

僕は勢いよくリサさんのおっぱいにぶっかけてフィニッシュしました。
勢いが良すぎて、顔にも少しかかっちゃいましたが、特に怒る様子もなくグッタリしていました。

「はぁはぁ、いっぱい出たね」

「めちゃくちゃ気持ちよかったですもん」

「私も~、久々にイッちゃった(笑)」

その後、リサさんのお家にお泊りすることになりました。
もちろん2回戦・・・のつもりが、なんと3回戦までしちゃいました。

「またしたいね」と、連絡先まで教えてくれて、それからは月に数回会っては一日中ヤリまくってます。

お互いの家はもちろん、近所の公園、カラオケ、ホテルなど色んなところでしました。
今も関係は続いてます。