私は性欲が強く、毎日でもエッチしたいのですが、週末だけしか出来ていないのが現実・・・。
その代わり、同棲中の彼のエッチは、毎回とっても激しいです。

デートから戻り、歩き疲れてベッドに倒れ込んだ私。
すると彼が襲いかかってきました。


「汗かいてるから・・・シャワー浴びたい」と言う私に、彼は「汗かいててもいいよ。それも興奮する・・・もう我慢できない」と。

どうやら今日は意地悪モードのようで、「自分で脱いで見せて」と言い、脱ごうとすると全身を撫で回して邪魔をしてくるのです。
やっとのことで脱ぐと、今度は乳首には触れず、乳輪の周りをさわさわ・・・。

「ねぇ・・・お願い、乳首もいじめて・・・」

彼の指を舐めながらおねだりすると、今度は激しく吸ったり噛み付いていじめてくれました。
そのまま手は下に伸び、私の唾液で濡れた彼の指がクリトリスを捕らえました。
クリトリスをいじめながら、おマンコにも指が入ります。

「もうすっごい濡れてる・・・ぐちゃぐちゃ音するの聞こえる?興奮してるの?やらしいな」

呆れたように言うのです。
見下すような彼の視線に私の身体は熱くなりました。

「言わないで・・・でも気持ちいいのっ・・・あんっ、恥ずかしい・・・見ないで」

そう言って恥ずかしがる私の脚を大きく広げ、何度も指でイカせてくれました。
何度目かの潮吹きのあと、「もう入れていい?」と彼は聞きました。

「ん、ちょうだい・・・早く欲しい・・・」

私が言うと、彼は挿入してきました。

「早く欲しかったんでしょ?ゴムしてないよ?いいの?」

「あっ!だめだめ!ゴムしてぇ・・・」

「でもゴムがない方が気持ちいいんでしょ?ほら、いつもよりぐちゃぐちゃだし締め付けてるよ」

「だめぇ・・・」

「ダメなの?じゃあ、やめる?ん?」

「あっあっだめ・・・いやぁ・・・」

「じゃあ、やめるよ。抜くよ?いいの?ほら、いいの?気持ちいいんじゃない?」

そう言うと彼はギリギリまで抜いては挿し、激しく攻め立てます。

「あんっ!だめ!だめぇ・・・やめちゃやだぁ・・・もっとぉ!」

「続ける?このまましていいの?ゴムしてないよ?いいの?」

「いいっ、ああんっ!もっとぉ・・・ゴムなくていいのぉ・・・ナマ気持ちいいぃ」

ガツガツ攻めたてられ、彼は何度も体位を変えて私を追い込んできます。

「ねぇ、後ろからしてぇ・・・」

彼が意地悪モードのとき、私はバックからされるのが好きです。
意地悪な彼にめちゃくちゃに犯されてる気がしてたまりません。

「後ろからしてやるよ。こっちにお尻出して」

お尻をペチペチ叩かれながらバックで挿入してもらいました。

「あぁぁ!奥まで当たる・・・!奥、気持ちいいぃぃ!」

「気持ちいいの?」

「ん、いい・・・はぁんっ・・・イク!イッちゃうぅ・・・!」

イキそうになった瞬間、彼は動きを止め、寸止めしては攻め立ててを繰り返します。

「あっあんっ!イッちゃう!やぁ・・・イク!」

「イッたの?ねぇ、イッたよね今。気持ちよかったの?」

「あぁぁ!今イッた!イッたからだめぇ・・・激しいのだめぇ・・・!」

「ふーん?じゃあそのままもう1回、イッちゃおうか?」

「あっ!だめだめぇ!はぁぁん・・・!イッちゃ・・・ぁ、イクイク!イッちゃうぅ・・・!」

ガクンと腕の力が抜けて身体を支えられなくなると、そのまま寝バックで攻め続けます。

「すっごいここ、ぐちゃぐちゃ・・・ヌルヌルで気持ちいい」

そう言って私をもう一度イカせると、「俺もイキそう・・・いい?」と正常位にしてきます。

「くっ・・・あぁ・・・イキそう。どこに出して欲しい?ねぇ、中?中出していい?」

「あぁんっ!ん!だめぇ・・・中ダメぇ!」

「じゃあどこ?顔にかけていい?口に出すよ?」

「あっ!だめ・・・」

「口に出すのダメなの?じゃあこのヌルヌルの中に出すか。あーもうイク、めっちゃ締まってるからイキそう。出すよ?中に出すよ!」

「んっんぅ・・・だめぇ!中だめぇ!お口にちょうだい・・・!お口いっぱいに出して・・・!」

「顔にかけるよ!口に出すからな!うっ!イク!」

ドピュッドピュッ!

私の顔は彼の精液だらけになりました。
そんな顔を見て彼は満足そうに可愛いと言ってくれます。
普段はとっても優しい彼の意地悪モードがたまりません。
思い出してオマンコが疼いてます。
また彼に犯されたくなりました。