出会い系サイトで網を張っていたら、学生結婚5年目の27歳の人妻が、『自分の性欲は普通じゃないんじゃないか』と悩んでいるのを発見。
既婚の割には初心な感じなので、これはヤレそう。
警戒されないように、話の分かる経験豊富なお兄さんキャラを前面に出して、彼女の悩みに答えてあげるうちに意気投合。

『遊び気分で性欲を解放してみない?』

まずはエッチな写メを交換して、テレフォンセックスすることを提案。
写メには顔を写さない条件でとりあえずOK。

『M字開脚して、バナナやブラシの柄を挿入してオナってるところが見たいな』

そう頼むと、1時間後に生々しい画像が添付され、電話番号が書かれたメールが。
すかさずフル勃起したペニスを撮影して返し、番号にコール。

「すごくいやらしいオマンコだね。見たら興奮しちゃってチンポがギンギンだよ。入れていいよね?」

「うん、見ました。旦那のより硬くて大きそう、入れてー」

お互いに妄想しながらバーチャルエッチ。

「1人でオナニーしてるより凄く感じました」

どうやら大成功。
以来、旦那のいない夜にはテレフォンセックスするのが日課に。

そして2週間後、そろそろ次の段階に進めてみようとテレフォンセックスの最中に、「逢いたい、逢って抱きたい」と甘く強く押すと、「私、スタイル悪いから、逢ったら嫌われちゃうかも」と弱気だが拒否はしない様子。
よし、もう一押しだ。

「そんなことないよ。顔立ちだってエキゾチックで僕の好みだよ」

「じゃあ、何時間もは居られないけど、それで良かったら来週の早番の日に」

彼女、デパートの女性服売り場で販売員をしてるので、早番の日に、旦那に遅番だと嘘つけば3時間くらいは一緒に居られるらしい。

約束の日、彼女の仕事先に近いカフェで待ち合わせた。
緊張気味の彼女を他愛ない会話でリラックスさせ、ホテル街へ。
1分でも長く一緒に居られるよう、駅に近いホテルに入る。
小柄だが肉付きのよい彼女をベッドに仰向けに寝かせ、キスの雨でうっとりさせ、秘肉がとろけるほどたっぷりクンニ。
クンニは初めてらしく、最初は私の頭を股間から除けようとしていたが、わざと音を立てて・・・。

「ほら、オマンコからこんなにエッチな音がしてる」
「別の生き物みたいにオマンコがひくひくしてるよ」

などと言葉で責めてやると、腰を突き出すように身体全体で反応し始めた。

「旦那がいるくせに初対面の男にオマンコを吸われてよがってるお前はホントに淫らな女だな。淫らな妄想が詰まった汚れたオマンコはペニスでお仕置きしないといけないな。お前もお仕置きされたいだろ?」

「は、はい、汚れたオマンコをペニスでお仕置きしてください。たくさんしてください」

そんなやりとりをして日常のシチュエーションを越えさせてやることで、女は自分に言い訳ができる。

「だってあの時は、自分が自分じゃなかったのよ」と。

枕元にスキンがあるのは確かめていたが、この人妻ならヴァギナの奥に生で射精しても気づかないだろう。
私の精液は粘りが強い割に量は少ない。
半分意識がぶっ飛んでるから絶対バレない。

そう思った私は、生で挿入して、『の』の字を書くように回しながらゆっくり、時に速く激しくピストンした。
既婚だが旦那が淡白なせいで回数が少ないのか、彼女のヴァギナはキツく小さく、深く突くと子宮に当たる手応えがあった。
すぐに彼女はまるで檻に入れられた獣が逃れようとするかのように、全身を波打たせるように激しく反応して、「ア、ハン、ハン、アーー、ウグーーー、ウォー、アーー、ハンハン」と言葉が出せない状態が続き、そのまま果てた。
私も中でイッた。
コンドームを外すフリをして、ティッシュで包んで捨てる。
彼女はまったく疑っていない。

気づくと遅番の仕事が退ける時間が近づいていた。
私たちは急いでシャワーで汗や唾液や愛液を流してホテルを後にし、駅に向かった。
コインロッカーの陰で軽くキスをして人妻と別れた。
彼女のヴァギナの奥に刻み付けられた私の精液をそのままにして、彼女は家路に就いた。

それから7ヶ月の間、2週間隔で彼女が早番の日にホテルで逢っては精液を飲ませ、小便を浴びせ、尻を叩き、縄で縛り、ノーパンのまま帰宅させるなど、私好みのドMのメス犬に改造してやった。