50歳過ぎたおばさんです。
先日、末の娘の幼馴染みの男の子、みーくんが私に会いに来ました。
泣きそうな顔していたので学校でいじめられたのかと思ったら、どうやら精通したらしく、どう対応したらいいのか分からなくて私を頼ってきたみたいです。

とりあえず家に上げ、ズボンとパンツを脱がすと、精液まみれになりながらも臍まで反り返る勃起した逞しいおちんちんがありました。
長さは16センチくらい、全部すでに剥けており、カリが立派でした。
とても11歳の男の子のものとは思えません。
私は呆気にとられながらも、パンツとズボンを洗濯機に入れ、洗いました。

それから私は服を脱ぎ、みーくんも全裸にしてお風呂に入りました。
私はみーくんの逞しいおちんちんを綺麗に洗ってし、精通の説明とオナニーのやり方を教えました。
みーくんは自分の手で逞しいおちんちんをしごきますが、ぎこちなかったので私が代わりにしごいてあげました。

「あ、あ、あ気持ちいい」

私に手コキされるのが気持ちいいらしく、悶えたあげく勢いよく射精しました。

「これからはこうして自分でやるのよ」

そう言うとみーくんは、女の子みたいに可愛い顔で切なげに「うん」と頷きました。
あまりの可愛さに、つい私も欲情してしまい・・・。

「せっかくだから、おばさんがみーくんにセックスの仕方を教えてあげる」

そう言うと、みーくんが微かに頷きました。

まず、私は股を開き、みーくんに女性器の説明をし、続いてみーくんの男性器について説明をしました。
説明を終えるとみーくんにキスをしてあげました。
旦那と違うつやつやの唇を貪り、そのあとは体勢を変えて、大きく逞しいおちんちんをローションを塗った私の巨乳で挟み込み、先端をフェラしました。
みーくんは気持ちよさに女のみたいな可愛い声をあげます。
それが私の劣情をそそり、激しく乳をこねくり回しておちんちんをしごき上げ、先端をねぶり上げました。
みーくんはあまりの快感に何度も射精し、私は吐き出された精液を飲みました。
6回ぐらいするとさすがに精液は出なくなりましたが、さらに巨乳でおちんちんをしごき上げ、玉に残った精液を一滴残らず搾り出し、尿道に残った精液もバキュームフェラで飲み干しました。
精液が完全に出なくなるのを確認すると、力尽きてぐったりとしているおちんちんを手コキでしごいて無理やり立たせました。

「みーくん、子種は全部絞り出したから、これから生でセックスするからね」

疲れていたみーくんは微かに頷くだけでした。
仰向けのみーくんを跨ぎ、反り返ったおちんちんをまんこ入口に当て、一気に挿入。
みーくんは「あう」と声をあげ、私も久しぶりに貫かれる快感にすぐイッてしました。

あとはあまり覚えていません。
本能のまま腰を激しく振りまくりました。
みーくんは何度かイッて空砲を放ちましたが、私が満足しきるまでそれは止まりませんでした。
ようやく昇り詰めてイッたとき、みー君は半分失神していました。
私はそれでももう一度おちんちんを立たせると、みーくんの上で腰を振りました。
何とかイクことができて、もう一度立たせようとしましたが駄目でした。
仕方がないので自分とみーくんの体をもう一度軽く流してから、布団を敷き、みーくんを休ませました。
洗濯物が乾く頃にはみーくんも目を覚まし、ジュースとお菓子をあげたら余程お腹が空いていたのか全部ペロリと食べました。

「またしてあげるから、誰にも言っちゃだめよ」

「うん」

みーくんと約束のキスをしました。
みーくんは服を着て嬉しそうに帰りました。
50歳を過ぎたおばさんの私が11歳の美少年をセフレにするとは夢にも思いませんでしたが、命の洗濯になりました。
また近いうちにみーくんとしようと思います。