よくあるネタだと思われても仕方ないが、俺が実際にあった体験談を書きたいと思います。

俺は一度だけ、6歳離れた姉と関係を持ってしまった。
あれは俺が17歳の時、当時原付に乗っていた俺はこけて怪我をしてしまった。
右腕にヒビが入り、左指を擦り、肉が見えるほどの怪我を負った。

当然入院するはめになってしまった。
しかし、母子家庭でCAをしてる母は家に帰って来ることが少なく面倒を見れないため、姉が仕事を3日間だけ休んで面倒を見てくれることになった。
姉は美人のためか自分に自信があり、性格も少々難がある。
なので本当に面倒を見てくれるのかと思ったが、姉は食事を食べさせてくれたり、着替えを手伝ったりと献身的に看病してくれた。

そんな日が2日続き、3日目もいつものような来てくれたのだが、いつもと服装が違っていた。
胸元の見える黒のブラウスにフリルの付いた丈の短いスカート姿。
姉は背が高く脚が長いため、余計に丈が短く見えるエロい格好だった。

「ちょ、姉ちゃんどうしたの?肌見せすぎじゃない?」

「そう?まあね、あんたの目の保養になるかなと思って」

そう言ってモデルのようなポーズをとり、俺に見せつてくる。

「な、何言ってんだよ、姉ちゃんで欲情するわけないだろ」

正直、とっくに勃起していた。

「ふーん、そう。じゃあなんでそこ、盛り上がってんの?」

俺のパジャマのズボンの前は、誰が見ても勃起がわかるほどになっていた。

「抜いてあげよっか?今ならしてあげるよ」

不敵な笑みを見せる姉。

「じょ、冗談でしょ?」

「冗談なわけないでしょ。あんたのその両手じゃ自分で出来ないでしょ?だから気を利かせてやってあげるって言ってるの!するの?しないの?早く決めて」

「し、して・・・」

「しょうがないなぁ、スケベなんだから」

姉はカーテンを閉めるとベッドに上がり、俺の脚の間に入った。
そしてズボンに手を掛ける。
トランクスと一緒に膝までズボンを下ろされた。
勃起したあそこが露わになる。

「へぇー、顔に似合わず、あんたのって結構大人なんだね」

「そんなこと言わないでよ。恥ずかしいんだから」

「ふふっ、ごめんごめん。それよりまだ触ってもないのにビクビクさせちゃって、もしかしてあんた童貞?」

「うん、姉ちゃんは経験済みだよね?」

「まあね。でもあんまりしてないかな」

姉は右手で握り、ゆっくり扱いてくれた。

「どう?気持ちいい?」

「う、うん。すごい気持ちいい」

「ねぇ・・・もう出そうなんじゃない?っていうか、ちょっと先っぽから出ちゃってるよ?」

右手で扱きながら俺の目を見てくる。

「う、うん。もうイキそう」

「いいわよ。1回出しちゃいなさい」

右手の動きが速くなり、姉は身体を倒して先端に唇を付けた。
そんな姉の行動に驚いたが、止めることなど出来ず、姉の口に出してしまった。

姉は黙って、最後の一滴まで口で受け止めてくれた。