俺18歳、妹15歳。
まだガキと見てた妹が突然、「フェラの練習させて」と頼んできた。

「お前、言ってる意味分かってるのか?」
「それぐらい知っとるわ」

「ちょっと聞くけど、セックスの経験は?」
「あるよ」

うひゃあ、こいつ処女じゃないのか。
この前セックスするとき、彼に「フェラしてくれ」と言われたけど、咥えるのに抵抗があって出来なかったらしい。
でも彼が喜ぶならなんとかやってあげたいと考え、俺に練習台になって欲しいと。
けど、いきなり言われてもな・・・。

「お願い」と手合わせて頼みこむ姿を見て・・・。

「じゃあちょっとだけな。お前も協力しろよ」
「うん、分かった、何すればいいの?」

「まず服脱いで」
「えっ、脱ぐの?」

「そうだよ」
「変態、妹の裸見て楽しい?」

「協力するって言っただろ、服着たままするのか?まあそれもありかな」
「分かった、脱ぐよ」

裸になった妹。
おっぱいは少し膨らんでる。
ガキと思ってたけどそこそこ成長してるな。

「兄ちゃんも脱いで」

勃起したちんぽを見せた。

「おっ、おっきい」

じっくり見てる。

「何すればいいの?」
「フェラだろ?咥えろ」

「いきなり?それが出来ないから困ってるんだよ」
「練習にならないな。まあとりあえず触ってみ」

そうっと手を出し、軽く握る。

「あったかい」

「触ったことないのか?」

「うん、初めて触った」

暫くにぎにぎしてる。

「ほら、そろそろ咥えてみ」

妹は、「んー」と言ってぱくっと咥えた。

「咥えてるだけじゃ駄目だ、舌でペロペロしろ」

ペロペロしてくる。

「こうやって顔を動かせ」

頭掴み、軽く動かした。

「んん」とむせこむ。

手離すと自分で動き始める。

(おおう、こりゃ気持ちいいぞ・・・あっ、出ちゃう)

妹の口に出した。
すぽんと抜き、べっと吐き出す。

「何で口に出すのよ?」
「悪いな、気持ちよすぎて出ちゃった。まあ、なんとかフェラできたじゃん」

「もっと練習したい」
「すぐにはできん、また明日な」

翌日の夜、また妹が来た。

「今日もお願いしやす」
「今日は2段階目を教えてやる」

「何それ?」
「フェラにもも色んなバリエーションあるからな」

妹を裸にして布団に寝転び、ちんぽ出した。

「今日は69を教えてやるよ」
「どんなやつ?」

「お尻を俺の顔に持ってくるように跨がってこい」
「変態」

「お前のためにやってるんだろ」
「恥ずかしいよう」

「彼がやりたいと言ったらどうする?恥ずかしいって断ったら嫌われるぞ」

少し脅してみた。

「んー、やってみる」

妹が顔に跨がってくる。

「恥ずかしいから見ないでよ」

「はいはい」と言ったが、やっぱ見るでしょ。

目の前に小さな筋。
こんなちっちゃい穴にちんぽが入るのか?
ちょんと突っついた。

「やん、触らないで」

「男は触りたくなるもんなんだ。気にしないでフェラしろ」

ちんぽを咥えた。

「昨日教えた通り、顔を動かせ」

握りながら顔を動かしてる。
まんこ触ってると、じわっと濡れてきた。
指を入れるとビクッとなり、フェラが止まる。

「ほら、止まってるぞ」

「だってえ」

「いいから続けろ」

じゅぽじゅぽとエロい音しながらフェラ続ける。

「あっ、もう出る!」

また口に出した。
ぺっと吐き出す妹。

「また口に出したな」

「また明日も来るか?」

「うん、また明日」

翌日また来た。

「今日は最終試験だ」

「今日はなにするの?」

服を脱ぎ始める。

「ちょっと待てい、今日は服着たままで」

「へっ?」

少し驚いてる。

「フェラするのはいつも部屋の中だけと限らん」
「どういうこと?」

「外でする場合もある。そのときは裸になれないだろ」
「そんなときもあるの?」

「そのときのフェラの方法を教えてやる」

そう言って立ったままちんぽ出した。

「俺の前に座ってフェラしろ」

しゃがみ込み、ちんぽを咥えた。
少しイラマチオ気味にやった。

「げほっ、苦しいよう」

「我慢しろ」

ずんずん突いた。

「んーんー」

「おらっ、出すぞ」

口に出す。

「んー」と吐き出そうとしたとき。

「吐くな、飲み込め」

プルプルと顔振る。

「飲んでやったら、彼は凄く喜ぶぞ」

「んっ・・・ごくん。うえっ、不味い」

「よし合格、それ、彼にもやってやれ」

数日後、「兄ちゃんのバカ!」と怒鳴りながら妹が来た。

「どうした?」

エッチするときに69したら彼が驚いて、「何してるんだ!?」って怒られたとか。
その日はエッチせず、後日彼と会ったとき、デートしてて人気ない公園に行き、キスされたからその気になり、彼を立たせてチャックを下ろしてフェラしたら、「お前みたいな変態な女とは付き合えん」と突き飛ばされ帰られたらしい。
そして他の男友達に言いふらされ、変な目で見られていると言う。

「バカ!」

しばらく泣きじゃくる妹にバンバン叩かれた。
まだガキには早かったか・・・。