幼い頃からよく、ことみちゃんが遊びに来てた。
母子家庭で母親が働いてるとき、俺んちで待ってる感じ。

「お兄ちゃん」と言って懐いて、いつも座ってる俺に跨がってくる。

俺の母は、「甘えん坊だね」と言って笑う。

本を読むときもゲームするときも、いつも俺の膝の上。
ちんこの上で腰を振るから、ちょっと勃起しそうだ。
まだ幼いからよく分かってないようで、平気で腰を擦り付けてる。

ことみちゃんが中学生になった頃、あまり家に遊びに来なくなった。
ちょっと寂しいなと思ってたある日。
久しぶりにことみちゃんが遊びに来た。
可愛いスカート姿。
母も、「久しぶりだね」と喜んでいる。
胸が少し膨らみはじめて、だいぶ大人の身体になってきた気がする。

「晩御飯、食べてね」

そう言って母が仕度を始めた。
座ってる俺に跨がってきた。

「小さい頃、よくこうやって座ってたね」
「そうだな、だいぶ重くなったな」

「お兄ちゃん、あのとき勃起してた?」
「・・・うん、まあちょっとね」

ことみちゃんが、「ほれほれ」と言いながら腰を擦り付けてくる。
母がこっちを見て、「まあまあ、また膝に乗ってるの」と笑っている。

「ちょっと中に手を入れてみ」

スカートの中に手入れた。
直にお尻に当たる。

(!?)

パンツを穿いてない!

「お前、何やってんだ?」
「んふふ、ちょっと入れてみる?」

「入れるって・・・ちんぽを?」
「そうだよ」

「アホなこと言うな、おかんがいるだろ」
「スカートで隠れてるから大丈夫っしょ」

「お前、もう経験済みか?」
「うん」

「早いな」
「ほら、早くおちんちん出して」

(マジか?)

テーブル下でこっそりズボンとパンツをずらし、ちんぽを出した。

「ちょっと触って」

ことみのまんこ触る。

「んふっ、ああん」

「あまり声出すなよ」

指を入れてみる。
きゅっと絞まる。

「あはっ、もう入れちゃう?」

腰を浮かし、ちんぽ掴み、まんこに当ててぐっと腰を沈めた。

「あっ・・んー」

(すげえ!)

ぎゅうっと締め付けてくる。
俺にしがみついてきた。

「あらまあ、そんなに抱きついて」

母が振り返ってこっちを見てる。

「久しぶり・・だから・・」

言葉が途切れてる・・・。

(バレるかも?)

「いっぱい甘えなさい」

そう言って、また食事の仕度に戻った。

「あはっ、お兄ちゃん・・」

うっとりした顔で俺を見ることみ。
チュッとキスした。
腰を擦り付けたり、上下に動いて出し入れする。

「ああん、もうダメかも」

身体ビクビクなってる。

(イキそう?)

きゅーとまんこが絞まり、ガクガクとなった。

「中で出していいか?」

「それはだめ、抜いて出して」

ことみの腰を動かした。
テーブルからティッシュをバババッと取る。
ちんぽ抜いて先っちょに被せ、そして出した。

「もうご飯できるよ~」と母の声。

急いでパンツとズボン穿く。

「今日泊まっていいかな?」

母は「いいよ」と言った。
ことみが母親に電話して、お泊まりになった。

「お兄ちゃん、またしようね!」

そういうことです。