最近、新しくうちの部署に入ってきた後輩の男の子と、職場の人には絶対に言えないことをしてしまいました・・・。
Rくんは私が教育担当になってから、仕事では絡みがあるけど、プライベートでは全くといった感じでした。
年は3個ぐらい年下で結構イケメン・・・。
真面目そうで、身長も180センチくらいあって、同僚の女子から密かに格好いいと人気がありました。
私と接点があるのはラッキーだったんですけど、私はもう彼がいるのでそんなには意識していませんでした。
けど、ある日をきっかけに彼の私を見る目が変わってしまったんです・・・。

その日は日曜日の夜から月曜の朝までずっと彼とエッチをしてて、それから出社したんですけど、今日はなんかRくんが目を見て話してくれなくて、様子が変だなと思ってたら・・・。
朝、急いでいたので、胸の形がはっきりわかる白いニットなのにブラジャーをつけるの忘れてしまったんです・・・。
私は身長152センチの割に胸はEカップくらいあって乳首も大きめなので、服の上からでもはっきりわかるくらい、かなり乳首が目立っていました・・・。
おそらく仕事の説明をしている時にRくんに気づかれたんだと思います。
そのときは上着を羽織って1日やり過ごしたけど、かなり恥ずかしかったです・・・。

それからRくんがよく私の胸を見ている気がして・・・。
話しているときも、心なしかエッチな感じというか、私としたそうだなって思ったんです。
私もちょっとドキドキしたけど、彼もいることだし気づかないふりをしてました。

それから2週間後にあった会社の飲み会。
私は結構お酒が弱くて、結構回ってしまったんです。
飲み会がお開きになって、ふらふらと千鳥足で駅まで帰ろうとしたら、Rくんが支えてくれて、「先輩は俺が責任を持って送りますわ(笑)」って言ってくれたんです。

夜道をRくんと密着しながら歩いてると、胸が時々Rくんの腕に当たって、(このままエッチしちゃいたい・・・)って思ったんですが、Rくんは私に彼氏がいることを知っているので、駅に着いたら、「じゃ、気をつけて帰ってくださいね」と笑顔で見送ってくれて・・・。
私も帰ろうとしたら急にすごく気持ち悪くなって地面にへたりこんでしまったんです。
Rくんは焦って、どこか横になれる場所を探してくれたんですが、そんな都合のいい場所が駅にあるはずもなく・・・。
結局、深夜もやっている近くのネカフェのペアシートでしばらく一緒に休んでもらうことにしました。
彼に連絡してみたものの、もう寝てしまっていたようで・・・。

横になった私をRくんは心配そうに見ててくれましたが、「先輩、苦しくないですか?下着とか・・・」と言われ、ブラを背中のホックから外してもらって、タイツも脱がしてもらいました。
その時点で私はパンツの中がヌルヌルでやばかったんですが、お酒で気持ち悪いのもあって、しばらく横になっていました。
息も荒くて、呼吸を整えながら休んでました。

すると、薄れゆく意識の中で柔らかい物が唇に当たりました。
それはRくんのキスでした・・・。

「ゴメン、もう我慢できない・・・」

ひそひそ声でRくんはそう言うと、また柔らかい唇を押し当てて舌を入れてきました。

くちゅ・・・ちゅ・・・ピチャ・・・。

隣のブースに聞こえてるかもと思うと恥ずかしかったですが、Rくんに覆い被さられてキスをされている私は気持ちよくて、もう何も考えられない状態でした。
Rくんは最初は服の上から胸を揉み始めてました。
そして服の中に手を入れ、外したブラジャーの中の生乳を触ってきたのです。

「先輩のおっぱい、柔らかいっす・・・」

服を捲りあげられて胸を剥き出しにされて、両手でいやらしく揉まれました。
ときどき乳首もクリクリされながら揉まれて、「ぁんっ・・・」と声が出てしまいましたが、咳で誤魔化しました。

「乳首ビンビンですよ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

耳元で囁かれ、結構Sなんだなと思いました。
もう私も完全にブレーキが外れていたので、「おっぱい、舐めて・・・」と言ってしまいました。
Rくんは私の乳首を口に含み、口の中でレロレロと転がしました。

(あ・・・会社の後輩の子にこんなエッチなこと・・・されてる・・・彼氏がいるのにダメなのぉ・・・)

すごい気持ちよくて、「んっ、ん・・・」と声を押し殺していました。
それだけでもヤバかったのに、今度はスカートに手を入れてきて、パンツの上からクリを弄られました。
もうパンツの意味がないくらいぐちょぐちょだったので、パンツ越しでもRくんの指の感覚がわかります。
私はあぐらをかいているRくんの上に座らされて、後ろから乳首とクリを同時責めされました。

イキそうになってたけど、どちらともなくホテルに行こうと言い出して、結局ラブホへ・・・。
もう声を気にしなくていいので、凄く激しく求め合ってしまい・・・。
2回も中出しされちゃいました。
1回目は正常位、次はバックで・・・。

身体の大きさがだいぶ違うので、おちんちんも勢いがすごくて、「Rくん、だめぇ、おまんこが壊れちゃう~っ」て、何回も叫んじゃいました・・・。
ほんとに、あんなに気持ちよかったエッチは初めて。
朝までには家に戻ったし、彼にはバレてないはずです。

それからは、会社でRくんと話すのは少し恥ずかしいけど、今週末、ディナーに誘われました。
たぶん、またエッチしちゃうと思います・・・。