前回は新垣結衣似の女を犯した話をしました。

あれから一度成功した僕は、また成功すると思い獲物を狙っていました。
あの新垣結衣似の女は何度も犯したけど、レイプごっこみたいになって飽きてきた。
次だ。

暇があれば、いつものトイレで覗く。
5階建てのこのビルの女のオマンコは、ほぼ全員見たと思う。
犯すのは誰がいいかな・・・。

4階によく分からない横文字の会社があり、女が多い。
何の会社かは分からないけど、賢そうな女をよく見かける。
中には可愛い子も何人かいる。
その中に、大島優子似の美女がいる。
ただ少し気が強そうで、抵抗が激しかったらどうしようかと思ったけど、こいつに決めた。

オマンコはもう何回も見ている。
右側のビラビラが少し大きいのが特徴。
エロいマンコだ・・・。
パンティは白系が多い。
神経質なのか、パンティには必ずシートを付けている。
それは、いつももらう(笑)
いつもいやらしいオマンコの匂いをタップリと付けてくれている。

(今度はこいつを犯す!)

僕は機会を窺っていた。
そしてその時が来た。
それは日曜日。
僕は日曜は掃除の人が来ないのと、休みの企業が多いので、よくトイレにオリモノシートを取りに行く。

その日、3時頃に4階トイレに行くと結構な数のオリモノシートがあって興奮していたら、ヒールの音がした。
慌てて一つの個室に入って、鍵を閉めて息を殺した。
隙間から覗くと彼女だった。
日曜出勤か?

スーッと衣類の音がして、水洗の音がした。
彼女は洋式に入っていたので上からしか見れない。
スマホをかざす。
上からの彼女の姿と膝まで下げたパンティが見える。
ポニーテールが可愛い。
パンティにはシートが貼り付いて汚れてる。

(舐めたい・・・。もうすぐオマンコに入れてやる・・・)

彼女がオリモノシートを交換した。
それは後で頂く。

そして決意の時!
そっと上にあがる。
それからは一気に向こう側に行く!
彼女はハッと目を見開いて僕を見た。
驚いて声も出ないのか固まっている。
僕は自分の人差し指を自分の口に当て、シーの仕草をした。
彼女はハッとしたままだったけど、ふと我に返ったのか慌てて逃げようとした。
下着を上げるのも忘れて・・・。
僕は彼女の肩を掴んで便座に戻した。

「今、外に出たり声を出したりしたら、恥ずかしいのはお前だ!静かにしてろ!」

彼女は両手を拝むようにして顔を下に向けてじっと固まっていた。
少し震えてるのが可愛くて興奮する。
僕は構わず片足からパンティを脱がせようとしたが、彼女が下着を掴んだ。
下を向いたまま左手で下着を掴んで、「やめて!」と言った。
僕は構わず手をはねつけて下着を下げた。
片足さえ抜ければ、もう僕の物だ。

パンティをポケットに入れて、彼女の脚を掴んで広げて上げた。
彼女は下を向いたまま足を押さえて上げさせようとしなかったけど、所詮は女の力だ、僕は押し上げた。
上半身はブラウスとニット、下は丸裸。
この恥ずかしい姿に興奮する。
脚を広げて見ようとするが、イヤイヤをして開こうとしない。
グッと力を入れて広げた。
すかさずオマンコに顔をうずめる。
まだオシッコで濡れていた。
ペロペロ舐めてキレイにしてやる。
オマンコの匂いを嗅ぐ。
舐める舐める舐める・・・たまらない味だった。
いやらしい匂いがプンプンして、いやらしいオマンコの味がした。
ペロペロペロペロ舐めた。
右側のビラビラも唇で摘んで引っ張ってやった。

「いつもこんないやらしい匂いさせてるのか?」

彼女がイヤイヤをした。
ギュッと両手を胸元に縮めて顔を埋めて小さくなっている姿は可愛くて仕方がない。

(今から気持ちよくしてやるからな)

広げたオマンコの部分は、今度はオシッコの残りではなくて、僕が舐め回したことでビショビショになって光ってる。
また舐め回した。
美味しい!
美女のオマンコは美味い!
夕方だから匂いも濃い。

エロいオマンコに指を入れた。
瞬間、お尻を引く仕草をして、ギュッと股を締める。
僕も負けじと脚を広げ、指を挿入する。
ヌルヌルするオマンコの中は温かい。
両目をギュッと閉じて下を向いたままイヤイヤをしているが、もうオマンコは潤ってきている。

「気持ちよくしてやるから・・・」

激しく動かしてやると、彼女の右手が僕の左腕を掴んだ。
イヤイヤをしながら、「や、め、て・・・」と小さく呟いたと思ったら、腰がカクカクした。

(え?もしかしてイッた?)

彼女の力が抜けるのが分かった。
イキやすいのかな・・・?
いいぞ!
よし、もっと虐めてやる。
こんな美女とやれるなんて・・・。

僕は力なく便座に座る彼女の脚を持ち上げ、広げた。
『やめて!』という感じの顔で、両手でオマンコを隠すように押さえた。

「ダメだよ、すぐに良くなるから」

そう言って、脚を広げた。
そこはキラキラと光ってトロトロになっている。
美味しそうなオマンコを、もう一度眺めてペロペロする。
オマンコのやらしい匂いがツンツンするが、それがたまらない。

「君のオマンコ、エッチな匂いがプンプンするね」

イヤイヤをして俯き、股を閉めようとする。
可愛い仕草だ、興奮が止まない。
僕は、爆発しそうな僕自身を彼女に見せた。
見ようともしなかたので、顔を上げて、「舐めろ!」と言った。
目を閉じたままイヤイヤする。
その顔に押し付けたら、「ひっー」と言った。

手で顔を覆ってどうしようもないので、オマンコに入れることにした。
グッと脚を広げ上げて、そこに入れた。
彼女は後ろに下がり気味になりながらも、為す術なく受け入れた。
僕はズンズン進む。
気持ちいい!最高に気持ちいい!
オマンコも締まる。
彼女は俯きながら「うーっ」と呻いて、グーにした拳を口に当てていた。

と、そこに、誰かが入って来た!
僕は一瞬止まった。
誰だ?
心配ない、女が用を足しに来ただけだ。
水を流す音が響く・・・。

僕は構わずピストンした。
彼女は声が出せない。
我慢するしかない・・・。
あー、気持ちいい。
我慢する女を犯すのは最高だ!

そうこうするうちに隣の女は出て行った。
彼女を見ると口に拳を当てながら泣いていた・・・。

(泣きたきゃ泣け。僕は犯す!)

僕は構わずピストンした。
奥までグングン入れた。
元々イキやすい体質だろう彼女は呻きながら左手を便座に置いて握り、右手を口に当てたまま力が入ってきた・・・。

(またイクんだな)

僕はたまらなくなってピストンを速めた。

「あ、イク、イクぞ!」

彼女の太ももを握る手に力が入って来た。

「イクよ。うーっ!」

その時、彼女もビクンビクンと痙攣した。
気持ちいいオマンコだった。
オマンコから抜くと、僕が出した白いモノが流れて来た。
それを綺麗に拭いてやった。
触れるたびにヒクヒクするのがいじらしい。

「咥えろ」

今度はさほど抵抗もなく咥えた。
半開きの目がいやらしく見える。

「美味しいか?」と聞いても頷くことはなかったけど、彼女は咥えて舐め続けた。

興奮を覚えた僕はまた入れたくなってきた。
ある程度回復したのを確認して、また脚を広げた。
今度は無抵抗だった。

「入れるよ」と言えば、それが自然な反応のように頷いた。
僕は遠慮なく入れた。
今度は彼女も、「はぁはぁ・・・」と、いやらしい息遣いといやらしい顔をして受け入れ続けた。

「気持ちいいか?」と聞いたら、「うん」と頷き、自ら腰をズラした。
ズンズン突いた。
彼女はまたイキそうになって僕の腕を掴んできた。

「イク、イク・・・」

小さく言い出した。

「いいよ、イケよ」

彼女は、「イク、イクッ」と言いながらビクンビクンと痙攣して果てた。
僕もすぐに追いついた・・・。
彼女は便器にグッタリと座っていた。
下半身丸裸で・・・。

「よかったよ、ありがとう」と写メを撮り、先ほどのオリモノシートを拝借して、「黙ってろよ」と言って、その場を去った。

それから彼女とは二度三度と顔を合わせたが、一度目は顔を赤くして下を向いた。
それからは知らん顔をされた。
いいさ、またやってやるから。
今は彼女のオリモノシートがオカズだ(笑)