嫁(37歳)は、1年前から近所の工場の食堂にパートに出ている。
パートなので、盛り付けとか配膳などの簡単な仕事なんで、勤務時間は10~14時。
その嫁が厨房内の調理スタッフの男(34歳)に狙われた。

嫁の特徴は、身長168cm。
Eカップで巨尻。
豊満系でそそるタイプだ。

最初は仕事中に話しかけられ、次第に会話も増え親しくなって、午後2時に仕事が終わるんだが、昼食も同じテーブルでするようになったそうだ。
そのうち飲みに誘われ、初めのうちは断っていたそうだが、親しくなるにつれグループで行くようになり、そして3~4ヶ月もすると、断り切れずついにペアで飲みに行くようになったという。
話題は最初は他愛のない話だったが、次第に口説かれ始めた。

「◯◯さん、ずーっとファンだったんですよ」
「若々しくて素敵ですね」
「頑張ってるところが好きですよ」

会話は次第にエスカレートしていく。

「Tシャッが汗まみれで濡れて、ブラジャーが透けて見えて、たまらないです」
「あまりに素敵なので、思わず後ろから抱き締めたくなります」

ついには、「◯◯さん、ご主人と別れたら、いつでも僕のところへ来てください」とか・・・。

結婚後、家庭に引きこもり、他の男からやさしい言葉をかけられたことのない嫁は、すっかり舞い上がってしまい、次第に男の術中にはまり込んでいった・・・。
仕事中に人気が無いところで手を握られたり、飲み屋では、向いでなく隣に座って、最初は肩に手をかけ、次に腰に手を回し、酔うに従って、背後から両手で胸を揉むような感じになり、膝に手をかけ、太ももを撫で撫で・・・。
毎日仕事で忙しく帰宅も遅く、ろくな会話もない俺よりも、嫁の心は長時間接するその男へと心は傾き、残業だと言っては次第に帰りも遅くなり、服装や化粧も次第に派手になっていった。
胸が大きくV字に開いて背中の露出も大きい、嫌でも体のラインがはっきり見えるワンピース。
ムッチリとした太ももを、これでもかと露出する大胆で短めのスカート。
夏には肩を大きく露出したタンクトップ。

最初は週1程度の控えめな飲み会も、次第に隔日に。
正月の休みの前には、打ち上げと称して夜中の帰宅・・・。
嫁が後で打ち明けた話では、午後5時から全体の打ち上げで、その後グループで二次会はカラオケ。
皆が去って、ふと気づくと嫁と男の2人。
まあ明日から休みだし、羽を伸ばして飲み直そうと居酒屋へ。
店は広く、深夜なので客も殆ど居らず、閑散とした店の端っこに2人でこっそり座って改めて乾杯したそうだ・・・。
酔っていたし、周りに人が居ないのをいいことに男は次第にエスカレートしていく。
まずはセーターの上から胸に手を置き、次にセーターの中へ手を差し入れて、ブラを割っておっぱい揉んできた。
嫁も酔いが手伝っていい気分になって、されるがままに無抵抗・・・。
いや、むしろ積極的に迎え入れる体勢に。
右手はおっぱいに、左手はスカートを捲し上げて太ももをなぞってショーツへと伸びる・・・。
中指を股間のショーツの隙間に忍ばせて、ついに嫁の秘所に達した。
嫁はすっかり夢気分で忘我の境地に・・・。

おっぱいとまんこの両所攻めはに続き、男は左手でショーツを脱がしにかかる。
嫁は腰を浮かして促す体勢に。
ついにショーツは嫁の足元に落ちて、男のされるがままだ・・・。

男は嫁の耳元で、「これから、どこかで休まないかい?」とつぶやいた。

さすがに嫁も良心が咎めたのか、「今夜はもう遅いから、いつか・・・」と言ったそうだ。

すると男は諦めたのか、執拗に嫁の体を弄り始めた。
いわゆるペッティング程度なら別に体を許したわけではないし、まあいいかと男に委ねたと、嫁は後で俺に言った。
時々店員が来るのが、いい刺激らしく、男はその後も嫁の体をおもちゃにし続けた。

その頃、俺は多忙で嫁との性生活も殆ど無かったので、嫁も久々女の本性を堪能したのだろう・・・。
男は遊び慣れしているらしく、女の急所をよく心得ている。
おっぱい、特に乳頭を指で器用に丹念に揉み上げ、陰核クリを丁寧に擦り、ヴァギナに中指を潜ませ、アナルにも薬指を潜ませ、嫁の官能を刺激する。
お互い、全裸で抱き合ってるわけでもないのに、今までこれほどの経験のない嫁は我を失い、エクスタシーへと昇り詰めていった・・・。

翌朝、ふと目覚めると隣には嫁がぐったりとして寝ている。
俺も昨夜は飲み会で遅くなったが、嫁よりも早く帰宅してダウンしてしまっていた。
俺は迂闊にも、嫁もたまには羽を伸ばすこともあるだろう、せっかく出来たパート仲間と・・・と呑気に考えていた。

その後、嫁が目覚めると、布団の中で久々嫁を後ろから抱き締めて、嫁に挑もうとした。
すると嫁は、「いや・・・、今は気分じゃないの・・・」と言った。
まあ嫁も疲れてるんだろうと思ったし、年末はボーナスで風俗通いをして、俺もまあまあ満たされていたので、まあいいやとその場は引いた。
年末年始の連休、姫始めに及んだが、ここでも拒否された。
しかし、そのときも特に何も思わず、俺もあえてそれ以上嫁に迫ることもなかった。
後で考えたのだが、どうやら嫁の心はすでにその男にあったようだ・・・。

ところで、嫁もバカではなかった・・・。
久々に、いや結婚後初めて、他の男に官能の火を焚きつけられても理性は曇ってはいなかった。
この男は、ただの体目当てではないかと自問自答していたのだ。
俺の風俗通いを薄々感じていたからだと思う。
つまり、男が女を求めるのは肉体だけだと・・・。

それに嫁の貞操観として、体を許すとは寝ることであり、単に体を弄られるペッテイングは高校生でもやっている男女間の挨拶のようなものだと言うのだ・・・。
だからセックスにはかなり抵抗感があるのだが、体を触らせるくらいは不倫でもなんでも無いと言うわけだ。
しかし男から見れば、飲みの誘いに乗るのは、それも1対1では、セックスOKと解釈されてもおかしくはない。

その後も男からの誘いはエスカレートするが、嫁は相変わらず飲みに行くだけに留めていた。
男は明るく快活で、職場では人気者の存在で、誰にも気さくで親しみやすい存在なのだそうだ。
決して陰湿ではなく、職場でも手は気軽に握ってくるし、まるでアメリカ人みたいに気安く抱き締めてくるそうで、それも板について自然なんだそうだ。
それに飲み代はいつも男の奢りだし、どうせ家に帰っても1人で俺の帰宅も遅いので、週2回程度は飲みに付き合ったようだ。
酔う都度、耳元で、「どこかで休憩しない?」と言われるらしいが、嫁も焦らして拒否していたようだ。

しかし春になると、飲んだ後で、「酔い醒ましに夜風に吹かれないか」と誰もいない川の土手を手を繋いで歩いて、人気の無い桜の木の茂みに入り、抱き締められてブラウスのボタンをはずされ、手を差し込まれておっぱいを揉まれ、スカートを捲し上げられ・・・。
結局、ショーツを脱がされて手マンまでは許したそうだが、決して胸を開いておっぱいを男の視線に晒しはしなかったし、おまんこも触らせるだけで、決して自ら押し広げて男の視線に晒したり、舐めさせたりはしなかったらしい。
それが嫁のモラルということらしい・・・。
そしてそれが嫁のプライドだということらしい。

しかしその焦らし作戦が、かえって男の征服欲に火を点けたようだ。
職場では気軽に冗談を言ってくるし、下ネタも時々するらしいが決してスケベでなく、そこが憎めぬ性格らしい。

「◯◯さんは美女だけあって、昨夜はあそこもビジョビジョでしたね」とか「桜も満開、◯◯さんもマン開しましょうよ!」など、そんなオヤジギャグも嫁に言わせると決していやらしくないんだそうだ。

ふと、ついその気にもなることもあるらしいが、一度許すと職場内だけに、どう人間関係に影響を及ぼすかも知れず、熟慮していたそうだ。
従って当分はこの関係をキープし、体は許さない方針でいくことにしたそうだ。
その方が自分への関心はキープされるし、お互いに傷つくこともないだろうと考えたと。

ところで男にしてみれば、『2人で飲みに行くし、手マンまでさせて、なぜやらせないんだ?』くらいに思っているだろう。
普通ならとっくにホテルに行って、ムチムチの熟れた女体を堪能できたはずだと・・・。
実はこの一連の男とのストーリーを嫁の口から聞かされた時、正直驚きで、嫉妬とかまるで無く、俺から見れば、こんな中年女に興味を持つ男がいることに驚いたし、嫁が男にされたことを聞いたとき、特に男に触られたりして、おもちゃにされたことを聞いた時、逆に高ぶりを感じてしまった。
嫁が他の男に陵辱されたことに嫉妬するのではなく、異常な興奮を感じてしまったのだ。
内心、セックスの描写も聞きたいくらいだった。

そういえば、俺が深夜に帰ったときに何気なく嫁が、「これでも私のファンと言ってくれる人もいるのよ」と言っていたのを思い出した。
そのときは、(世の中にはそんな奴もいるのか)くらいにしか思わなかったが・・・。
実は嫁も自分の飢えた官能を満たしてくれる男を利用するしたたかさも持ち合わせていたようだ。
生理前の発情期に飲みに行く時は、個室の居酒屋で過剰サービス・・・。
適当な前戯でただ発射するだけの淡白な俺とは違って、濃厚なテクニックで欲望を満たしてくれる男を重宝しているようだ。
と言っても、おっぱい揉みと手マンだけだが・・・。

まあ男にしても、風俗よりは安いし。
それにいつかはセックスできる期待もあるし・・・。
たぶんだけど、男は妄想をたくましくして毎晩オナっているだろう。

ちなみに・・・嫁の勤務着は、Tシャツに下半身ピッタリのスポーツスパッツ。
頭は衛生キャップなので、あまりエロい感じではないが、汗でTシャツがビショビショになるとブラジャーがクッキリ透けて見えるし、スパッツはピッタリ下半身にフィットするのでお尻の割れ目もショーツのラインもクッキリで、嫁曰く、「刺すような視線を感じる」そうだ。
嫁は巨尻なので、一部の男から見たらクラクラするのだろう・・・。

と、ここまでダラダラと書いたが、結局嫁は今まで焦らすだけで、男に体を与えていない。
従って残念ながら濃厚なセックスシーンは書けないが、実は今、嫁をけしかけて男とラブホにでも行かせて、セックスのことを聞き出そうと思案中だ。
男はいったいどんな風に嫁を犯してくれるのか?
今から楽しみでならない。