今回はアナルセックスの話なので、そういった話が苦手な方は、お気を付け下さい。
※会話パートでは私の名前を『◯◯』とする。

私にはセフレが5人ほどいる。
いつも彼女たちとは比較的普通のセックスをしているのだが、時折変わった主旨のプレイを行なうこともあった。
今回は『Lちゃん』という、小学生時代からのセフレとの話である。

私はある日、Lちゃんから「今からしない?」と連絡を受けた。
休日の前日の夜であるということもあり、私は承諾して彼女を家に招き入れた。
すると彼女は、「トイレを貸して」と言って、そのまま40分ほど籠ってしまった。
お腹でも壊したのだろうなと心配していると、彼女はトイレから出てきた。

「トイレありがと、◯◯の家、ウォシュレットでよかった~」

「ん?あぁ・・・そう・・・もう大丈夫なの?」

「うん、浣腸してただけだから」

「・・・え、なんで今?」

どうやら彼女はトイレに入った時から、浣腸をして洗っていたらしい。
一種の美容法なのかと思って聞いてみたのだが、私の予想とは全く違う答えが返ってきた。

「・・・というか、なんでうちでやるのよ、自分の家でやればいいのに」

「いや、お尻の穴でエッチしてみたいと思って」

「・・・んん?」

「いや、だからうちの家で浣腸やるよりは、こっちで済ました方が綺麗な状態でできるかと思って」

「・・・え、アナルセックスしたいの?」

「そう!それだ!その名前が出てこなかったんだよ!」

「あ、あぁ・・・そう・・・」

なんというか、私は驚いていた。
元々Lちゃんは私の初体験の相手でもあり、セックスも彼女から教えてもらったようなものなのだが、彼女に限らず、なぜか私の周りには変なプレイを考える娘たちが多い。
今回も私はどうしようかと考えたが、まぁやってみてから考えればいいかと思い、そのままセックスする流れになっていた。

彼女はそのまま布団の方へ向かい、私を呼び寄せた。
恥ずかしいことに、いくつになってもセックスでリードするのは彼女の方だ。
他の女性のときは私がリードするのに、彼女にだけは主導権を取られてしまっている。

Lちゃんは自分から服を全て脱いで、私にも脱ぐよう言った。
私が脱ぎ終えると、彼女は私の性器を握って、そのまま両手で優しく擦った。
まだローションも何もつけていないのだが、その感覚がどうにも気持ちよく、私は少し声を出してしまった。
彼女はその反応が嬉しいらしく、私が反応を強くしてくると、そのまま顔を近づけて咥え始めた。
口の中で舌を動かし、亀頭部分を重点的に舐め回し、時折尿道に舌を入れようと先端をグリグリと押し込んできた。
私はいきなりの攻めに危うくイキそうになり、彼女に一旦止めてもらった。

「んん・・・もういいの?」

「ん・・・うん・・・このままだともうイキそうだから・・・」

「ふふっ、ちょっと攻めすぎちゃった?」

「は、ははは・・・」

しばらくして彼女は私にお尻を向けるような体勢になり、私にお願いしてきた。

「・・・ねえ、お尻・・・その・・・お尻の穴なんだけど・・・弄ってもらっていい?」

「あ・・・あぁ・・・。本当にやるの?」

「うん、やってみたいと思ったから、お願いしてるの」

彼女はそう言って自分で肛門を広げてきた。
近くで見てみると、赤く充血しており、とてもそそられた。
そして彼女の尻を両手で支え、そのまま肛門を舐めてみた。

「うぁ・・・ああ・・・すごい・・・変な感じ・・・」

「レロ、レロ・・・続けて大丈夫?」

「う、うん・・・平気そう・・・」

彼女はいつもと違う感覚で恥ずかしそうにしていたが、私はそのまま舐め続けた。
女性器の方とは違う感覚で私も少し戸惑ったが、だんだんと慣れてきて、舌も少しずつ押し込めるようになってきた。
女性器よりも締りが強くなったり弱くなったりが分かりやすく、強くなってくると、彼女も少しは気持ちいいのかと思いながら続けた。

しばらく舐めていると、唾液もだいぶ溜まってきて、指が入るようになってきた。
私が人差し指を奥に差し込んでみると、彼女はびっくりしたように声を出した。

「ひぃ!!」

「え、ご、ごめん!痛かった?」

「ち、違う・・・えっと・・・なんか・・・全然今までと違う感覚だったから・・・」

「そ、そっか・・・じゃあいいの?」

「うん・・・何度も・・・ごめん・・・」

私は彼女の謝罪も気にせず、そのまま奥まで弄ってみた。
ロクに触ったこともなく、初めてということもあり、あまり指は入らなかったが、入る限りで弄っていると、彼女の反応も強くなってきた。
私は彼女に、もうそろそろ挿入してもいいかと聞いてみた。

「・・・ねぇ、そろそろ挿入してみていい?」

「・・・あー・・・うん・・・たぶん平気だと思う・・・」

「そっか・・・まぁこっちは初めてだし、辛かったらすぐ止めていいからね」

「平気平気、私が誘ってるんだし、ね?」

そう言って彼女は私にローションとコンドームを渡して、そのまま受け入れる格好に戻った。
私は準備を整え、自分の性器を宛てがい、先っぽだけをグイグイと押し付けてみた。
彼女はどうしても力んでしまい、あまり入りそうにはなかった。
私は彼女の背中を撫でたり、後ろから胸を少し弄ってあげたりと、ちょっとずつ力を抜かせていった。
しばらくすると抵抗も弱まり、先が少し挿入される感覚があった。
私はそのまま無理に押し込まない程度に入れていき、なんとか半分ほど入れることが出来た。

「あ・・・あああ・・・」

「ふう・・・うう・・・どう、入ったよ?」

「な、なんか、やっぱり変な感じ・・・痛くはないけど・・・全然よくわかんなくて・・・すごい・・・」

「動くよ、痛かったら言ってね」

私は彼女を気遣いながら、ゆっくりと動いてみた。
動かしていると、ちょっとずつだが奥に入っていき、全部は入らなかったが、半分より奥まで挿入することが出来た。
やはり普通のセックスとは違い、とても不思議な感覚がした。
動かしていると、膣よりも擦れる感覚が強いのだが、出し入れする度にニュルニュルとした感じがとても心地よく、自然と動きが速くなっていった。

「あ、あぁ、ああ!あっ!!んああ!!」

「はあっ・・・はぁ・・・Lちゃん・・・気持ちいいの?」

「んんっ!!うんっ!・・・いいよぉ!なんか違うの、感じるのぉ!・・・」

彼女もいつもとは違う反応を見せていて、とても興奮してきた。
試しに女性器の方も触ってみると、彼女は喘ぎ声を大きくし、枕に顔をうずめ始めた。

「どうしたの?・・・ふぅ・・・もっと声を聞かせてよ・・・」

「んんっ!!んん~っ!へ、変なのぉ・・・お尻・・・気持ちいいのに・・・いつもと・・・んあぁ!・・・違うからぁ・・・!!」

「大丈夫だよ・・・このまま前も弄ってあげるから・・・はぁ・・・、もっと感じて」

そして女性器のほうもぐちゅぐちゅと指でかき混ぜ、しばらく動かしていると、流石に射精しそうになってきた。

「はぁ・・・はぁ・・・もうイクよ、Lちゃん・・・このまま出すね・・・」

「んんん~っ!・・・い、イッて・・・いいよぉ・・・!あああ!!」

「はぁ・・・はぁ・・・う、うぅぅ!!!出る!!!」

私は彼女の尻を掴みながら叩きつけるように腰を打ちつけて、そのまま射精した。
彼女も自分で性器を弄っていて、しばらくすると彼女も達したようだった。

「ううぅぅぅっ!!!・・・ん・・・あぁ・・・ああ・・・」

「はぁ・・・はぁ・・・Lちゃん・・・イッたの?」

「はぁー・・・はぁー・・・うん・・・うん・・・んぁぁ・・・」

私は自分の性器を抜いて、コンドームも処理した。
そして彼女の横に倒れこみ、彼女を抱き抱えた。

「・・・どうだった?初めてのアナルセックス?」

「うーん・・・やっぱまだ慣れてないからなぁ・・・結局、まんこのほうでイッちゃったし・・・まだまだだね~・・・」

「そっか、まあこれからもやりたいなら少しずつ慣らせばいいんじゃない?」

「だね。◯◯は気持ちよかった?」

「まあね」

「他の娘ともヤリたい?」

「うーん、俺からはアナルセックスしたいとは言えないなぁ・・・」

私が答えると、彼女は笑いながら私の手を叩いてきた。
そうやって過ごしているうちに彼女は寝てしまい、夜食でも作っておこうと思い、私はそのまま布団を出た。

以上が、Lちゃんとのアナルセックスの話である。

<続く>