M子が潮を噴射して果てたあと、俺はビデオカメラを用意した。
ソファーに拘束したM子を解き、被せたパンティーを剥ぎ取り、今度は俺がソファーに座った。
そしてM子を俺の正面に立たせビデオの録画を開始した。

「散々気持ち良くなったんだから、今度はM子が俺にご奉仕しなさい」

そう言うとM子は跪き、フェラチオを始めた。
一度根元までチンポを咥え、涎まみれにしたチンポを、器用に舌を使って裏筋、亀頭、玉袋、隅々までレロレロと舐め上げていく。
チンポ汁が出るとチュルチュルと亀頭から直に汁を吸う。
ビデオの液晶越しに見るM子のエロいフェラチオがまたなんともたまらない。

「M子、今まで沢山咥えて来たんだろ?そのテクを見せてくれよ」

M子はチンポを頬張ったままこちらを見て頷いた。
いきなり凄い吸引力になり、チンポをジュッポジュッポと音を立て亀頭から根元まで出し入れを繰り返す。
俺のチンポも玉袋もアナルの方までM子の涎でびちょびちょになった。
M子は根元を手で掴み、口は亀頭をすっぽりと覆いながら手をシコシコと、口はジュルジユルと音を立ててしゃぶっている。
まるで全てを吸い取ろうとしてるかの様だ。
頭を左右に回転させ、手ではシコシコ。
M子の涎でクッチュクッチュとエロい音がする。
激しいフェラで感じてるのか、喘ぎ声も時折漏れる。
左手で涎まみれの玉袋を撫でてフェラを楽しんでるようだった。

「M子、ザーメンを出すから口を開けて舌を出してくれないか?」

M子はチュポッと音を立て、口を開けて目一杯舌を伸ばした。
手でシコシコシコシコとチンポを扱き、ザーメンが出るのをこちらを見つめながら待っている。

「来て」

M子の一言で俺は射精した。
口を飛び越えたザーメンはM子の顔に飛んだ。
M子は自分の顔からザーメンを集め、口の中でグチュグチュしてから飲み込んだ。
その後、ドクンドクンと脈打つチンポをバキュームフェラでお掃除。
すべてが終わるとニコッと笑い、満足な顔をした。

フェラで俺のザーメンを搾り取ったM子だったが、チンポが欲しくなったらしく、まだ勃起状態だった俺のチンポを手でシコシコしながら、「挿れてもいい?」と、ねだってきた。

(ちょっと虐めてみようか)

そう思った俺は、「もっとエロい言葉でオネダリして来たらいいよ」と返した。

「K君の硬いおチンチンを私の臭くてだらしのないマンコに挿入させてください。なんでもしますから」

そうM子は懇願してきた。
俺はM子のエロい姿をもっと見たくなり・・・。

「わかったよ。でもM子がオナニーをしてイッてから、たくさん挿してあげるよ」

そう言うとM子は立ったまま乳を揉みだした。
俺はビデオに納めようと録画を開始。
両手で乳首をギュッギュッと刺激し、快楽に顔を歪めている。

「乳首に涎を垂らして弄ってみて」

M子は口からトロトロっと涎を乳に垂らし、乳首をヌルヌルにして弄り回している。
なんてエロい女だろう。

「こんなオナニーをいつもしてるのかい?誰かの前でしたことはある?」

俺は聞いてみた。

「・・・。いつもはテレビ電話と同じで、誰かの目の前でオナニーはしたことない」

乳首をキュッキュと扱きながら答えるM子。

「オナニーは?変な言い方だね。他に何か変わったことをしたのかい?」

M子は脚を肩幅程に開き、右手の指先でマン毛を掻き分けている。

「前の浮気相手に・・・その、オシッコを・・・」

「詳しく説明しておくれ」

「ラブホで私のオシッコしてる姿を見せたことがあるの」

「ほう、どうやって?」

「彼の顔の前でアソコを開いてオシッコを見せたわ」

「なるほど。M子、オナニーの手が休んでるぞ」

俺はこの時、思った。
後で放尿させてみようと。
俺の言葉にふと我に返ったように、M子は右手で広げたマンコの割れ目に涎のついた左手を当ててクリをスリスリし始めた。

「よく見えないな。ソファーに座って脚を広げてしてくれ」

俺は立ち上がり、M子と場所を交代した。
M子は脚をソファーの上に乗せてM字になると、これでもかと言うほどマンコを広げた。
そして左手の中指で、勃起して皮から飛び出したクリをスリスリとしている。

「クリが勃起してマン汁がたくさん出てるぞ。気持ちいいか?」

「あんまりじっと見ないで。アッ!クリ気持ちいい」

「マンコに指を挿れてみなよ」

俺がそう言うと、待っていたかのようにM子は中指を一気に根元までマンコに挿入した。
あとでビデオを観る楽しみたいと思い、俺はM子に注文した。

「その中指をしゃぶって、また挿入してを繰り返してごらん」

M子の中指はマン汁、涎と交互に入れ替わる。

「舌を出して指を舐めてくれ」

これまた新たなエロスである。
美味しそうにマン汁を舐めた後、マンコに挿入を繰り返すのだ。
マンコには涎のついた指が挿入され、指についたマン汁を自分で掃除する。

「2本指を挿れて、右手でクリを弄って」

M子は言われるがままにそうした。

「今度はバックでしてるようになってオナニーってみて」

ソファーの上でケツを突き出し、アナル丸見えでオナニーをするM子。
そのM子のアナルを俺は舐めてやった。

「そんな汚い所、ダメ」

M子は嫌がったが・・・。

「もうM子の涎とマン汁まみれなアナルを舐めてるんだからいいだろ?」

「ううう~~」

言葉にならない声。

「指を抜いてくれ」

突然のことに、「えっ?」と言いながらM子は指を抜いた。
抜いた瞬間、俺のチンポをぶち込んでみた。

「うっあ~~~」

もうヌルヌル以上、グチュグチュと言うべきか。
M子のマンコは大洪水だった。
ハメ撮りをしながら、バックからM子のマンコを犯していく。
子供2人を産んでいるが、まだまだ現役のエロいマンコ。
キュッキュッとチンポを締め付けてくる。

「アッアッ」

M子は突く度に喘ぎまくる。
俺はだんだんと激しく突いた。
もちろんビデオを撮りながら。
そうやってかなりの間、マンコをチンポで犯した。

「おい。中に出すぞ」

「来て。アダシもイグ~~」

ここから見る光景はM子の背中と丸見えのアナルとチンポを出し入れされるマンコ。
M子は両手で乳を揉みながら、「イッグ~~~~」と一言。
俺も最高潮に達し、M子のマンコの奥でザーメンを出した。
M子はアナルをヒクヒクさせ、身体をビクンビクンビクンビクンさせ、またもやピャッと潮を出した。
俺はしばらくチンポでマンコに蓋をして、ザーメンが子宮に行くようにした。
俺がチンポを抜くと、すぐさまM子はチンポにしゃぶりついてきた。
ただ掃除をするだけでなく、本気のフェラ。

「私の味がする・・・」

そう言いながらM子はしゃぶり続けた。

<続く>