俺がまだ専門学生の時、アパートに住んでいたのだが、隣に30代後半くらいの女性が住んでいた。
安い家賃の代わりにボロく、4世帯が入居出来るが、その当時は俺とそのおばさんだけだった。
たまに会うと挨拶を交わすぐらい。
ただ、夜になると何やら喘ぎ声らしいのが聞こえてくる。
特には気にしてなかったけど、(エッチが出来て羨ましいなぁ)と思っていた。
毎晩毎晩、だいたい同じ時刻に聴こえてくるのだが、誰かが出入りしてる形跡はなかった。

ある夜、俺は友達と飲みに出掛けた。
その時に友達にこの事を話したら、「オナニーしてんじゃね?」って話になった。
その日の帰り、お店からお土産にたこ焼きを2つ貰ったので、1つお裾分けしようと思い、お隣さんの呼び鈴を鳴らした。
灯りは点いていたが、出て来ないので諦めて部屋に戻ると、声が聞こえてくる。

(やっぱりいるのかな?)

もう一度ピンポンを鳴らしたが、出て来ない。
仕方なく部屋に戻って飲み直してると、ウチの呼び鈴が鳴った。
開けるとお隣さんだった。

「呼び鈴、鳴らしました?」

「あ、はい!たこ焼きを多く貰ったので、もし良ければと思って」

「ありがとうございます!いただきます」

俺は酔ってたせいもあり、あの声の正体を聞いてみたくなった。

「ここ、夜になると変な声がしません?」

「あっ・・・」

言葉を詰まらせた。

「変ななこと言ってごめんなさい」

「それ・・・私の声かも知れません」

「えっ?」

あの声の正体はやはりお隣さんだった。

「俺は気にしてないので!おやすみなさい!」

「良ければ私の部屋で一緒に飲みません?」

俺はお言葉に甘えることにした。
寝室にベッド、リビングにソファーのある落ち着いた感じの部屋だった。
ソファーに座り、たこ焼きを摘みに飲みながら話をしてた。

「そういえば、夜はいつも何をしてるんですか?」

「言わなくてもわかるでしょ?」

「彼氏さんがいて羨ましいなぁ」

「私、彼氏なんていないよ」

(ということは・・・)

毎晩のようにオナニーしてんのかと理解した。
もちろん、それ以上は聞かなかったが。

次の日の夜、またいつもの声を聞いてムラムラした俺は、たまらなくなってお隣さんを訪ねた。

ピンポーン!

(やっぱ、出てこないか・・・)

ダメ元でドアノブに手を掛けると・・・。

ガチャ。

(開いた!)

俺はドキドキしながら音を立てないように入ってみた。

(ベッドかな?)

壁からそっと覗くと、薄暗くてよくは見えないが、やはりオナニーをしてるようだった。

「あの・・・ムラムラが直らないから見てていいですか?」

壁際から声を掛けてみた。

「入っておいで!」

電気の場所を知ってる俺は、ベッドの部屋の電気を点けた。
おばさんはベッドの上で裸になり、おマンコを弄っていた。
俺はズボンとパンツを脱いでギンギンになったチンポをしごいた。
壁から聞こえる声を直で、しかも生で見ながらシコれるなんて夢のようだった。
おばさんは、「あっあっああ~~、ハァハァ」とオナニーに耽っている。
クチュクチュピチャッピチャピチャと音を立てて。

「俺のオナニーも見て下さいよ」

俺はおばさんの目の前にチンポを出してシコシコした。
おばさんはチンポを見つめながらおマンコを弄り続けている。

「顔の上に跨がってオナニーして」

そう言われたので、俺は跨がってオナニーした。
おばさんの目の前にチンポが来るような感じだ。
次の瞬間、玉袋が突然ヌルっとした。

レロレロレロレロ!!!

なんと、おばさんが玉袋を舐め出した。

(もしかしたらフェラもしてくれるんじゃ?)

俺は前屈みになって、口の方にチンポを近づけていった。

パクッ!

おばさんはチンポを咥えると亀頭をチロチロ舐めた。
すぐに俺は我慢の限界に達してしまい、何も言わずにおばさんの口の中に精子を出してしまった。
おばさんは嫌がりもせず、飲んでくれた。

「まだ出来るよね?若いし」

「うん」

「じゃあ、私のおマンコに挿れて」

「でも、ゴムが無いよ」

「いいから」

俺は立ち上がり、おばさんの脚の間に移動した。
おばさんは脚を広げ、俺のチンポを待っている。

(どうせなら、よく見て、たくさん舐めてから挿れたいな)

俺はおばさんのおマンコに顔を埋めた。

「ダメ!汚い!」

モワ~~っと若い女の子にはない、熟成されたような香りがした。
俺はクンニに夢中になった。

「イヤ!あん、そこ気持ちいい」

おばさんはマン汁をたくさん出した。
おばさんは脚で俺をホールドしてクンニを続けさせた。
しばらくクンニを楽しんだ後、おばさんのおマンコに挿入する時が来た。

「挿れるね」

おばさんのおマンコが優しくチンポを受け入れてくれた。

「あっ」

「おおお~~」

チンポがおばさんのおマンコにゆっくりと入っていく。
奥まで挿して一旦止まったあと、俺はピストンをした。
ギシギシとベッドが軋み、おばさんのマンコはピチャピチャクチュクチュと鳴った。

「アッアッ、いい、アッアッ」

おばさんも腰を上下に振ってきた。
ピストンに合わせてリズミカルにギュンギュンしている。
俺はおばさんにキスをして、乳首を舐めた。

「イキそう」

「私も!」

俺はお腹の上に出してやろうと思ってたのだが、抜こうとした時におばさんの脚が俺の腰に巻き付いてきた。

ドピュッドピュッ!

間に合わず、中に出してしまった・・・。

「どうして?」

「大丈夫な日だから」

ドカンドクンと脈打つチンポにおばさんもビクンビクンしている。
これからは毎晩楽しみだなと思って、その日は帰宅した。