バツ1の親父が荒んだ男所帯に継母を連れてきた。
親父とは会話もなく関係ないと思っていたが、驚くほどの美人であった。

「百合です。よろしくね」

私とひと回り違う会社の元部下らしい。
話すことは少ないが、継母の百合がいるだけで家の中が明るくなった。
親の寝室から時々百合の悩ましい艶声が漏れ聞こえてくることがあった。

「年の離れた兄弟ができそうだね。親父も元気みたいだし」

「夫婦だからね。でも、できないわよ。ちゃんとしてるから」

少し赤い顔をしながら百合が微笑みながら答えた。
年が明け、親父がリストラ推進部へ異動したと聞いた。
お酒を飲んで帰ることが多く帰宅も遅くなった。
百合が溜息をつく。
疲れているようだった。
夜も元気がなく、軽いDVを受けたと百合が話してくれた。

「ひどくなったら教えてよ」と百合には伝えた。

夏を過ぎた頃、地方のリストラ調整とかで親父は短期出張が多くなり、「百合の話し相手になってくれよ」と珍しく話しかけてきた。

「分かってるよ」

2人だけの夕食でワインを飲み、ほろ酔い気分の百合が突然言った。

「彼女はいるの?」

「今の給料ではとても無理だね。そんなことより親父は元気なの?」

「相変わらず元気がないの。もう3ヶ月も相手をしてくれないわ」

「勿体ないね。気晴らしに外食でもしようか?」

「嬉しいっ、お願いね」

若々しい服装の百合と待ち合わせ、予約しておいた店で美味しい食事と楽しい会話を楽しんだ。

「久しぶりよ。独身みたい」

はしゃぐ百合はワインを飲みほろ酔い気分。

「親子ではなくて、年の離れた姉弟に見えるかしら」

「有閑マダムと若い不倫相手かもね?」

「アッハハッ。今日は楽しみましょう」

店を出ると百合が腕にもたれかかり、手を握ってきた。

「少し酔ったみたい」

恋人同士みたいに手を繋ぎ、酔い醒ましにウィンドウショッピングを楽しみながら散策していると、ラブホ街のネオンが見えてきた。

「休んでいこうか?」

百合は驚いた顔を向けたが・・・。

「お父さんに内緒よ、絶対に」

部屋に入ると、「キスして」と誘われた。
百合を抱き締め、胸を揉みながらディープキスを楽しんだ。
先にシャワーを使いベッドで待っていると、バスタオル姿の百合が横に滑り込んできた。
初めて見る百合の裸体。
熟した美味しそうな肉体に我が陰茎は素直に反応してしまった。

「若いわね」

百合がフェラを始めた。

「硬くて大きいわ」

百合の腰を引き付け、69で蜜壷に吸い付くと・・・。

「ウグッアッアウッウグッウッウウ」

艶声を出しながらフェラを続けた。
百合を仰向けにすると、自ら足を高く大きく広げ、M字開脚で誘ってきた。
濡れて輝く蜜壷に陰茎を宛てがう。

「百合、入れるよ」

「もうっ我慢できない、お願い、いっぱいして」

ゆっくりと百合の蜜壷深く届くように陰茎を挿入した。

「百合、生だよ」

締りのいい百合の蜜壷とは相性がいいみたいだ。

「いいの、アウッ、久しぶりッ」

百合に覆い被さると、しがみつきいてくる。

「嬉しいっ、アッイイッ~、奥まで来てるッ~」

両足を大きく広げ抱え上げた屈曲位で百合の蜜壷を激しく突きまくった。

「アウッ、そんなに激しくすると、アッアアッ、イッイクッ~」

百合の艶声を聞きながら・・・。

「百合イクッ、中に」

「アウッ、そのまま中に、アッ、イクッイクッ~」

しがみつく百合の蜜壷深くドックンドックンドクッドクッドックンと気持ちよくたっぷりと精液を注ぎ込んだ。
足を広げ、蜜壷から流れ出る精液をティッシュで拭く。
百合の痴態は絶景だ。

「親父がいない時ならいいだろう?」

「絶対に内緒よ」

家に帰り、「後でまた行くよ」と伝えた。
寝室に入ると百合は鏡台の前でお肌の手入れをしていた。
薄いネグリジェにノーブラでパンティが透けて見える。
我が陰茎はまたもや素直に勃起しテントを張り始めた。
百合に近づき乳房を揉み始めると艶声を出しながら振り向くので舌を絡ませながらキスを楽しんだ。

「もう一度したくなったよ」

ベッドに移り、百合を裸にした。
乳房を揉み、蜜壷を指姦し、足を高く開かせて蜜壷をたっぷり舐めた。

「アッアアッアウッイッイイッ~」

69になると百合は陰茎を握り締め、しごきながら淫唇と舌を使い、艶声を出しながら濃厚なフェラを続けた。

「硬いわ。入れるわよ」

硬く反り返っている陰茎を騎乗位で大きく足を広げ、濡れ輝く蜜壷に宛てがうと、百合は味わうように腰をゆっくりと落とし、蜜壷深くすべてを咥え込んでくれた。

「アウッ、硬くて大きい、イッイイッ~」

百合は足を押し開き、腰を上下に動かしながら陰茎を味わっていた。
大きな艶声を聞きながら陰茎にピッタリと締まる蜜壷を下から突きあげると・・・。

「ウッアウッイクッ~」

「百合、気持ちいい」

突く度に揺れる乳房を揉み、屈曲位で激しく突きまくり、蜜壷を堪能した。

「アウッアッアアッ~イイッ、もうっイクッ~」

覆い被さると百合がしがみついてきた。

「百合、中にイクッ」

「来てっ。イッイクッ~イッイイッ~」

ドックンドックンドクッドクッと百合の蜜壷深く精液を気持ちよく注ぎ込んだ。

「アウッアウッアッアアッ~」

歓喜の百合の艶声を聞きながら生中出しの余韻を味わった。

先日、百合の鏡台の引き出しにピルが入っているのをこっそりと確認した。
親父が出張の時は寝室で百合の蜜壷深く精液を注ぎ込み続けた。
だんだん百合の感度も増し、仰け反りながら蜜壷を締め付け、精液を受け入れてくれた。
私とのセックスの時の艶声は大きく甲高く、親父の時は小さく遠慮がちだ。

「私をこんな体にしたのはあなたよ。もう離れられない」

親父がお風呂に入っている間、リビングでフェラさせる。
緊張と快感の狭間で、百合は口内で射精を受け留めてくれた。

親父に留守を頼み、買い物に行くと言ってラブホで百合と体を激しく重ねた。

「今日は危ないの。外でお願いね」

フェラしながら言ってきた。
百合の体を弄び、蜜壷を激しく突く捲くった。
いつものように百合が蜜壷を締め付け始めた。

「百合、すごく気持ちいいよ、イクッ」

「アウッイイッ~、アッアッ、外で!危ないの、お願いっ!」

「イクッ!」

しがみつく百合の蜜壷深く、たっぷりと精液を注ぎ込んだ。

「アウッダメェ~、イックゥ~」

蜜壷から流れ出てくる精液を拭きながら・・・。

「できちゃうかも。中はだめって言ったのに」

その時はてっきり、ピルを飲んでいるものだと思っていた。
それからしばらくして・・・。

「生理が遅れてるの」

「え、ピルを飲んでいるんだろう?」

「2ヶ月前にやめたの。子供が欲しくて」

「・・・親父の子?」

「あなたの子よ。危険日の中出しはあなただけよ。お父さんとアリバイセックスはしたけど・・・」

「産むの?」

「ええ。年の離れた兄弟としてね」

リビングのソファで百合の蜜壷をバックで堪能していたら、親父から電話がかかってきた。
百合が話し始めた。
生理が遅れていることや病院に行くとか話していた。
百合の片足を持ち上げ、つい先ほど陰茎を突き刺していた蜜壷を舐めてやると電話の声が上擦っていた。
電話を切って百合が言う。

「もう、いたずらばかりして」

お返しフェラをしてもらい、バックで百合の蜜壷を突きまくり、そのまま中出しした。

「なんで親父と再婚したの?」

「お父さんに色々と相談しているうちに付き合い始めて子供が出来たの。そのときは堕ろしたわ。でも、その後で、『一緒に暮らさないか?』って言われたの」

「知らなかったよ」

「あなただけに言うわ。お父さんの前にも私、一度堕しているの。内緒よ」

「分かった」

「あなたのはお父さんのより硬くて大きいわ。癖になりそう」

「体の相性がピッタリみたいだね」

「お父さんにも話したけど、明日、病院に行ってくるわ」

・・・そして。

「3ヶ月ですって。あなたの子が宿ってるのよ」

珍しく親父が3人で外食すると言い出した。
妊娠が嬉しいみたいだと、私の精液を蜜壷に受け入れ続ける百合から聞いた。

「年の離れた兄弟が出来るぞ」

親父が嬉しそうに話し始めた。

「親父も元気だな。おめでとう、百合さん」

白々しいお祝いの言葉を伝えた。
もちろん、この後も百合との淫靡な関係は続いた。