これは私が高校3年生の時の話です。
私はバレー部に入っていまして、高校最後の大会に向けて頑張っていました。
同時にテストもあるため、勉強にも熱心に取り組んでいた春のことでした。

試験期間であるため部活もなく、家に帰り試験勉強をしようと、学校が終わるとすぐに学校を出ました。
すると、「おい!いい乳してんじゃねぇかよ!ちょっと遊んでいかない?」と金髪の高校生に声を掛けられました。
咄嗟に私は、その高校生が私の通う高校の近くにあるヤンキーが集まる高校の生徒だと制服でわかりました。
私は無視して、早歩きでその場から逃げようとしました。
すると、その人は私の肩を無理やり掴み、「無視ってんじゃねぇぞ!舐めやがってよ!!こっち来いよ!!」とヘッドロックのような感じで向かいにあるヤンキー高校に連れて行かれました。
しかも運が悪いことに、その道には誰も居なかったみたいでした。

抵抗虚しく、私はヤンキー高校の『野球部』と書かれた部室に押し込められました。
内側の鍵を掛けられ、「おい!そのデカい乳を見せろよ!無理やりされるか?大人しく言うこと聞くか?よく考えた方がいいぞ!!」と言われました。
私は体育会系の部活に入っていたこともあって負けん気もありましたし、こんな金髪の男の言いなりになりたくないと思い、服も脱がずに無視を貫きました。

するとヤンキーは、「抵抗すんだな!それならこっちにも手があるからな!」と部室に置いていたテーピングで私の腕と足を縛ろうとしてきました。
私は、「やめろ!変なことするなよ!!」と暴れましたが、ヤンキーの力は強くて無理やり腕を縛られました。
さらに足も押さえられて縛られました。

ヤンキーは、「どれだけ叫んでも、やらしい声で喘いでも大丈夫だぞ!今日はテストで誰も居ねぇし、元々外には声が漏れないように出来てる部室だからな!」と言いました。

私を犯そうとしているのは見え見えでした。
ヤンキーは私のおっぱいに手を伸ばすと、制服を脱がし、スカートを脱がせました。
私はブラとパンツだけの姿です。

「やっぱりいい乳してるじゃねぇか!何カップだよ?」

そう聞いてきますが、私は無視をし続けていました。
するとヤンキーは、「まだだんまりを決め込むのかよ!!殺すぞ!聞いてんのか?あぁ!!」と机を蹴飛ばしました。
するとカチャっと、何かが机の中から飛び出しました。
ふと私の足元に落ちたそれを見ると、ハサミとカッターナイフ、そして鉛筆でした。
ヤンキーはすぐにカッターナイフを拾って私の首元に近づけ、「答えろ!本当に殺るぞ!!」と脅してきます。
私は本当に命の危機を感じて、「Eカップです・・・」と言いました。
すると、「でけぇな!!じゃあ生で見てやるよ!」と私のブラの繋ぎ目部分をハサミで切って真っ二つにされました。
もちろん両方のおっぱいが飛び出ます。

「乳の形も最高!乳首もピンクで乳輪も俺好みだ!!」

興奮したヤンキーが私の両おっぱいを揉んできます。
どんどん揉む力も増してきて、乳首を舌で舐め転がしたり、吸ったりしてきます。
とにかく声だけは出さないようにしようと、私は懸命に声を我慢していました。

10分ほど舐めると、今度は指をチョキの形にします。
私は何をされるのかわからず、ただその光景を見ていました。
すると、そのチョキの指を私の乳首に近づけ、挟み込んで、乳首責めをしてきます。
私は不覚にも、おまんこがジュワっとするのを感じました。

(まずい、感じたのに気づかれる)という思いと、乳首が気持ち良いという2つの感覚に囚われていました。

さらにヤンキーは指はそのままで、私の口に舌を入れてきました。
私は抵抗しないといけないと思いながらも、すでに乳首責めを15分ほどされていたこともあり、脳が言うことを聞いてくれない状態になっていました。
舌を入れられて歯茎を舐められ、濃厚なキスをされます。
おまんこはもうジュワジュワが酷くなり、パンツが濡れ始めていました。
乳首責めとキスを20分ほどされて、徐々に身体が変化していることと、生まれて初めての快楽を味わっていることに気づきました。

(本当にマズい!)

そう分かっていても、身体が言うことを聞きません。
私は高校2年生の時に同級生の彼氏と初体験は済ましていたので、ちょっとホッとしている自分もいました。
ヤンキーは私の足を開かせ、今度はおまんこを責めようと私のパンツをハサミで切り落としました。
しかし足を閉じて縛られているせいでなかなかおまんこが見えなかったからか、バットを膝の裏に入れて足を無理やり開かせて、テーピングで固定されました。
私は開脚するような体勢になり、濡れ濡れのおまんこが剥き出しになっていました。

「おいおい!めっちゃ濡れてんじゃん!興奮してたんだな!俺のテクニックは最高だろ?」

ヤンキーは私の大陰唇を舐めてきました。

「アッ、ウゥーッ!ダメッ!!」

つい大きな声が出てしまいました。
これに興奮したヤンキーは大陰唇を舐めながら指をクリトリスに触れました。

「アァァ・・・ウッ!」

声も我慢出来ずに、喘ぎ始めている自分がいました。
さらに小陰唇を広げられて膣口に舌が入ってきました。

「ヤッ・・・そこは・・・ダメ~!!」

初めての感覚におまんこがヒクつきました。
さらにやらしい汁がダラダラと垂れている感覚がおまんこ全体に伝わってきます。

「おい!愛液が肛門にまで垂れてきてるぞ!何だ、このヌルヌルは?」

意地悪く聞いてきます。
私は快楽に昇りつめる寸前で、咄嗟に「おまんこ汁です!!」と答えていました。
ヤンキー男のテクニックは高校生とは思えないほどの大人びた性技でした。
さらに膣口に舌をほぼ全部入れて、全体を指で広げたりしてきます。
しばらく舌を入れられて抜かれました。
それと同時に尿道口から大量のおしっこが噴出してしまいました。

「おい、てめぇよ!どこでしょんべんしてんだよ!!後で拭いてもらうからな!しょんべん臭い部屋になったじゃねぇかよ!」

ヤンキーに恥ずかしい言葉で詰られましたが、気持ち良さとおしっこの解放感で、私はぐったりとした状態になっていました。

その後、おまんこに指を入れられかけた時です。
ドンドンっと部屋を叩く音がしました。

私は、「助けて~、助けて下さい!」と、咄嗟に叫んでいました。

「せっかくいい所なのに誰だよ、ったく!」とヤンキーは渋々立ち上がり、ドアの鍵をそうっと開けました。
するとドアの向こうには、190センチくらいの大男が立っていました。

「おい!お前、何してんだよ!!」

と、部室のドアよりデカい男が首を屈めて部屋を覗きました。
その瞬間、私と目が合います。

「また女を連れ込んだのかよ?そういう時は、ちゃんと俺にも連絡しろよ!」

大男は部室に入るなり服を脱ぎ、鍵を掛けました。
望みは消え、また1人、厄介な相手が加わりました。
大男のおちんちんは大男に相応しい巨大なモノでした。
私の裸を見て、その巨根はビンビンに立って、呼吸をしているように動いていました。

「まだ前戯が終わってねぇんだよ!」

ヤンキーは私のおまんこを広げると膣口に2本、指を入れてきます。

「アァァーーー!気持ちい~~~!」

しばらく放置されていたことで、おまんこのネジが壊れたような快感に私は襲われました。
さらに指で掻き回されて、グチョグチョという音とともに、ピュッピュッと潮らしきものが飛んだのもわかりました。
大男もそれに興奮したのか、私の口に巨大なおちんちんを突っ込みました。

「ウゥ!オッッ」

巨大なおちんちんは私の口には収まり切らず、嘔吐感が迫ってきました。
おまんこは掻き回されていて抵抗出来ないし、大男は私の子宮辺りを押し付けてきます。
凄い快感に、おまんこから子宮が飛び出すのではないかというほどになりました。

「グゥワーーー!もう・・・無理!無理」

私は叫んでいました。
おまんこは膣口から尿道口から汁がダダ濡れ状態で、薄いマン毛もワカメのように張り付いていました。
ヤンキーは、自分の指に付いた私のおまんこ汁を顔になすりつけてきました。
大男は巨大なおちんちんを突っ込んできました。

「ギャアーーーー!ウァーー!」

私は部室全体に響き渡る大声で叫んでいました。
膣癖がえぐられて子宮を引っ張られているような感じでした。
ズンズンと膣全体を巨大なおちんちんが容赦なくピストンしてきます。
突かれる度に、おまんこからはどこから出ているのか分からないほどの汁が垂れてきます。
意識が無くなるほど突かれました。
目が覚めるとヤンキー男がおちんちんを突っ込んで腰を振り立てていました。
いつの間にか手足の拘束は解かれていました。
パンパン突かれて、私は絶叫しながら「イクイク」の連呼です。
大男に比べればかなり小さいはずのヤンキー男のおちんちんでさえ、私はすぐイクような身体になっていました。

結局、3時間にも及ぶ長いレイプは、大男の「そろそろ校門が閉まるぜ」の一声で終わり、私は開放されました。
私はしばらく動けずにいましたが、トボトボと家に帰り、このことを両親に話すか悩みました。
普通なら警察に訴えたほうがいいに決まっていますが、私は自分が、とても恥ずかしくて悪いことをしたという気持ちに包まれていました。
幸い妊娠していなかったですし、新しい快感も知りましたし・・・。

今回、こうしてお話するまで、誰にも話したことがありません。
28歳となった今でも、あれほどの快感を得られたセックスは、あのときのヤンキー男のテクニックだけでした。