私は小さい頃からおばあちゃんと一緒に暮らしていました。
中学生の頃、漫画の中で女の子が大人の女の人に恥ずかしそうに裸を見せたり、部屋で1人でパジャマのズボンを下ろして、お尻を突き出す形でイチゴ柄のパンツを出す場面を見て、異常に興奮を覚えました。

その頃から、(私も誰かに恥ずかしい姿を見られたい)という願望が生まれ、自然に私のおばあちゃんに見られたいと思うようになりました。
おばあちゃんは昔から優しくて大好きなんですが、そんなおばあちゃんに私のいやらしい姿や恥ずかしいところを見せてみたくなったのです。
そして、いけない妄想をするようになりました。

私がお風呂から上がった時に偶然、脱衣所におばあちゃんが入ってきて、裸や下着姿を見られたい。
恥ずかしい体勢で、お尻の穴に指を入れられたい。
2人で外へお出かけした時に、大勢の人とおばあちゃんの目の前で私がお漏らししてしまい、恥ずかしがっている姿を見られたい。
オナニーしているところも見られたい・・・。

だんだん私の妄想はエスカレートしていきました。
自分のおばあちゃんでも、以前は裸や下着姿を見られるのは恥ずかしかったのに、今では見て欲しい気持ちが強くなりました。
だから時々、お風呂上りは下着姿やタオルを巻いたままで、見せつけるようにおばあちゃんの前をウロウロしています。

「年頃の女の子がはしたないわよ」と叱られても、ついやってしまうんです。

恥ずかしいのですが、私はお尻の穴に指を入れてオナニーするのが気持ち良くて大好きなんです。
だから、漫画で見た女の子みたいに、恥ずかしがりながら裸を見せて、そのままお尻の穴に指を入れられたい、なんて考えたりしました。

ある時、小さい頃にじん麻疹になって身体中にクリームを塗ってもらったことを思い出しました。

「何だか身体が痒いの」と、おばあちゃんに背中からクリームを塗ってもらって、「お尻の穴も痒いの・・・」って言ったら、触ってもらえるかもしれない・・・。

「お尻がかぶれちゃったかもしれないの。なんだか痒いから、お尻の穴にお薬を塗って欲しいの」ってお願いしたら、恥ずかしい体勢で、おばあちゃんにお尻の穴を見られながら、いっぱい触ってもらえるかもしれない・・・。

布団の上で正座して前屈みになり、自分でお尻を広げて、指で優しく撫でるように塗ってもらうんです。

「ちほちゃん、まだ痒い?」

「んんっ・・・、気持ちいい・・・。きゃっ、変なこと言っちゃった・・・!」

そう言いながら私はきっと顔を赤らめるんです。
小学生の頃に高熱が出て寝込んだ時はお風呂に入れなくて、代わりにタオルで身体中を拭いてもらったことがあります。

今でも熱が出た時にお願いすれば、身体中拭いてもらえるかな?
身体中の汗や、汚れたところを・・・。
え、私、お尻やアソコも拭かれるの?
やだ、恥ずかしい。
でも、おばあちゃんにだったら、色んな所を見られたい・・・。

私は様々な恥ずかしい場面を妄想しました。
それだけで興奮してオナニーしてしまいます。

そして、中学3年生の年のクリスマスの夜のことです。
小学生の頃に穿いていたパンツのお尻の穴の部分に穴を開けて、おばあちゃんに見せることにしました。
小さな子ども用の、お尻の部分に可愛らしい絵柄がプリントされている綿のパンツです。
その何日か前から時々、年齢に合った下着じゃなくて、キャラクターやお花などの可愛い絵柄の子ども用パンツを穿くようにしていました。
おばあちゃんも洗濯物を干す時に、私がそういうパンツをまだ穿いていると気づくはずです。

中学生なのに子ども用のパンツを穿くのって、とっても恥ずかしいんです。
でも、おばあちゃんには知って欲しい・・・。
私が最近、子ども用のパンツを気に入っているってことに気づいて欲しいんです。
子ども用パンツを穿くだけで私は興奮して濡れてしまいます。
アソコが濡れるとパンツの柄のせいで、小さな子どもがおしっこを漏らしたみたいに見えます。

お風呂に入る前にトイレに行きました。
洗面所のすぐそばにトイレがあるのですが、私が用を足している時に、そこでおばあちゃんが何か探し物をしています。
なかなかそこから離れません。
しばらくして私がトイレから出た後で、おばあちゃんもトイレに入りました。
まだ私が用を足した後の匂いが残っているはずです。
普段は用を足している音をおばあちゃんに聞かれたり、私が出た後のトイレの匂いを嗅がれると恥ずかしいのに、この時はあまり嫌じゃないような、むしろ少し嬉しかったような気がします。

お風呂ではしっかり身体を洗いました。
シャワーを浴びながら、これから自分がすることを考えると興奮しました。

(着替えている時に、おばあちゃんが入って来ないかな。今なら、私の裸を見られてもいい・・・)

お風呂からあがり、さっき用意した穴の開いたパンツを穿きました。
穴に指を入れると、お尻の穴に当たるようになっています。
そしてお気に入りの可愛いパジャマに着替えました。
私はドキドキしながらおばあちゃんがいる台所に向かいました。

「おばあちゃん、このパンツね、久しぶりに穿いてみたんだけど、小さくなってないか見て欲しいの・・・」

パジャマのズボンを少しだけ下ろして、チラリとパンツを見せました。
興奮と緊張で声は少し震えていたと思います。
おばあちゃんは洗い物の途中でしたが、見てくれました。
私はドキドキしながら背中を向けて、おばあちゃんの目の前で、パジャマのズボンをゆっくり膝まで下ろしました。
パンツを見せるだけなら膝まで下ろす必要はないのに、わざと恥ずかしい格好になりました。
そして、お尻を突き出しました。
胸の高鳴りがさらに強くなります。
家の台所で、おばあちゃんに向けて子ども用のパンツを穿いたお尻を突き出している。
そんな状況に何とも言えない興奮を感じました。

おばあちゃんは、「少し小さいみたいね」と言いながらも、パンツの穴にはなかなか気づきません。
私は声を震わせながら、「もっと下から見て・・・」と呟きました。
パンツの穴に気づいたらしく、その部分を指で探りました。
おばあちゃんの指が私のお尻の穴に当たりました。

「んっ・・・」

思わず声が漏れます。
おばあちゃんは、「穴が開いているわ」と言いました。
小学生の時のパンツを久しぶりに穿いて、私のお尻が少し大きくなったから穴が開いた。
そう思われるようにわざと穴を開けたのです。

「もう小さくなって穿けないみたいね」

そう言われたので私は脱衣所でパンツを脱ぎ、手の中に丸めて台所に戻り、おばあちゃんに渡しました。
ただ捨ててもらうだけなのに、わざわざおばあちゃんにパンツを手渡しするって、少し恥ずかしかったです。
もちろんパジャマのズボンは脱衣所にわざと置いてきて、下は何も穿いてない状態です。
片手で上のパジャマの裾を引っ張ってアソコの毛が見えないようにしました。
そして小さな子どもがおねだりするみたいに人差し指の先を少し咥えて、「あのね、さっきのことは恥ずかしいから、他の人に言わないでね・・・」とお願いしました。
おばあちゃんはニッコリと笑って、「うん、大丈夫よ」と優しく言ってくれました。

この日の出来事は、とても恥ずかしかったけど、嬉しかったです。
やだ、恥ずかしいのに嬉しいなんて・・・。

私は自分の部屋に戻ってからもずっとドキドキしていて、さっきのことを思い出してオナニーしました。
おばあちゃんにパンツを見せた時、きっとアソコは濡れて染みになっていたと思います。
おしっこで濡れているって思われたかもしれないし、もしかしたらエッチな気持ちになって感じているって気づかれたかもしれません。
考えただけで恥ずかしくて興奮してしまいます。
いけない事だけど、私にとっては最高のクリスマスでした。
今でもこの日の出来事を思い出してオナニーしてしまいます。

私はますます、(お尻の穴に指を入れて欲しい)(オナニーしているところを見て欲しい)と思うようになりました。
偶然オナニーしているところを見つかったとき、おばあちゃんにずっと見て欲しかったことを告白して、イクところまで見て欲しいのです。
誕生日にお願いしたら、見てもらえないかな?
お風呂から出た後、おばあちゃんの部屋に行って、正座してお願いするんです。

「おばあちゃん。今年はね、プレゼント何もいらないから、一つだけ私のお願いを聞いて欲しいの・・・。あのね、恥ずかしいんだけど、私のオナニー、見て欲しいの。ごめんなさい。怒らないで。おばあちゃんに私の恥ずかしい姿をずっと見て欲しかったの」

おばあちゃんの部屋で上のパジャマを脱ぎ、おっぱいを見せます。
これだけでも恥ずかしいのに、焦らすように少しずつ脱いでいきます。
そして次はパジャマのズボンをずらし、いつも1人でしてるみたいに、パンツの上からアソコを触りはじめるんです。
小さい頃から一緒に暮らしている大好きなおばあちゃんに、こんなはしたない姿を見せるなんて・・・。

「エッチでいやらしい子に育ってごめんなさい。おばあちゃん、私のオナニー、見てください・・・」

そしてパンツを足元までずらして、アソコもお尻の穴も丸見えになるように大胆に脚を広げます。
おばあちゃんに見られながら私はオナニーを続けます。

「いつも私、こうやってオナニーしてたの。おばあちゃんに見られているのを想像して・・・」

今度は背中を向けて、お尻を上に突き出して、腰をくねらせて激しく揺さぶります。
おばあちゃんの視線を感じながら片方の手でアソコを、もう片方の手の指でお尻の穴を弄くって何度もイッてしまう私。

「おばあちゃんに見られて気持ち良かったよ・・・。ありがとう。私のオナニー、いやらしかった?」

もし誕生日にオナニーを見てもらえたら、その日はおばあちゃんの布団の中で一緒に寝るの。
私は裸のままだけど、おばあちゃんの布団の中は温かいから平気・・・。

家に1人でいる時は、おばあちゃんの部屋にこっそり入ってオナニーすることもあります。
おばあちゃんが帰ってくる時間を見計らって服も全部脱いで、布団の上で大胆な姿勢で妄想オナニーをするのです。

もうすぐおばあちゃん帰ってきちゃう・・・。
早くやめないとオナニー見られちゃうよ・・・。
でも、おばあちゃんに私の恥ずかしい姿を見て欲しい・・・。

気持ち良さのあまり、オナニーに夢中になる私。
そのとき部屋の障子が開き、買い物から帰ってきたおばあちゃんにオナニーが見つかってしまう。

「あ、おばあちゃん・・・!あの、ごめんなさい・・・。おばあちゃんの部屋でオナニーすると、いつもより気持ちよくて・・・」

そのまま私はおばあちゃんの目の前でさらに激しくアソコを弄り、絶頂を迎えるのです。
おばあちゃんの部屋でオナニーすると普段より興奮できるのですが、実際はいつも見つかるギリギリの所でやめてしまいます。
すぐ隣の部屋におばあちゃんがいる時や、居間でうたた寝しているそばでパンツをずらしてオナニーすることもあります。
わざと大胆な体勢になるほど、見つかるかもしれないスリルがあってドキドキできるんです。
自分の部屋でオナニーする時も、わざとドアを少し開けておく時があります。
もしかしたらおばあちゃんが通りかかって、見つかるんじゃないかと期待しちゃうんです。

おばあちゃんは優しいから、お願いすれば私のオナニーを見てくれるかもしれないけど・・・。
淫らな私に対して、お尻を叩いたりしてお仕置きしてくれるかもしれません。

そう考えると、さらにいけない妄想をするようになりました。
おばあちゃんは優しいので普段は叱られたりしませんが、幼い頃は時々、悪いことをするとお仕置きされることもありました。

わざとおねしょとか、お漏らしをしてみようかな。
そしたら小さい時みたいにおばあちゃんにお尻を叩かれて、お仕置きしてもらえるかもしれない・・・。

おばあちゃんがいない時に、お風呂場や便器に座って、下着をつけたままおしっこを漏らすこともあります。
学校の予備の制服を着て、スカートの上から股間を押さえて、わざと汚れるようにお漏らしをするのです。
2人で外に出かけて、人が大勢いるデパートや公園で、私がお漏らしするところを想像したりして・・・。

やだ、我慢出来ない・・・。
おしっこ、漏れちゃう。
周りに人がたくさんいるのに。
おばあちゃんがそばにいるのに・・・。

ジワっとおしっこが溢れ、脚を伝い、制服のスカートが濡れていきます。
お尻から地面にへたりこんで恥ずかしがる私。
周りに人集りが出来ます。

どうしよう、恥ずかしい・・・。
中学生なのにお漏らししちゃった・・・。
みんな見ないで・・・。
おばあちゃんの目の前で、おしっこ漏らしちゃった・・・。

おばあちゃんなら、こんな事があってもきっと優しく慰めてくれると思います。
でも今は、お仕置きして欲しいんです。
お風呂やトイレでお漏らしした後、パンツやスカートは汚れているのですぐに洗わなきゃいけないんですが、おしっこで濡れた格好のまま、お仕置きされる場面を想像してオナニーするのがたまらなく気持ちいいんです。

どんなお仕置きをされるのかな・・・?
小さい頃みたいに、おばあちゃんの膝の上で制服のスカートを捲られて、何度もお尻を叩かれるのかな・・・?
お漏らししたパンツの上からおばあちゃんにお尻を叩かれている自分を想像しました。

(いやぁ、恥ずかしい。おばあちゃん、お漏らししてごめんなさい)

中学生にもなってお漏らしするいけない子だから、恥ずかしいお仕置きはたくさん必要です。
庭の物置に連れて行かれて、反省するまでたくさんお仕置きをされることも想像しました。
私はズボンとパンツを足元まで脱がされ、壁に手をつかされます。
真っ暗な部屋でお尻を叩かれながら、私はおばあちゃんにお願いするんです。

「ごめんなさい、おばあちゃん。小さい頃みたいに、たくさんお尻を叩いてください。いけない私に、もっと恥ずかしいお仕置きをしてください。恥ずかしいことが好きないやらしい孫娘に育ってしまってごめんなさい。たくさんエッチなお仕置きしてください・・・」

子どもの頃のように、何度もお尻を叩かれて感じちゃう私。
お仕置きされているのに悦ぶから、さらに強くぶたれます。

(でも、もっと恥ずかしいエッチなお仕置きって、どんなことをされるんだろう・・・?)

また、いけない妄想が止まらなくなりました。
中学生になっても外でお漏らししちゃういけない私は、おばあちゃんに人がたくさんいる公園に連れて行かれます。
そして小さい子どもを連れたお母さん達の前で、お尻をいっぱい叩かれるんです。
ミニスカートを捲られ、パンツをずらされ、ベンチの上で私はおばあちゃんにお尻を叩かれるんです。

みんなの前でお尻を叩かれて、こんなの恥ずかしいのに感じてきちゃう。
もっと強く叩いて!
いつまでも続けて!
みんな見て、私の恥ずかしい姿を。
私は中学生にもなってお漏らししちゃういけない子です。
お仕置きされてるのに感じちゃう、いやらいい子なんです!

さらに私は、もっとエッチなお仕置きされることを望んでしまいます。
おばあちゃんに自分からお仕置きをお願いすることを考えるようになりました。
おばあちゃんが相手なんだから、正座してちゃんとお願いしなきゃいけません。

「おばあちゃん、エッチな孫娘の私を・・・お、犯して・・・ください。自分のおばあちゃんに恥ずかしい姿を見られたがってる、変態孫娘の私をお仕置きしてください。私はいつもおばあちゃんに見られることを考えてオナニーしたり、わざとお漏らしして感じちゃうエッチな女の子です。こんな孫娘でごめんなさい。おばあちゃんにお尻の穴やアソコを・・・指で、たくさん弄って欲しいんです」

私はおばあちゃんに指を激しく動かされて、アソコを刺激されるんです。
クチュクチュといやらしい音が部屋に鳴り響きます。
でも焦らされて、イキそうになる前に、おばあちゃんの指の動きが止まります。

「いや、やめないでください。おばあちゃんの指で、たくさん気持ち良くしてください」

その後、さらに体勢を変え、私は四つん這いでお尻を突き出しました。
自分でお尻の穴を広げて、おばあちゃんに恥ずかしい言葉を言いました。

「わ、私のお尻の穴に・・・おばあちゃんの指を入れてください。い、いえ、汚くありません。ちゃんとキレイに洗いました。あなたの孫娘は、お尻の穴で感じるドスケベな女なんです。だからお願いです。あのクリスマスの夜みたいに、おばあちゃんにお尻の穴を触って欲しいんです。今度は、もっと奥まで指を入れて下さい」

おばあちゃんは指で私のお尻の穴の周りを少しずつ撫で回し、指を入れていきます。
アソコを弄られた時に愛液がお尻の方まで流れていたから、滑るように奥まで入っていきました。
私は気持ちよさのあまり腰を震わせます。

「おばあちゃんの指、凄く気持ちいいです・・・もっと激しく掻き回してください・・・」

やがてアソコとお尻の穴を同時に私は責められます。

「おばあちゃん!私は淫らな雌犬です。自分のおばあちゃんに犯されてよがってます!びしょ濡れのオマンコも、いやらしいお尻も、私の全てを見てください!ア、アァン!私、イキいそうです・・・。女同士なのに・・・自分のおばあちゃんなのに・・・。アン!アン!おばあちゃん!おばあちゃん!イカせてください。私のイクところを・・・見て下さい」

妄想で絶頂に達した時は、頭の中が真っ白になりました。
本当にオナニーを見られたり、人が大勢いる場所でお漏らししている姿を見られたり、こんなお仕置きをされたらどうなるかわかりませんが、私は今日もおばあちゃんに恥ずかしいところを見られたい気持ちでいっぱいです。