20年くらい前、高1の夏休みの時の出来事です。

夏休み期間中は、友達と何回か近所の市営プールに遊びに行ってたけど、たまたまその日は友達と都合が合わず、1人でプールに行くことにしました。
水着は、ちょっと過激なやつを穿いてみたくて、その年はビキニを穿いてました。
スポーツ洋品店で購入した遊泳用のビキニはネイビーブルー地で、ウエストのラインやビキニラインの縁はグリーンのバインダーゴム。
見た目はちょっと地味な色だけど、ビキニ自体は浅く小さく、横の幅も2センチ弱くらいのやつです。
俺のチンコはちょっと大きくて太めだったので、ビキニを穿く時はサオを斜め45度くらいにしてビキニの中に収めてました。
当然、もっこりは大きく膨らんでいて、中1から亀頭が剥き出しになってたから、ビキニにはカリの段差が浮き出てました。

プールで泳いでいると、遠くから俺を呼ぶ声が・・・。

「Kく~ん!」(←俺の名前です)

流れるプールの後ろの方から、中学の同級生のY美とR恵の2人でした。
Y美とR恵は同じ女子高に通っていて、2人が着てた水着も同じブルーの競泳水着でした。

Y美「あれ?1人なの?」

俺「うん。みんなバイトとか部活だから・・・」

しばらく一緒に遊んだ後でプールから上がると、Y美とR恵が・・・。

Y美「えー、ビキニじゃん」

R恵「K君ってそういうの穿くの?」

俺「今年の夏からね。もう何回も穿いてるよ」

Y美「凄いちっちゃいパンツじゃん」

R恵「K君、ビキニが似合うね」

なんて言ってくれたけど、じろじろ見られるとやっぱり恥ずかしい。
プールから上がった直後なので、もっこりが凄いくっきりしてたので、当然見られたはずです。
Y美とR恵の水着も肌にピタッと張り付いた感じで、2人のバストトップの所に小さくポチッてるのが見えてました。
Y美の胸はEカップ(後で聞いて分かりました)と大きく、R恵は小さめでした。
Y美は中学の時から胸は大きかったですが、競泳水着を着てると身体のラインや凹凸がはっきりと分かるので、Y美の巨乳にちょっと反応してしまいました。

プールから帰る途中にカラオケ店に寄り一緒に歌ったりして、8時頃に店を出て一緒に帰りました。
途中、R恵とバイバイしてY美と2人だけになった時です。

Y美「K君、さっきのビキニ・・・凄かったね。R恵が、『K君のもっこり大きいね』って言ってたよ」

俺「えー・・・、恥ずかしくなるから言うなよ」

Y美「ねえ、もしかして下着もビキニとか?(笑)」

俺は元々パンツはブリーフ派だったので、高校に進学したのを機に、普通のブリーフから前閉じのビキニブリーフに変えました。
水着同様に浅く小さめのやつで、グレー地や薄いブルー地のやつや、グレー地に英字新聞柄のちょっと派手なやつも穿いてました。

俺「えー・・・、うん。もうちょい格好いいブリーフにしたかったから。俺、ブリーフ派だし」

Y美「マジで!ねえ見せて」

俺「やだよ!」

Y美「じゃあ、私のも見せてあげるって言っても?」

俺「えっ・・・、だって、見せるってどこでだよ?」

Y美「いい所があるから行こっ!」

Y美と一緒に行ったのは母校の中学校の非常用階段の3階と4階の間の踊り場でした。
蛍光灯が点いていたので真っ暗ではありませんでした。

Y美「ここならいいでしょ?誰も来ないから。ねえ、見せて見せて」

その日は一番気に入ってる英字新聞柄のビキニブリーフだったので見せてあげることにしました。

俺「ちょっとだけだからな」

ズボンのベルトを外してチャックを下げてチラッと見せました。
Y美が前屈みになって俺のパンツを見ると・・・。

Y美「ねえ、ズボンを下ろして、もっと見せて」

俺は渋々ズボンを下ろしてビキニブリーフ全体をY美に見せました。

Y美「わぁー凄い派手なの穿いてるじゃん!」

俺「もういいだろ」

Y美「もうちょっと・・・やっぱりもっこり大きいね。ちょっと触ってみてもいい?」

俺「ダメだよ。もうお終い」

Y美「K君は私のに触りたくないの?」

俺「・・・ホントに触っていいの?」

Y美「うん、いいよ。だからK君のを触らせて」

Y美は右手でもっこりにそっと手を当てて、ゆっくり撫で回したり、軽く揉んできました。

Y美「大きいね。凄~い」

気持ち良くて勃起し始めてきました。

Y美「あ・・・大きくなってきた。気持ちいい?」

俺は軽く頷いてY美の手に包まれてるもっこりを眺めてました。
勃起して大きくなったサオがウエストのゴムを持ち上げ始め、今にもビキニブリーフからはみ出しそうだと思った時、先っぽの亀頭が出てきてしまいました。

Y美「あ、出ちゃってる。ここ凄い段差になってるね」

Y美が亀頭のカリを指先で弾くように触ってきたら更に大きく勃起して、サオの半分くらいがビキニブリーフからはみ出るくらいになってました。

Y美「K君、ここ敏感なんだ」

俺「ハァハァ・・・うん」

Y美「水着を穿いてた時に、この段差が浮いてたよ。エッチだね、K君って」

Y美には(たぶんR恵にも)、ビキニにカリが浮き出てるのが分かってたみたいでした。
Y美がもっこりを触りながら立ち上がると俺にキスしてきました。

Y美「ねえ、触って・・・おっぱい見てもいいよ」

Y美がまたキスをしてきました。
俺も興奮してきたので舌を絡ませようとしたら、Y美もそれに応えてくれました。
俺はY美のTシャツをたくし上げ、両手でブラジャーの上からおっぱいを揉みました。
ブラジャーの上からでも充分に大きく柔らかいおっぱいなのが分かりました。

俺「おっぱい・・・見てもいい?」

Y美は軽く頷いて、「いいよ」と言ってくれました。
俺は少し中腰の姿勢になって、Y美の薄いブルーのブラジャーのカップ部分を上に持ち上げました。
Eカップの巨乳が弾けるようにカップからブルンッと飛び出し、おっぱい全体が露わになりました。
乳輪は大きめですが綺麗なピンク色で、その中心に小粒の可愛い乳首ありました。
大きめの乳輪がなんともエロいおっぱいです。
俺はY美のおっぱいを夢中で揉んでましたが、乳首を舐めてみたくなりました。

俺「乳首、舐めていい?」

Y美「K君のエッチ・・・でもいいよ」

ピチャピチャとやらしい音を出しながら乳首を舐めたりしてると、乳首がツンッと尖ってきたので、チュッと乳首を吸ったり、指先で乳首をコリコリしていたら・・・。

Y美「アッ・・・ウウン・・・、そんなこと・・・K君にも・・・」

Y美は俺の前でしゃがんで、ビキニブリーフの前の部分をグイッと下げて亀頭にキスした後、サオ全体を舐め回すようにしゃぶってくれました。

俺「ハァハァ、アッ・・・イキそう」

あまりにも気持ち良くてイキそうになってしまったので、すぐにY美の口からチンコを離し、壁に向かって発射しました。

Y美「気持ち良かった?してあげてる時のK君、すっごく気持ち良さそうな顔してたよ」

俺「うん、気持ち良かった」

Y美「自分でするよりも?K君もしてるんでしょ?(笑)」

俺「スケベだな」

Y美「また一緒にプール行こっ。今度は2人で・・・またビキニを穿いてね」

俺「男のビキニ、好きなの?」

Y美「うん、大好き。ビキニっていうか、もっこりがね(笑)」

Y美とは高校を卒業するまでの2年半くらい付き合いましたが、その間に何回もエッチしました。
その様子はまた機会があったら書きたいと思います。

<続く>