中3の時の、とあるゲームセンターで知り合った女の子との話です。

そこは結構よく行く所で、初音ミクのコスプレをした店員さんがいました(以後、『初音』)。
初音はコスプレをしているのにロリ系ではなくお姉さんという感じで、ミニスカがエロ似合っていました。

(初音とエッチなことがしたい)

その思いが大きくなり、あることを実行しました。
まず景品をとり、「取り出し口から出せない」と言って初音を呼びました。

「おめでとう」と言いながら取ってくれます。

景品を取ってもらい、俺はこう言いました。

俺「それって初音ミク?」

初音「そうよ」

俺「ミニスカって恥ずくない?・・・例えばパンツを見られるかもとか」

初音「う~ん、・・・まぁちょっとね」

俺「コスプレ、好きなの?」

初音「うん」

俺は初音の耳元で言いました。

俺「パンツ見せて」

初音「え・・・?」

完全にキョドっていました。
まさかこんな展開になるとは初音も思わなかったのでしょう。
でも、初音はOKしてくれました。

初音「じゃあ、トイレ行こっか!」

そう言われて男子トイレへ。
2人で個室に入りました。

俺「じゃあ早速」

俺は初音のスカートを捲りました。
今でも覚えています、ピンクのTバックでした。
じっと見ていたら、初音が俺の手を導いてマンコを触らせました。
もう心臓はドキドキです。

俺「パンツ、脱いでみて」

ダメ元で言ったら本当に脱いでくれました。
俺は童貞だったけど、AVくらいは観たことあったので、指をマンコに入れてみました。
クチュクチュという音が聞こえ、とてもいやらしかったです。
しばらくすると初音が喘ぎ始めました。

初音「ねぇ、チンコ・・・入れて?」

何も考えずにすぐに挿入しました。

初音「わぁ、すっごくおっきい」

濡れていたからすんなり入りました。

初音「アン!アン!!・・・気持ちいい・・・エッチしたこと・・・あるの?」

俺「ないけど、AVなら観たことある」

初音「本当?・・・す、すごく気持ちいいよぉぉ・・・」

トイレ中にパンパンとエッチな音が鳴り響きます。

俺「おっぱい・・・揉みたい」

初音「いいよ」

Cカップぐらいでしたが、形が良くてとても柔らかかったです。
俺がおっぱいに吸い付くと、初音はさらに喘ぎ出しました。

初音「アァァ!!!ンンんん!・・・」

俺「ねぇ、もうイキそう・・・」

初音「待って!!・・・もう少しだけ」

頑張って踏ん張りましたが、すぐに限界が来ました。

俺「ダメ・・・もうイク」

初音「アッ!アッ!!アッ!ンンン!私も・・・イク・・・イク!イクゥゥゥゥ!!!」

同時にイキました。
たぶん今までで一番、1回で出した量が多かったと思います。
2人でベチョベチョになったトイレを綺麗にして帰りました。

その後も何度か初音とトイレでやりました。