今月の話です。
友達と2人で某人気プールに行きました。

私は中学生で、その日は黒ビキニに白と赤のラッシュガードを着て行きました。
背が高いせいか、よく高校生に間違われます。
顔は・・・まぁそれなりにモテる程度だと思っていただければ(笑)

プールに着いて少ししたとき、私の友達はもう帰らなくてはならなくなりました。
急におじいさんが入院したそうなんです。
私も一緒に帰ると言いましたが、「まだ着いたばかりだから遊んできなよ」と友達に言われました。
だから私は、ぼっちプールをしていました。

友達と別れてから5分後くらいに男性3人組に声を掛けられました。

「1人?誰と来てるの?」

ナンパです。
そりゃ女子が1人でいたら、されてもおかしくないでしょう。
ナンパ自体は結構慣れているので丁重に断りました。
まだ中学生ですし(笑)

でも男の人たちはずっと私の後ろをついて来ました。
暇なので波のプールに入ってみました。
すると、いつの間にかさっきの男の人たちに囲まれていました。
落ち着けないので・・・。

「や、やめてください」

と、もごもご言うと、男性の1人が「可愛いね」と言いながら胸を触ってきました。
ビキニの上からさわさわしてきます。

「ちょ、ちょっと!」

「君ってモテるでしょ?名前は?」

別の男性がビキニ越しにクリを擦ります。
私はクリがとても敏感なので、思わずびくっとなりました。
私が名前を答えないでいると、もう1人の男性が言いました。

「名前を言わないと、もっといたずらしちゃうぞ?w」

「・・・あんず、です」

男性は私の手を握り、無理やり自分の海パンの上に持っていきました。
ちょっともっこりしていて嫌な気分になりました。

「可愛い名前、もっとエッチなことしたくなるじゃん」

この男の人が1番イケメンでした。

「クリで感じてるよね?」

「・・・離してください」

「どうせ暇でしょ、遊ぼうよw」

「係員さんを呼びますよ」

「こんなに混んでたら気づいてくれないさ」

確かにすごい賑わいぶりです。
私たちの周りは家族連れやカップルなどでいっぱいでした。
男性たちのいたずらはエスカレートしていきます。
けど、「助けて」と大きな声を出しても、誰も私を見てくれませんでした。

「体もいいけど、あんずちゃんって顔もかなりレベルが高いよね。ほんとに彼氏いないの?」

「てかさ、まじで中学生?同じくらいだと思ったのに」

「・・・私、嘘ついてませんから」

「ふはっ、強気だねw」

いつの間にかもう1人の男のアソコを水着越しに握らされていました。
離したくても離せませんでした。
ビキニ越しにクリ責めは続いています。
私は布越しで感じるタイプなので、声が出ていました。

「も、もうやめて・・・」

「おっ、ちょっと余裕なくなってきた?感じてくれてるの?」

「そんなわけ・・・」

「いつまで強気でいられるかな?」

「離してよ」

「俺らってナンパ常習なんだけど、今までであんずちゃんが一番可愛いよ」

「んぁっ」

「あ、今喘いだでしょ?」

ビキニの上から指が円を描きます。
水中なので、とても滑りがいいです。
くにゅくにゅされて、つい甘い声が漏れてしまいました。
痴漢されて感じてしまうなんて、恥ずかしくなってきました。

「よがってるね、可愛いw」

海パン越しとは言え、2人の男の人のアソコを握り、自分自身はクリを触られています。
卑猥な自分の姿が嫌になりました。
周りにバレていないか不安にもなりました。
男性たちは焦らすように、じっくりと同じ責めを続けます。
私は本気で感じ始めていました。

「はぁうっ、ぁあん」

「お、やっぱクリだ」

「だ、だめっ」

「そう言いながらトロ顔w」

クリの右側や左側を擦ったり、急に先っぽを掠めたりされます。
あくまでもビキニの上からです。

「あ、俺ら犯すつもりはないからね」

「安心して、挿入まではさすがにしないことにしてるから」

「いっ、いいからもうやめて・・・!」

男性2人は水着からぽろんとアソコを出し、私に生で触らせます。
変な感触でした。

「足が震えてるよ」

「震えてないもん・・・っ、んんぅ」

立ったままのクリ責めに耐えられなくなってきて、ほぼ全部の体重を男の人に預けてしまっていました。
もうイキそうでした。

「そろそろイクんじゃね?」

「まじかまじか」

「JCがイクとこ見たい」

「やめっ、やめっ、やぁっ」

男の人は急にクリを激しく上下に擦り出しました。
突然の強い刺激に頭が真っ白になりました。

「ひゃっ、ひゃああぁぁっ!」

イッたと同時に私は気を失いました。