女友達と映画を観に行ったんだ。
全席指定なので隣り合わせがいいねと空いてる席を探す。
両サイド2席、通路挟んで中央6席のスクリーン。
なんとか隣り合わせあったけど、通路を挟んでの2席だった。
まあ一応隣だからいっか。

あたしが壁際2席の方を選び、開始10分前に入った。
番号を探しながら席を見つけたら、あたしの席の隣に少し年上かな、お兄さんが座ってる。
席に座り友達と話してると上映開始。
始まって暫くして、なんか太ももに当たってくる。

(ん?)

隣の人をちらっと見た。
映画を観てるし、気のせいか。
また少しして、今度はしっかり当たってる。

(えっ、痴漢?)

何も言えず、じっと我慢して映画を観る。
あたしが抵抗しないから、大胆に触ってきた。
太ももから手が上がってくる。

(こんなとこで痴漢するなよ)

友達をちらっと見た。
スクリーンをじっと見てる。

(あっ)

胸を掴まれた。
ゆっくり撫でたり揉んだりしてくる。
じっとしてるあたし。
シャツの中に手入れてきた。
ブラをずらして直におっぱいを揉んでいる。
ビビって抵抗できないあたし。

(あっ、そこはだめ)

スカートの中に手入れてきて、パンツの上からあそこを触ってきた。

(んんん・・・)

痴漢されてるのに感じてきちゃった。
そしてパンツが湿ってきたのバレた。
中に手を入れて指で触り始めた。
手が離れる。

(やめてくれたの?)

首に手が当たり、ぶわっとシャツを脱がされた。

(ああっ、何してんのよ)

ブラも取られ、上半身裸になっちゃった。

(恥ずかしい・・・もう、助けを求めれない)

おっぱい揉みながら、器用にパンツを脱がしやがった。
あそこに指入れてきた。

(やめてよ!)と思いながらも、目を瞑って少し楽しんでるあたし。

ふいに頭を押さえられ、ぐいっとお兄さんの股に倒された。
目開けるとおちんちんがある。
ぐいぐい頭を押し付ける。
ぱくっと咥えた。
頭を動かしてフェラをさせられた。

(んんん、苦しいよう)

数分で出しやがった。
おちんちん離して床にべっと吐き出した。

椅子にぐったり倒れこんでると、また触ってくる。
あそこに指を入れてぐちゅぐちゅ弄りまくり。

(ああん)

そんなにしたら、ビクっとなり、イッちゃった。
映画はまだ終わってないのに、お兄さんは席を離れた。
あたしは暫くぼ~っとしてた。
はっと気づく。

(服、着なきゃ。ん?下着がない)

暗い中を探したけど、ブラとパンツが見つからない。
上映が終わり、明るくなってきた。

「面白かったね」

「あ、うん、面白かったね」

(ほとんど観てないよ)

あたしって痴漢されやすいタイプなのかな。
ちくしょー、下着返せ!