私は奈良県の総合病院で働いてる55歳になる看護士です。
高校を卒業して大阪の看護学校に入り、ナースを目指していた頃のお話です。

私には当時、結婚して大阪のアパートで暮らしていた2歳年上の姉がいるのですが、その頃時々遊びに行っては泊まってご飯を食べさせてもらっていました。
姉の旦那様である義兄は背が高くハンサムで優しい人でしたので、2人姉妹でお兄さんが欲しかった私は、義兄のことを実の兄のように慕っていました。

義兄は、いつも遅くまで仕事に追われていて常に疲れている様子でしたので、私は泊まりに行くと、よくマッサージをしてあげたりしていました。
優しい義兄は、腰の悪い私にマッサージをしてくれたりもしました。

ある日の夜、姉宅に泊めてもらったときのことです。
いつものように義兄に背中や腰のマッサージをしてあげて、そのお返しにとうつ伏せになっている私の腰を義兄がマッサージしてくれていたときのことでした。
そのとき姉は台所で晩ご飯を作っていました。

最初はただただ気持ち良くて、ずっと続けてもらいたいと思っていましたが、時間が経つにつれて義兄の手が徐々に下がってきて、お尻の上半分くらいに届いてきたのです。
そして時々、脚の付け根辺りにも揉む手が来たのです。
やばいと思いながらも胸がドキドキして、何も言葉が出ませんでした。
正直なところ、エッチな気持ちが沸々と湧いてくる自分を恥ずかしくも思いました。
あのとき、「もう、お義兄さんったらエッチなんだからー」などと言って、その手を叩いていたら、それ以上に進まなくて良かったのにと、今は少し後悔しています。

徐々にエスカレートしてきた義兄の手が、風呂上がりでパジャマ姿でうつ伏せになってる私のズボンをいきなりずり下げてきたのです。
私のお尻は丸出しなりました。
義兄は、「お尻に腰痛のツボがあるから、電気が走るような痛みを感じるところに当たったら教えて」と、まったくいやらしい感じではなく、そう私に指示したのでした。
義兄の言う通り、確かにそのツボがあり、そこを解してもらうと腰が楽になるような気はしましたが、そんなことよりも男性経験がほとんどなかった私は、義兄にお尻を見られている恥ずかしさでいっぱいいっぱいになっていました。
それに、こんなところを姉に見られたら大変なことになるとドキドキしていました。

すると、隣の部屋のガラス戸を開ける音がして、やばいと思ったと同時に義兄は私のパジャマのズボンをサッと戻したのです。
次の瞬間、部屋の襖が開き、「お待たせー」という声がして姉が晩ご飯を運んできてくれたのでした。
夕食の時間は、3人で雑談しながら姉の手料理をいただきました。
姉に気付かれないように何事もない雰囲気を醸し出すため必死でした。
でも恥ずかしくて、義兄と目を合わすことは出来ませんでした。

ご飯が終わると、姉がお風呂に入ると言って部屋を出ました。
再び義兄と2人きりとなった私は、眠くなったふりをするくらいしか為す術がなく、その前にトイレに行きました。
アパートの便器は和式で、用を足す前に自分の性器を指でなぞってみたのですが、やはりびしょ濡れになっていました。
ゆっくり間を置いてトイレから部屋に戻ると、義兄の方が寝たふりをしていました。
他に方法が見つからない私は、その狭い部屋で義兄と間を空けて寝たふりをしました。

何分か後に、「◯◯ちゃん、寝た?」と義兄の声が聞こえました。
その声ははっきり聞こえていましたが、私は寝たふりを決め込むしかなかったのです。

(このまま何も起こらないで)

そう思ったのも束の間、横向きに寝ている私の背後から義兄の手が伸びてきて、再び私のパジャマのズボンを下ろしたのです。
義兄の手は私のお尻を円を描くように撫で回し、やがてその指が私の性器に到達して、とうとう差し込まれてしまったのです。
もう私は寝たふりなどしている余裕なく、真っ赤に紅潮しているのを自分でも感じるくらいになりながら義兄の顔を見つめ、「お義兄さん、まずいよ」と力ない声で訴えたのですが・・・。
義兄から返ってきた言葉は、「◯◯ちゃんが可愛すぎるからいけないんだよ」でした。

その言葉に酔ってしまった私は、義兄になされるがままとなってしまい、義兄は自分のペニスの先を私の柔らかいところに何度も擦り付けたのです。
そのときにはもう、ずぶ濡れの状態になっていたのだと思います。
我に返ったときは義兄のペニスが私のヴァギナの中でピストン運動を始めてしまっていました。

他の人と比べて性欲が強い私は、ほぼ毎日、看護学校の寮のトイレでコケシや瓶などを使ってオナニーをしていました。
今でこそ誰でも通販でバイブが簡単に買えますが、昔はそのようないかがわしいおもちゃを売っているお店でしか買えませんでした。
なので私達の年代は、お部屋に飾っておいても不思議でない木のコケシか、オロ◯ミンCの瓶、あとはお野菜くらいしか自分を慰める道具はなかったのです。

なので、すでに私の性器は異物を飲み込むことには慣れていて、最初一瞬だけは鈍い痛みを感じましたが、愛液でびしょ濡れになっていた私のヴァギナは義兄のペニスをしっかりと咥え込んでいたと思います。

その日を境に義兄は、姉の目を盗んでは市内の寮に通って来るようになりました。
寮内は男子禁制でしたので、義兄の車でカーセックスをしました。
仲の良かった姉を裏切った私ですが、今でも義兄とのセックスを思い出してオナニーをしてしまうことがあります。