それは15年以上前、私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。
その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りのほとんどは援助探しの女ばかりになっていました。

(そろそろ出会い系も卒業かな・・・)

私は数年間十分遊んだこともあり、そう考えていました。
その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。

ある日のこと、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。

『色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい』

私は何回か伝言を交換し、携帯電話の番号を教えました。

翌日、見慣れない番号からの着信。
出てみると伝言の子でした。
彼女は50キロほど離れたところに住んでいましたが、翌日電車に乗って私に会いに来ました。
約束の駅で車に乗り待っていると・・・。
30分毎の特急電車から、周りの女性が霞んでしまうような美人が降りてきました。

(まさか、あの子じゃないよなぁ・・・)

ところが・・・その子が車に近寄るや窓ガラスをコンコンと叩くのです。
ドアを開けると。

「S子です。こんにちは、乗っていいですか?」

私は想定外の美人に呆気にとられてました。

(出会い系でこんな美人に出会えるなんて・・・)

私は彼女を乗せ、少し離れた場所のレストランへ。
知り合いが経営するレストランなのですが、驚くような美人を連れた私に怪訝な表情の知人経営者。
ちょうど食事時でしたので、彼女とコース料理を注文し、食事を楽しみながら色んな話をしました。
素敵な女性との時間はあっと言う間に過ぎていきます。
気が付くと15時。

「すみません。そろそろ帰らないといけないんです・・・」

私は名残惜しかったのですが、彼女と再会を約し、駅まで送って見送りました。
今までに無かったパターンです。
これまで出会った女性達とは、その日のうちに必ずホテルで関係していました。
なのに・・・。

その後、彼女からの連絡はなく、あの日のうちに関係しておくべきだった・・・と後悔していました。
伝言ダイヤルで彼女のボックスにメッセージを入れても返事がありません。
気が付くと私は彼女に夢中になっていました。

10日ほど経ったある日、記憶に残る電話番号から着信が・・・。
後で分かったのですが、彼女の自宅です。

「明日ですけど、会えませんか?」と彼女。

嫌なはずなどありません。
翌日の11時、彼女指定の駅まで迎えに行きました。

「今日は何時くらいまでなら大丈夫?」

「5時半くらいには駅まで戻りたいです」と彼女。

30分ほど車で走り、地元で有名なイタ飯屋で昼食。
私はワインを注文し、彼女にも勧めました。
彼女はお酒も大好きで、あっと言う間にボトル1本が空き・・・。
午後一時、レストランを出て車に乗りましたが2人とも黙ったまま。
彼女もこの先の展開は想像できていたのでしょう。

5分ほど走りラブホへ・・・。

一番綺麗な部屋に入り、「先にシャワーを浴びておいで」と私。

「ハイ・・・」

バスタオルを身に纏った彼女・・・。

「俺もシャワーを浴びてくるから」

「ハイ・・・」

バスルームから出てくると部屋のライトは落としてありました。

「恥ずかしいから・・・」と彼女。

ベッドの中で顔を隠しながら囁きます。

「正直に言いますね、私、子供を産んでるんです。だから体の線も壊れてるし・・・恥ずかしい・・・」

驚きました。
可愛らしい雰囲気はとても子供がいるとは思えません。
その時、私の頭の中にあった考えは、(この子を自分の物にしてしまおう)です。

彼女の横に滑り込み、キスから始め、執拗に舌を絡ませあいました。
彼女も舌を出して情熱的に・・・。
身にまとったバスタオルを剥ごうとすると、「イヤ・・・」と抵抗します。

「自信がないから・・・」と。

私は抵抗する彼女の右手を掴み、バスタオルの中に手を入れて胸を・・・。
ビクッと反応する彼女。
観念したのか、抵抗もやめてなすがまま・・・。
バスタオルを剥ぎ、全身を露わにしました。

「ああっ、恥ずかしい・・・」

ライトを消し、暗くしてやりました。
首筋を舐めながら右手で彼女の胸を・・・。

「ああん・・・ン・・・」

私の口が彼女の乳首を捉えた瞬間、「ああっ!」と仰け反ります。
乳首を吸いながら下腹部に指を伸ばすと、また抵抗する彼女。
業を煮やして彼女を裏返し、四つん這いの姿勢をとらせました。

「イや・・・恥ずかしい・・・」

彼女のそこはヌラヌラと光り、言葉とは裏腹な彼女の性欲を映し出していました。