ちょっと思い出話など。
当時まだ16歳だったオレは、生まれてこの方、女という生き物と付き合ったことすらなく、当然のように童貞だった。
ツレの中には恵まれた奴なんかもいて、さっさとそんなものとはおさらばしちゃった話を聞かされたりすると、まぁやりたい盛りな上にガキ特有の見栄なんかもあって、もう我慢ができなくなる。

そんなとき、バイト先の先輩から『新地』の話を聞かされた。
『新地』てのは知ってる人もいるだろうけど、大阪だとまだちらほら残っている昔、遊郭だった所だ。
『ちょんの間』なんて言い方もある。

有名どころだと、飛田とか信太山新地なんてのがあるけど、当時10個上の先輩が足繁く通っていたのは滝井新地ってところ。
あのダイエーが1号店を出した千林ってとこの近所にある。
夜になると、やり手婆ぁが街頭に立って客引きをするわけだ。

当然、上に挙げた有名どころと違って、寂れたちょんの間なんで、きれいどころはまずいない。
下手すりゃ、やり手婆ぁがそのままお相手になるなんて不幸だって待ち受けていることすらあるらしい。
そんなとこなんで、普通は若い奴はまず行かない。
客層はほぼ、客待ちタクシーの運ちゃんとか、要はおっさんが相手なわけ。
けれど、当時のオレは先輩の話から漂ういかがわしい雰囲気と、何より家からそう遠くない場所にあったこと、そして普通の風俗やソープなんかより相場の安い値段に吸い寄せられた。

親には、「友達のうちに泊まる」と嘘をついて家を出た。
当時乗っていたRZ50を走らせて現地に向かう。
昼は安いことで有名な商店街なので主婦でいっぱいだが、夜、しかもこんな深夜だと酔っぱらいとか柄の悪そうなのとかしかうろついていない。
バイクを道端に停め、てくてくと歩きながらオレはやり手婆ぁの姿を暗がりに求めた。
そしたらまぁいるいる。
手招きする婆ぁがそこかしこに。

「兄ちゃん、こっちこっち」
「遊んでいき、おばちゃんとこ、ええ子おんで」

今ならそんな風に声を掛けられても鼻で笑ってやり過ごせるのだけど、当時のオレはまだガキだったし、それに婆ぁどもの声のかけ方がなんとも怪しげだった。
なにせ潜めた小さな声でぼそぼそと声を掛けてくる。
暗がりからそんな声が聞こえてくるのは、初めてだったオレにはちときつかった。
どう反応して良いか分からず、仏頂面で婆ぁどもをやり過ごし、千林駅のすぐ傍の明るい辺りまで来て、オレはため息をついた。
緊張感はもう最高潮。
手持ち無沙汰で、当時覚えたてのタバコに火を点け、一服する。
ハードな現場の雰囲気に呑まれてしまって、心細くさえなってしまっていた。

(参ったなぁ・・・。もう帰ろっかなぁ・・・)

などと情けないことすら考えていたオレの前に、1人のやり手婆ぁが声を掛けてきた。

「どうしたん、お兄ちゃん。もう遊んできたんかいな?」

「えっ、いや、まだやけど・・・」

視線をそちらに向けると、でっぷりと肥えた婆ぁが1人。
ひっつめ髪でジャージ姿。
ただ、他の婆ぁと違って明るい印象のせいか、こちらの緊張が解される感じがした。
声のトーンも普通だった。

「なんや、ほな、おばちゃんとこで遊んでいきや」

にこにこと笑う婆ぁの笑顔に安心して、オレも気が大きくなる。

「おばちゃんとこ、なんぼなん?」

「ホテル代が5000円で、お姉ちゃんに7000円払ったって」

〆て1万2000円。
この辺の記憶は結構曖昧なので、もしかしたら間違っているかも知れない。
飛田とかの有名どころなら、昔の遊郭跡をそのまま使っていたりする場所もあるのだけど、ここではそういうのはほとんどない。
いわゆるホテトルとかと同じなわけだ。
ホテルって言ってもそんな小綺麗なとこじゃなくて、昔の連れ込み旅館に毛が生えたような感じ。
ちょっと考えたが、この婆ぁの持つ安心感に賭けることにした。

「ほな・・・。おばちゃんとこにするわ」

オレがそう言うと、婆ぁはちょうど自転車で通りがかった1人のお姉さんを呼び止めた。

「サチコちゃん、ちょうど良かった、このお兄ちゃんの相手したって」

『サチコちゃん』と呼ばれたお姉さんはピャッと自転車を降りると、その辺に停めてこっちに近づいてきた。
お姉さんって言っても、当時でいくつくらいなのかなぁ。
たぶん20代後半から30代前半くらい。
めちゃめちゃきれいってわけでもないけど顔立ちは整っていたし、おばちゃんって感じでもない。
先輩に聞いてた話より条件が良さげで、ほんの少しラッキーと思った。
髪はそんなに長くない。
服装は多少野暮ったい感じのするワンピースだった。

「はーい。ほな、ついて来て、お客さん」

笑顔でそういうサチコさんについて、路地裏に入っていく。
すぐ傍にある古びたホテルの玄関をくぐって中に入った。
ラブホ自体初めて入る上に、古びて下品な雰囲気のいかがわしさにクラクラする。
床に敷かれた赤絨毯がそれに拍車をかける。
部屋の中も似たような雰囲気。
緊張のせいかきょろきょろしているとサチコさんがクスクスと笑った。

「お兄さん、もしかして初めて遊ぶん?」

「うん。分かる?」

どぎまぎしてオレがそう言うとサチコさんはまたもクスクスと笑った。

「分かるよぉ。お兄ちゃん、アンタまだ高校生くらいやろ?」

そこまでバレてると分かって気が緩む。

「あはは。バレた?」

苦笑いしながら、オレがそう言うとサチコさんは荷物を置いてワンピースを脱ぎ始めた。

「そうちゃうかなって思ってん。でも、お兄ちゃんみたいな若い人ってあんまりけえへんから、良かったわ」

「そうなん?」

「そらそうやん、私かってオッチャンよりはお兄ちゃんみたいな若い子の方がええよぉ」

お世辞だろうが、当時のオレにはそんな機微は分かるはずもない。
単純に嬉しくなる。

「服脱いで。お風呂入らな」

「あ、うん」

ぼーっと突っ立っていたオレは慌てて服を脱ぎ始めた。
脱ぎながら、ワンピースからこぼれ出たサチコさんの肢体に目が奪われる。
当時は今みたいに下着のバリエーションもそう無いし、露出度もそう高くない。
色だってそうそう派手なものではなくてベージュだったが、初めて目にするオカン以外の生の女性の下着姿に興奮する。
サチコさんは着痩せするタイプらしく、ワンピースの時は分からなかったがむっちりとした体型。
身体のラインもそう崩れておらず、もはやオレの興奮は最高潮だった。

サチコさんに手招きされ、一緒に風呂場に入る。
シャワーの湯を調整したサチコさんに身体を洗ってもらい、バスタオルで身体を拭くように促されて外に出た。
すぐに出てきたサチコさんも身体を拭くと、にっこりと笑って一緒にベッドに向かう。

「えと、どないすんの?」

間抜けなことを聞いたオレにサチコさんはくすりと笑った。

「そこに仰向けに寝て。後は任しとき」

「う、うん」

いざとなると緊張のせいか下半身はしょぼんとなっていた。
寝転がったオレに跨がるようにサチコさんの身体が覆い被さる。

「ちっちゃなってるやん・・・。もしかして、ほんまに高校生なん?」

緊張しきったオレに、サチコさんはさすがに声を潜めて聞いてきた。

「うん。ほんま」

「悪い子やなぁ。ふふっ」

少し目を丸くしたサチコさんは、そう囁くとオレの下半身に顔を埋めた。
下半身がぱくっと咥え込まれ、温かい感触に包み込まれる。
舌でぺろぺろと舐め回される初めての刺激に思わず声が漏れる。

「んー」

あっという間にビンビンになったイチモツをサチコさんの唇が這い回る。

「おっきなってきたね。可愛い」

そう囁くと、サチコさんは覆い被さったまま体勢をずらしてきた。
為す術もなく寝転がったオレの顔の前に、おかしそうな表情のサチコさんの顔が近づく。
えっと思った瞬間、サチコさんの唇がオレの唇に重ねられた。
キスしてもらえるとは思ってなかったので心底驚き、そして差し込まれた舌の感触に慌てて舌を絡める。

「へへ、お兄ちゃん可愛いから」

なぜか照れくさげにそう言ったサチコさんに、もうこっちは心臓バクバク。
女慣れしていないから余計にね。
ベッドのそばに用意されていたコンドームを装着してもらい、そのままの体勢で導かれるままにドッキング。
騎乗位で、ゆっくりと腰を沈めたサチコさんの唇から微かに吐息が漏れる。
ぬちゃっとした感触と、包み込まれる感覚。
温かい肉に包み込まれる初めての体験に顔が熱くなった。

「んんっ、はぁ・・・」

緩やかに腰を揺するサチコさんの胸がゆらゆらと一緒に揺れる。

「おっぱい、触ってもええよ・・・」

サチコさんに促され、オレはおずおずと揺れるおっぱいに手を伸ばした。
そうは言っても、何もかも初めて尽くしなわけで、テクニックなんかあるわけもない。
恐る恐る、柔らかくそして重量感のあるおっぱいの感触に戸惑いながらモミモミする。

「んん、はぁ・・・、んっ」

サチコさんが腰を揺するリズムに合わせて、イチモツを締め付ける肉のうごめきが締め付けるように震えた。

「くぅ・・・」

サチコさんの奥底に当たる感覚と、刺激に急速に立ち上がった快感に思わず声が漏れる。
視界の中のサチコさんはうっとりと目を閉じ、快感に身を任せているようにも見える。
オレの視線に気付いたのか、サチコさんはなぜか気恥ずかしそうに吐息混じりの声を漏らした。

「今日は・・・もう上がり・・・やから、最後くらい気持ちいいエッチしたいやん・・・」

本気かウソかなんて分からない。
でも、当時のオレからすれば、そんなこと言われたらもう堪らない。

「あ、アカン、オレ・・・」

我慢などできるわけがない。
あれよあれよという間に昇り詰め、オレとサチコさんはビクビクと身体を震わせてイッてしまった。

「はふぅ・・・」

どちらともなく吐息が漏れた。
微かに頬を上気させ、紅潮させたサチコさんがのろのろとオレのイチモツを引き抜き、コンドームを処理してくれる。

「やっぱ若いなぁ・・・。こんないっぱい出して」

オレの目の前でコンドームをぶらぶらと見せつけると、ティッシュに包んでゴミ箱に捨てる。

「おいで。洗たげるから」

サチコさんに促され、再度風呂場に。
下半身を洗うサチコさんの指先の感触がくすぐったい。
先に出て、身体を拭いたオレは服を着るとお金を用意する。
タバコに火を点け、一服したところで、初めて実感が湧いてきた気がした。

「なんやのアンタ、タバコなんか吸うたらアカンやん」

バスタオルで身体を拭きながらサチコさんが笑ってそう言う。

「ええやん」

一戦交えて少し気が大きくなったオレは悪びれずにそう返した。

「もぉ、アカン子やなぁ」

タバコをふかしながら、サチコさんが下着を着け、ワンピースに袖を通す様をちらちらと見てしまう。

「あんまし見やんといて。こんなおばちゃんの裸」

「おばちゃんやないですやん、めっちゃきれいですよ」

恥ずかしそうにそう呟くサチコさんに気の利いた言葉が浮かばず、何のひねりもない褒め言葉を言うと、サチコさんはにんまりとしてくれた。

「お世辞でも嬉しいわぁ。ありがと」

「お世辞やないですって」

タバコを灰皿に押し込むと、オレは用意していたお金をサチコさんに渡した。

「どうもありがとうございました。また来てね、って言いたいとこやけど、今度はもっと大人になってからね」

かしこまった口調で、しかし笑顔でサチコさんはそう言った。
フロントで部屋の代金をサチコさんが払ってホテルを出た。
なんとなく無言で、てくてくと歩くと婆ぁがいた場所に戻る。

「お疲れさん。どお、サチコちゃんええ子やろ?お兄ちゃん」

開口一番そう言う婆ぁの言葉に思わず笑ってしまう。

「めっちゃ良かったっすよ。また来ます」

「じゃあ、お母さん、今日は上がりなんで」

「はーい、お疲れさん」

サチコさんは停めてあった自転車のスタンドを払うと、婆ぁにそう言って自転車に跨がった。
オレはというと、もっと外れに停めてあるRZ50のとこに歩き出した。

「どこまで帰るん?」

オレの歩調に合わせたわけじゃないんだろうけど、ゆっくりと自転車を漕ぎ出したサチコさんが横に並ぶ。

「バイク向こうに置いてあるから、とりあえずそこまで」

「アンタ、バイク乗ってるんや。事故に気いつけや。彼女とか乗せるんやろ?」

「分かってるよ。ていうか彼女とかおらんし、原付やから2ケツできひんし」

オレがそう言うとサチコさんはくすりと笑った。

「でも中型とか取るんやろ?」

「そのうち取ろうと思ってるけど」

オレがそう言うと、サチコさんはなぜかすごく優しいような、しかしどこか寂しげな表情になった。

「私の弟もバイク乗っとったで。RZとかいうの」

「え、そうなん?オレもRZやで。50やけど。あれあれ」

見えてきたオレのバイクを指さすとサチコさんは目を丸くした。

「アレかいなぁ。原付って言うからスクーターかと思ったわ」

バイクのキーをポケットから出し、バイクに付けてあったヘルメットを取り外す。

「ほな帰ります。ありがと」

サチコさんに別れを告げると、オレはヘルメットを被ろうとした。
そんなオレを優しげな、心配げな表情で見つめるサチコさんの視線を感じて、ちょっと恥ずかしい。

「なぁ、お腹空かへん?」

「え?」

ヘルメットを被りかけた手を止め、サチコさんに視線を返す。

「なんか用事あるん?ないんやったらラーメン食べに行かへん?」

意外な言葉に当然オレは驚いた。

「用事はないですけど、いいんですか?」

なんだかよく分からぬ心配をしながら、オレはおずおずとサチコさんに聞いた。

「かめへんよ。もう終わりやもん。もうちょっと行ったとこに屋台出てるから食べにいこ」

「あ、はい、すみません」

なんでオレを誘ってくれるのか訝しみつつ、素でそう返事していた。

「はい、乗って」

「え、あ、2ケツするんすか」

最初、オレが後ろかと思っていたらサチコさんが自転車のハンドルをオレに預けようとしているのが分かったので慌てて自転車のハンドルを受け取った。

「当たり前やん、男の子が前やん、普通」

オレは跨がりながら苦笑い。

「あはは、そうっすよね、すんません」

「ハイ、いいでー」

どん、と後ろの荷台にサチコさんが座るのが分かった。

「行きますよ」

さすがに自転車の2ケツは久しぶりだったので最初はふらついたが、それでもてろてろと自転車が進み出すとやや安定した。
目当てのラーメン屋台はすぐに分かった。

<続く>