俺も姉貴に見つかったことがある。
俺が中1のときで、姉貴は高2だった。
ちなみに、マジで小野真弓に似ている。

ある真夏の日で、姉貴の部屋のエヤコンの調子が悪かった。

「直樹~、今夜、直樹の部屋で寝ていい?」

寝る前になって姉貴が枕を持って部屋に入ってきた。

「うん」

俺も断る理由もなかったから承諾した。
俺がベッドに入ると、姉はスウェットを脱ぎだして下着姿になった。

「わっ、なんで脱ぐんだよ!?」

「え?だって暑いんだもん」

「暑いからって、下着で寝るのかよ?」

「あら、私、いつもこの格好で寝るよ」

俺が少し目のやり場に困っていると・・・。

「あはん?お姉ちゃんの色気にドキドキしてるの?エッチ」

姉貴は身体をくねらせて言った。

「するかよ!」

「あははははっ」

姉貴は笑ってベッドの中に入ってきた。
10分もしないうちに寝息を立て始める。
当時中1で精通したばかりの俺は、ちょうど一番盛んだったときで、マジでドキドキしてしまっていた。
ついこの間まで小学校に通っていた俺のことを姉貴は子供としか見ていなかったんだろう。
目を閉じて寝ようとしても、さっきの姉ちゃんの下着姿が目に浮かんでくる。

それは子供の頃は、姉ちゃんの裸も見たことがあった。
一緒にお風呂に入ったことも何度もある。
でも、今の姉はあのころとは比べ物にならないくらい胸も大きくなっていて、ウエストもくびれていた。

(ちくしょう!中学生にあんな刺激的なもの見せやがって!)

俺は理不尽に姉を恨んだ。
姉はグーグー寝ていたが、俺は興奮して眠れなかった。
もちろん性欲もあったが、女の身体に対する好奇心もあった。
姉貴はこっちに背を向けて寝ている。
ブラのホックが見えた。
ブラジャーはエロい。
中1の時はパンツよりもブラのほうが興奮した。

俺のチンコは硬くなり始める。
鼻息も次第に荒くなった。
少し上体を起こす。
姉が起きないように、そっとタオルケットを取った。
姉の下着姿が再び露わになる。

姉貴と俺は4つも年が違う。
あの当時の4つと言ったら、俺にとっては姉貴は立派な大人の女の身体をしていた。
正確なサイズは知らないけど、結構胸も大きいほうだと思う。

恐る恐る胸に触れてみた。
指をブラと胸の間に滑り込ませる。
ぷにぷにと胸の感触がする。

(うわ、おっぱいってこんな感触なんだ)

今まで母親のおっぱいしか触ったことがないので感動した。
若い胸は弾力が違う。
我慢できなくなって、姉貴の胸を触りながら俺はチンコをしこり始めた。
起こさないように慎重に、お腹やわき腹、お尻も撫でた。
うなじの匂いも嗅いだ。
すると、いきなり姉が起き上がった。

「何してるの?」

姉はこっちを見た。

(やばい!ばれた!)

俺は心臓が止まりそうになった。
姉貴は俺のタオルケットを剥いだ。
チンポを握り締めている俺の下半身が丸出しになる。

「何してるの?」

「何って・・・」

「お姉ちゃんの胸、触ってたでしょ?そういうことしていいと思ってるの?」

俺は答えられなかった。
姉貴はさすがに怒ってるみたいだった。
しばらくバツの悪い沈黙が続いたが・・・。

「姉ちゃんが悪いんだよ。そんな格好で隣で寝てるから」

そう言われると、少し姉貴も無防備すぎたと思ったんだろう。
下着姿の自分を見て、ちょっと黙った後・・・。

「そうね、直樹も年頃だからね。仕方ないか。お姉ちゃんが悪かったよ。正直に答えて。直樹は、お姉ちゃんの身体を見て興奮したの?」

「うん」と頷く。

「でもね、お姉ちゃんにそういうことしたらダメなんだよ。お姉ちゃんをそういう風な目で見たらいけないんだよ。わかる?」

姉貴は女のとしてじゃなく、姉として弟を傷付けないように、そして間違いを犯さないように配慮しているみたいだった。

「でも、直樹はそういうことしたいんでしょ?」

「うん」

「男の子だから、ちゃんと出さなきゃ収まらないよね?」

「うん」

「今回はお姉ちゃんも悪かったわ。だからお姉ちゃんが責任をとってしてあげる。今回だけよ」

俺は耳を疑った。
姉貴は俺のチンコに触れてきた。
俺もドキッとした。

「姉ちゃん」

「寝て」

姉ちゃんは俺を寝かした。
それからゆっくりと手でしごき始める。

「直樹はおねえちゃんの胸、見たい?」

頷くと・・・。

「今日だけだからね」

姉はもう一度念を押すと、ブラのホックを外した。
姉貴の乳首が見えた。
初めて見た女子高生の乳首。
手コキの動きのたびに姉の胸が揺れる。

「お、お姉ちゃんは、彼氏とこういうことしているの?」

「子供は、ませたことは聞かないの」

「はい。ごめんなさい」

「男の人はね、ここを擦られながら乳首舐められるのが大好きなんだよ」

姉貴は身を屈めて俺の乳首を吸った。
快感が全身を走った。
姉貴は舐めたり、噛んだりする。
それから俺は10秒と持たなかった。

「お姉ちゃん、で、出るよ!」

姉貴は落ち着いてティッシュを4枚ほど抜くと、俺の亀頭に被せた。
亀頭を刺激しないように握り方を変える。
射精するとき男が、亀頭が敏感になり過ぎることを知っているんだ。
結構手慣れていた。
当時姉貴には彼氏がいた。
その彼氏に仕込まれたんだろう。
俺は姉の手に促されて簡単に射精した。
精液がティッシュの中に吐き出される。
精液が全部で終わるまで姉は手を離さなかった。
完全に出終わるまで、ゆっくりと指を動かしていた。

「はい、おしまい」

姉はティッシュを丸めるとゴミ箱に捨てた。
それからブラを着け、スウェットを身に着け、何も言わずに立ち上がって部屋から出て行った。
部屋に1人残された俺は、なんとも言えない気持ちだった。
生まれて初めての快感もあったし、同時に罪悪感もあった。
明日どんな顔して姉貴に会えばいいんだろ?

翌朝、俺は洗面所で姉貴と会った。
俺はバツの悪そうな顔をしたが、姉貴は「おはよう!」と笑って言った。

「うん、おはよう」

俺も返した。

「直樹、今日の帰りさ、買って来て欲しいものがあるんだ」

「な、何?」

姉が頼んだのはマイナーなバンドのCDだった。
昨日のことには全然触れようとはしない。

その後も、姉は何事もないように振る舞い、接してくれた。
それから、あの夜のことを2人が口にすることはなかった。
まるでなかったことのように・・・。
でも、姉貴がベッドに入ってくることは、もう二度となかった。

それが俺と姉貴の思い出話。
初めて他人に話した。
思えば、まさに真夏の夜の夢みたいな出来事だった。