ヒカルは小柄だけどセックスの好きな子だった。
同じ会社のバイトの子で、俺よりも11歳年下。
26歳くらいだったけど、可愛くて元気で、小柄だったから20歳くらいに見えた。

先輩の送別会で飲んだ帰り、アパートまで送ってやった。
歩きながら腕を組んでいたのが肩を抱き寄せるようになって、アパートに着いたときはヒカルの方から、「上がっていく?」と聞いてきた。
部屋に入るとソファに座った。
ヒカルがコーヒーを入れてくれた。
それを飲みながら他愛もない話をした。
横に座っているヒカルの顔がすぐ近くにあった。

「キスしてもいいよ」

ヒカルがそう言った。
きっとやりたいオーラが全開だったんだろう。
軽くキスをした後、舌を絡めてキス。
首筋から鎖骨の方へ唇を這わせていくと、鎖骨の辺りでヒカルがびくっと体を震わせた。
“しめた”と思い、首筋から鎖骨の辺りを何度も往復した。

「もう、だめ。私のせいにしていいから抱いて」

ヒカルが抱きついてきた。
セーターの押し上げながら胸を揉んだら、ため息を漏らして気持ちよさそうだった。
セーターを脱がせ、ブラの間に指を差し込むと、乳首がコリコリに立っていた。
あまり大きくはないけど、形のいい胸ときれいなピンクの乳首だった。
舌で舐めながら甘噛みすると、「あっ・・・」と体が反る。
繰り返していくと胸を押し付けてきた。

右手をジーンズの間から滑り込ませる、下着の上からでもわかるくらい湿っていた。
パンティの上からなぞるようにかすると腰がもぞもぞと動く。
そしてヒカルの手が、俺のモノを触り始めた。
硬さを確かめるように撫で回した後、グニグニと握ってくる。
そしてベルトをもどかしそうに外すと、ジッパーを下げて俺のモノを取り出した。
体をずらすと俺の脚の間に座り込み、俺のモノにしゃぶりついてきた。
可愛い顔に不釣り合いなくらい長い舌を絡めつけるように、肉棒を舐める。

「大きい・・・」と言いながら奥まで咥えてくれた。

フェラの最中に大きいと言われるのはお世辞でも嬉しい。
ヒカルは慣れた様子で、頭を振りながら音を立ててしゃぶってきた。

「私、フェラ好きなんだ。前の彼に仕込まれたから上手いでしょ」

途中で口を離してヒカルが言った。
唇から俺のモノにヒカルの涎が糸を引いている。
もう少しでイキそうだったが、なんとか耐えた。

「今度は俺がヒカルちゃんを気持ちよくする番」

ジーンズを脱がしたら、パンティには染みができていた。

「びしょ濡れじゃん」と言うと、「バカっ」と怒られた。

パンティも脱がしてクンニ。
おまんこの毛も手入れしてあって感度もいい。
ペロペロ舐めてると、お尻のほうまで垂れてきた。
俺のものを宛てがうと・・・。

「久しぶりだから入るかな・・・」

ゆっくりを進めていった。

「ちょっとキツいかも」

処女じゃないのはわかっているが、ほんとにちょっとキツそうだった。
145センチくらいで、俺の肩よりも小さい。
上にかぶさって抱き締めてると、すっぽりと腕の中に入ってしまうくらいの体だった。

「無理しないでいいよ」

一応、気にして声をかけると、「大丈夫。ゆっくりと広げて」と腰と押し付けてきた。
ゆっくりと押し込んでいく。
キツめの穴だけど、少しずつ広がっていくのがわかる。
ゆっくりと奥まで押し込むと、「大きい」と、またもや嬉しい言葉。
ゆっくりと動かすと、ヌルヌルしたおまんこが絡みつくように動いた。

「うん・・・ああ・・・」

気持ちよさそうな声をヒカルが出し始めた。
それと同時に、足で俺の腰を挟むようにしてきた。

「ううん・・・ア・ア・ア」

声が大きくなってきた。
するとヒカルが急に眼を開けて・・・。

「バックでして」

俺は一度体を離してから、ヒカルの体を転がし、うつ伏せにした。
ソファの背もたれに体を預けさせて、お尻を突き出させると、ヒカルは嬉しそうに突き出した。
ドロリと白い本気汁が付いているまんこが、ぽかっと口を開けている。
きれいなピンク色で、フェラのテクからは考えられないようなきれいなまんこだった。
お尻を突き出したまま欲しそうに揺らすヒカルに、ずぶっと突き刺してやった。

「いい、いい・・・」

ヒカルは自分からケツを振ってきた。
さっきまでの可愛いお尻ではなく、いやらしいケツだった。
俺は細いウエストをグイッと掴むと、激しくピストンを続けた。

びじゅびじゅ、ジュブジュブ。

突くたびに音がして、余計興奮した。
2、3分突き続けたら、ヒカルのまんこから、たら~っと汁が垂れてきた。
潮吹きではなくて、太ももを伝って垂れていくのが分かった。
もっと突くと、マン毛を伝ってぽたぽたと滴り始めて、ヒカルは呆気なくイッた。
もう一度向きを変えて足を肩に抱え、まんこを丸見えにして突き刺し、限界まで突いたところで口の中に俺のモノを押し込み、射精した。
初めての女にちょっとやりすぎたかなと思っていたら、「良かったあ。久しぶりだったから、いっぱいイッちゃったよ」と言いながら抱きついてきた。
しばらくそのまま抱き合っていた。

とっても可愛くてセックスの相性のいい女の子を見つけた。