俺が高2、彼女が高1の初夏、裏山の藪の中で合体中、覗きのオヤジにもろに見られ、説教までされた話を書きます。

彼女は身長165cm、バストCカップ、肌は透けるように白くて体操部所属。
蒼井優似の本当に可愛い女性だった。
家はシングルマザーでお母さんは30代後半の綺麗な人。
個人病院の院長の愛人をしていたから経済的には恵まれていた。

俺はバスケ部、同じ体育館で練習していて新入生の彼女に一目惚れ。
俺は体育館でみんなが見ている前でラブレターを渡した。
彼女は耳まで真っ赤にして受け取ってくれ、それから交際が始まった。

デートは学校が休みの日、誰もいない教室、または部室。
彼女は結構積極的で、2回目のデートでキスをした。
性に対して関心が強く、俺が何をしても拒むことがなかった。

3回目のデートでブラの上からバストを触り、スカートの中に手を入れ、パンティーの上から陰部に触れると、「はぁ・・・」と声を出し、顔を真っ赤にしていた。
パンティーの中に手を入れると陰部はトロトロの状態で、「あっあっ」と小さなよがり声を出した。
パンティーを脱がそうとすると、「今日は危ない日だからダメ」と手を押さえられた。
当時、まだ俺は安全日とか危険日のことはあまりよく知らなかった。
町に3軒の薬局があったが、コンドームをで買いに行く勇気はなかった。

交際を始めて2ヶ月くらいで2人の行為はどんどんエスカレートしてきて、誰もいない教室や部室で愛撫しあっていた。
もしも誰か来たときに備えてブラを外すことはなかったが、パンティーはいつも脱いだ状態で鞄に仕舞い、誰かが来るとスカートを下ろし、何事もなかったように教科書を開いたりしていた。
(スカートの丈が今の女子学生のように短くなかった時代だった)
ポケットティッシュなんて便利なものはなかったから、俺は腰に部活用のタオルをぶら下げて、濡れた指やトロトロに濡れた彼女の陰部を素早く拭いてあげたりした。
一度、部室で、パンティーを脱いで始めようとしたとき、男子生徒が1人部室に駆け込んできたことがあった。
彼女はパンティーを仕舞う暇がなくて、慌ててパンティーを小さく丸めて握り締め、トイレに駆け込んで穿いてきたことがあった。

愛撫はいつでも積極的に受け入れてくれた彼女だったが、挿入だけは危険日と言って断られた。
デートはいつも俺から誘うのだけど、そのときは珍しく彼女から、「今度の日曜日はどう?」と誘ってきた。
俺は、(もしかして安全日か!)と想像し、15センチの愚息はギンギンにいきり立った。

その日はちょうど小雨の日で部活に出てくる生徒も少なく、いつになく校舎は静かだった。
2階の一番端の教室に入った俺たちは、すぐに彼女のパンティーを脱がして鞄に仕舞った。
彼女の陰部はいつもよりトロトロに感じられ、「今日は安全日?」と俺が聞くと、彼女は少し表情を硬くしてこくりと首を縦に振った。
愛撫だけなら、誰か来てもスカートを下ろして誤魔化せるけど、挿入となると俺がズボンを脱がなければならず、急に誰かが入ってきたら隠しようがない。
念のため校舎を1周りした。
女子部の生徒が10人ほど確認できたが、男子生徒の姿はなかった。

教室に戻ると、彼女は初体験の恐怖心からか、いつになく表情が曇っていた。
教壇に寝かせスカートを捲ると、可愛いピンクの陰部が見えた。
彼女は恥ずかしいのか両手で顔を隠している。
陰部はいつものようにトロトロ状態になっている。

俺は廊下の足音を確認してズボンを脱いだ。
パンツは完全に脱がず、膝くらいまで下ろした状態で挿入を試みる。
陰部は滴るように濡れていて、彼女も正常位体勢で完璧な体勢だけど、初めての体験で焦っていてなかなか挿入できない。
5、6回失敗した後、亀頭を手で押さえて一気に俺の15センチを根本までぶち込んだ。
彼女はあまりの痛さに10センチくらいずり上がり、机の足に頭を思い切りぶつけた。
彼女は上下同時の激痛。
2人で思わず笑ってしまった。

出血もひどく、途中まで下ろした俺の白いパンツに血がいっぱい付いていた。
血の混じったザーメンが大量に出てきたので、腰のタオルで綺麗に拭いてあげた。
パンツを洗濯に出したとき、おふくろは感じ取ったらしく、暗い顔をしていた。

一度体験してしまうと彼女もより大胆なり、機会があるごとに合体するようになった。
安全日が前提だけど、やりたさには勝てず、危ない日でも中出しで挿入した。
無事に生理が来ると彼女は嬉しそうに報告に来た。
合体と言っても、スカートを捲ってパンツを下ろし、慌ただしく腰を使って2、3分で射精、タオルで拭いてお仕舞い。
彼女は挿入よりも愛撫の方が好きらしく、2人になると自分からパンティーを脱いで俺の手を誘導し、呼吸を荒らしながら悶えた。

やがて学校での合体が一部の生徒に感づかれ、2、3分の挿入でさえ難しくなり、愛撫だけの時は学校で、挿入の日は山に行くことにした。
寒い季節は山は無理だけど、初夏に入り絶好の季節になった。

「山に行って、2人でゆっくりしてこよう」と提案すると、彼女は「私、美味しい弁当を作るから」と嬉しそうに同意した。

当日は快晴で、それほど暑くなくて最高のデート日和。
俺はいつもの制服、彼女は花柄のスカートに白のブラウス。
山に入ると時折涼しい風が吹いてきて気持ちが良かった。

目的地の丘まで、まだ2キロくらいあったが、見渡しても人の気配がなかったので、いつものようにパンティーを脱ぐように言うと、彼女はさっと脱いで鞄に仕舞った。
俺はブラの上から乳房を愛撫し、ブラウスのボタンを外したが、ブラの外し方が解らずに戸惑っていると彼女が教えてくれた。
(パンティーはいつも自分で脱いでくれたが、学校ではブラは外せなかった)
成長過程の真っ白な乳房が眩しかった。
学校では何度も合体しているけど、いつもスカートは穿いたまま、ブラも付けたままなので、まだ一度も彼女の全身を見たことがなくて、可愛い陰部もどうなっているかさっぱり解らない。
今日こそは素晴らしい全身と可愛い陰部をじっくりと見ようと、俺の15センチはズボンの中で暴れ回っていた。

何度も周りを確認するが、人の気配はまったくない。
キスをしたり、陰部に指を入れたり、乳房を揉んだりしながら目的地に向かった。
笹藪の丘は四方が500メートルくらい見渡せ、笹の高さは80センチくらいだから、万が一誰かが上がってくれば確実に確認できる。
絶好の場所だった。

俺は部活で使うバスタオルを敷き、そこに彼女を座らせ、キスをしながら片手で乳房を揉み、片手で陰部の膣に2本の指を入れたりした。
クリを触ると、「あっ・・・あっ・・・」と、彼女は学校では出したことのない大きな声で喘いだ。
10分くらい愛撫した後、第1回の挿入をしようと彼女のブラウスもスカウトも全部脱がし、俺もズボンとパンツを同時に脱ぎ、2人とも全裸になった。
全裸の彼女を寝かせた。
素晴らしいプロポーションと透けるような白い肌が眩しかった。

挿入直前、中腰でもう一度、人影がないか四方を確認した。
正常位の体勢で、ゆっくりと彼女の膣の中に俺の15センチを挿入した。

「ひぃっ・・・」

彼女の悲鳴に近い声が誰もいない山に響いた。
声に刺激されて俺は激しく彼女の小さな膣を突いた。
2、3分で第1回の射精をしようとより激しく腰を打ち付けると、「ひいっ」と一段と高い悲鳴を上げた。
その時だった。

「何をやってるんだ、お前ら」

目をやると、40歳くらいの土方風の男が俺の腰のすぐそばで仁王立ちしていた。
俺が上半身を起こすと同時に、彼女は慌てて両手で乳房を隠した。
俺も結合部分と彼女の陰毛を隠そうと両手を当てた。
射精寸前の俺の15センチは彼女の可愛い膣の中でピクンピクンしている。
なんとか服を取ろうとしたが、几帳面な彼女が綺麗に畳んで隅の方にまとめてあり、結合状態では取れない。
オヤジは結合部を見ようと、上から見下ろしている。
ほんの一瞬だったが、ズルリと抜いて素早くスカートとズボンを取り、スカートで彼女の陰部を隠し、ズボンで俺の15センチを隠した。
一瞬だったが、抜く瞬間を見られたと思う。

オヤジ「お前ら学生だろう、親に言いつけるぞ」

俺「親は了解している」

オヤジ「じゃあ先生に言いつけるぞ」

俺「・・・」

オヤジ「学生がこんな所でやるんでねえ」

オヤジは捨て台詞を残して去っていった。
当時、山に登っていく途中に若い男に冷やかされことはあったが、覗き専門のオヤジがいるなんて知らなかった。
挿入の2、3分前に四方の確認をしたが人影はなかった。
オヤジは藪に隠れながらすぐ近くまで来て、フイニッシュを待っていたと思われる。
でなければ、飛び出してくるタイミングが良すぎる。

彼女は俯いたままスカートを穿き、ブラを着けブラウスも着て、「もう、帰ろう」と言った。
射精寸前まで来て出せなかった俺の15センチは、まだギンギン状態。

「場所を変えよう、もっと奥の誰もいない場所まで行こう」

俺が提案すると、彼女はコクンと頷いてくれた。

それから3キロほど上り、今度は笹藪でなく杉林に入った。
12時を過ぎているので、彼女が作ってくれた唐揚げ弁当食べた。
本当に美味しかったので、「美味しい、美味しい」と言うと、彼女は嬉しそうに笑った。

ここまで来れば人の気配は全くない。
今度は木の根を枕にする状態で愛撫を始めた。
ブラは外したが、さっきのことが頭にあるのか、スカートとブラウスは嫌だと言われた。
笹藪と違って太陽の光は届かないが、真っ白な裸身は美しかった。

陰部はずっと濡れていたようで、いつでも挿入可能の状態だったが、10分くらい膣とクリの愛撫を繰り返した。
彼女は小さく、「あっ・・・あっ・・・」と吐息を漏らす。
でもやはり、笹藪の時のような悲鳴に近い大きな声は出さなかった。

1回戦の挿入は、いつものように3分くらいでフイニッシュを迎えた。
大量のザーメンをタオルで処理したあとも休みなしに愛撫を続けると、綺麗に拭いた陰部はすぐにどろどろ状態になり、「はっ・・・はっ・・・はっ・・・」と俺の背中に爪を立てていた。

2回戦の挿入は5分くらい続いた。
1回戦よりも気持ち良いのか、俺の首にしがみついて離さず、「気持ちいいい・・・気持ちいい」と囁き、フイニッシュの瞬間には、「ひっ・・・」と小さな悲鳴を上げた。
1回戦ほどではないがザーメンも結構出て、タオルで綺麗に拭いてあげて、「少し休んで、またやろう」と言うと、嬉しそうに頷いた。

休憩と言っても、ずーとキスしたり、乳房を揉んだり、陰部を触り続けたので、陰部からは止め処なく愛液が溢れてくる。
20分くらいの愛撫で、一時はダラリとしていた俺の15センチも、またギンギンになってきた。
3回目の挿入をしょうと、「また入れるよ」と言うと、「うん」と嬉しそうに股を大きく開いて、彼女が正常位体勢をとる。
ゆっくりと挿入した。
もう焦りはないので、激しく突いたり、ゆっくりと突いたりして、彼女の小さな膣をじっくりと堪能した。
激しく突くと、「あっ・・・あっ・・・」と小さく声を出すが、ゆっくりの時も気持ちが良いらしく俺の背中にしがみついた。
3回戦はさすがになかなかイカず、10分くらい激しく突いたりゆっくり突いたりして、ようやくフイニッシュを迎えた。
フイニッシュの瞬間はまた、「ヒイッ・・・」と小さく悲鳴を上げた。
さすがにザーメンはほとんど出てなかったが綺麗に拭いてあげた。
ピンクの陰部は開陰部が少し赤くなっていた。
俺の15センチはさすがにダラリとしていたが、完全に縮んでしまうことはなかった。

正直、俺はもう1回できるかどうかは解らなかった。
ただ彼女の可愛い陰部を見たいし、もっと触って遊びたかった。
20分くらいおしゃべりしながらイチャイチャしていると、俺の15センチがまたムクムクと立ってきた。

「また入れていい?」と聞くとコクリと頷いた。

4回戦に突入。
陰部は最初のようなドロドロ状態ではなかったが、充分に濡れていた。
また正常位でズブリと奥まで挿入。

「あっ・・あっ・・」と小さな声を出し、激しく突くと、「あっ」と少し大きな声を出した。

今度はなかなかイカない。
途中で動きを止めて休んだりしたが、可愛い膣の中でギンギン状態は変わらない。
休んでは突き、休んでは突きを繰り返した。
10分以上猛烈に突きまくり、ようやくフイニッシュ。
さすがに俺も全身の力が抜けて、そのままの状態で5分くらい休んだ。
ダラリとした15センチをズルリと抜いて可愛い開陰部を見たが、ザーメンは一滴も出て来なかった。

高校卒業と同時に俺は上京した。
田舎の駅にお袋と、お母さんと一緒に見送りに来てくれた彼女がホームで目を真っ赤にしていたのが忘れられない。
青春の楽しい思い出話でした。