智恵はクリを指の甲でリズミカルに回転させながら、もう一方の手で穴の周りを2本指でぐちゅぐちゅと掻き回し、すぐさま指を2本入れると、クリのリズムと同じように回転させていた。

「だめぇ、見ちゃイヤ!」

「智恵のすごい濡れてる」

「あぁ!そんな!感じちゃう」

「溢れてるじゃん」


くちゅくちゅという音が響き渡り、やらしい独特の匂いが充満する。
仁王立ちになると、口を優しくちんぽへと導く。

「はぁ・・・おちんちん咥えさせて、すっごい濡れちゃうの」

ヘアトニックのビンを前後に出し入れしながら言う。

「あぁ・・・やらしいよぉ!」

独り言のように、まるで自分で自分を言葉責めしているみたいだ。

「イク!智恵イッちゃう!」

「まだダメ!」

「どうして、ダメなの!イクの!」

「だ~め」

今度は俺が仕返しする番だ。
凄い速さでヘアトニックのビンが出し入れされてる。
根元を押さえて、それをテコのような頭を前後させてちんぽに吸い付き、また離す。

「いいの!もうダメ、入れて!入れて欲しいの!」

「イッちゃいなよ」

「ダメなの!ちんちんでイキたいの!お願い!」

余裕が無いのは俺も同じだった。
四つん這いにして後ろからズブリと入れた。
智恵は入れた瞬間にイッてしまった。

「あぁ大きいの!イク!動かしちゃイヤ!あっダメ!だめ、あっイク!!」

仰け反って、再び枕に突っ伏して果てた。
アナルがヒクヒクしていてやらしかった。
たっぷり濡らした人差し指をゆっくりと入れると、ぎゅっとアソコが締まる。

「お尻!お尻だめぇ今日だめぇ」

「いつもしてるんでしょ?」

「あ~ん、イヤイヤお尻汚いからイヤァ」

お構いなしに第二関節まで入れる。

「うぐっ!だめ!またイク!あぁぁぁぁイク!!」

またイッてしまう智恵。
腰を抱えて高速ピストンするが、濡れすぎてて摩擦が無く、あんまり気持ち良くない。
ただこれが智恵には良かったみたいだったし、俺にも好都合だったw
バックから座位に移り、お互い結合部を見ながら唇を貪り合う。
智恵は絶えずビクビクと震えてて、あそこも小刻みに締まる緩めるを繰り返している。
胸を揉みしだいて、柔らかさを堪能し、乳首をこねる。

「おっぱい!もっと!もっと弄って!」

俺のあぐらをかいた膝の上で自分から腰を上下させる智恵。

「入ってるところ触ってよ」

「んっ、ここ、ここにちんちん入ってるよ」

「どこ?」

わざととぼける俺。

「あぁ、ちんちんが智恵のオマンコに入ってるぅ~」

指で確認しながら悶える姿はさすがにやらしい。
けれど目が完全にイッちゃってる。
視線が定まらない。
手を離せばふらふらと崩れ落ちてしまう。
正常位に直り、すぐさま脚をV字に開かせて突く。
内壁が抉られるような角度でのピストンで、俺の亀頭まで擦り取られるようだ。

「あぁだめぇ!ごめんなさい、またイクの!ごめんなさい!」

今までとは全然違うイキ方。
全身がぶるぶる震えて、歯を食いしばって「うぐっ!」とか「ぐっ!」と発する。
身体は弓なりでピーンと張った糸のようになる。
股間からはシューっと潮が止め処なく溢れて、その後に黄色い液体がちょろちょろと出てくる。
張った糸の上半身に比べて下半身はガクガクと震えて腰の部分だけ別人のような動き。
ぎゅっと締まると俺も、もう限界だった。
覆いかぶさって匂いを嗅ぐ。
髪の匂いが脳天を突き抜ける。

「智恵、気持ちいいよ!出そう」

「んっ」

「いいの?出すよ!」

コクンと頷くが、もう白目になるほど半失神状態だ。

「あああぁぁぁ」

突然、智恵が叫ぶ。

「智恵イクよ!いいの?精子出すよ!智恵の中に出すよ!」

「うぐぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

雄叫びに似た声を出して、智恵はまたイッた。
ちょっと怖くなって萎えた。
けれど、朦朧としているのにぎゅっと抱き締めてくる智恵に俺は再びピストンを始めた。

「智恵、智恵の奥に出すよ」

「あぁ・・・」

「イクよ!イクよ」

締りがすごい!
千切れるほどに締まる。

「来て・・・もう・・・」

息も絶え絶えな感じで、顔はさっきの赤い顔から白さを増してる。
そのまま智恵の耳元で、「智恵の中に全部出すからね」と言った瞬間!
暴発した銃みたいに、ドクドクっと湧き上がってきた。
そしてそのまま智恵の中へ送り込まれる。
ねっとりとまとわりつくお互いの性器。
引き抜くと、智恵の太ももにはべっとりと俺の精液が付いていた。

「ぎゅっとして欲しいの」

抱き締め、しばらく2人でぐったりしていた。

「すごいイッちゃったw超気持ちいいかも~」

「そう?」

「オナニーのさせ方とか超エッチw」

「まじ?w」

「智恵ちゃんのフェラだって最高だよ!」

「え~ほんとぉ~」

「他の男にしてたら嫉妬しちゃうかもw」

「なら、もう1回してあげる!」

湯船に腰掛けると、また吸い取るようなフェラが始まった。
亀頭全体を刺激しながらも、微妙な手コキや玉への刺激も忘れてない、まさに絶品。
すぐにイキそうになる。

「あぁ智恵!イキそう!」

「いいよ、イク時は頭を押さえていいからね」

「え?俺、強く押さえちゃうかもよ?」

「いいよ、ぎゅって強く押さえて!全部飲んであげるから」

後半は手を使わず、口のみを前後に動かす。
俺の片手は胸を、もう片方は優しく髪を撫でていたが、突然の亀頭への集中攻撃で一気に高まった。

「イク!智恵イク!」

両手で頭を押さえて根元まで深く咥えさせる。
ちょっとだけ「うぐ」ってなったが、そのまま俺は智恵の口の中に放出した。
押さえた頭は完全に俺の股間に埋まり、智恵は喉を鳴らしていた。
ぶるぶると脚が震えて止まらず、智恵は「ふぅ~」と言ってちんぽから顔を上げると・・・。

「2回も出したのに信じらんな~いw」と笑って見せた。

その夜遅く、もう明け方だけど、ホテルを出た。
眠い俺とは対照的に智恵は元気ハツラツで、スキップするほど元気だった。