繁華街の飲み屋で酔った女に出会ったのはだいぶ前の話。
飲み屋のカウンターでちびちびと飲んでいると、突然隣に座った女の子。
小声で可愛く、「ねぇ?やっちゃわない?」と誘われた。
なんの話かわからずにいたんだけど、飲み代を払えば私とエッチできるよ!という意味だった。

容姿は可愛いし、胸なんかはち切れんばかりの大きさで、たわわに実った2つの果実の谷間はかなり美味しそうに見える。
太もも丸出しのミニスカート穿いて胸の谷間を見せつけながら髪のいい匂いを振りまいている。

溜まってて、すごいチャンスと思っていたけど、美人局な感じもするし悩んでいた。
しばらく隣で飲んでいると、家が近かったり出身学校が隣だったりして、話のやり取りは正常だった。

「やっちゃわない?」の話題にそろそろ近づいてきて、「ねぇ、我慢できないんだけどw」と、俺の手を取って太ももの内側へと導く彼女。

でも店の目もあるし、他の客だって『なんだこいつら?』的な目で見てる。
急いで「お会計!」と言い、店を出た。

ホテル街までは歩いて10分ほどだ。
その間に名前を交換した。
彼女は『智恵』という名前だった。
腕を組んで歩いてると胸をぐいぐい押し付けてくる。
完全に美人局を疑った。

「怖い人が出てきて、『俺の女に何すんじゃあ~ぼけぇ!』ってならない?」

「ははははww面白い人www」

「まじそういうのは勘弁して、怖いの嫌い」

「大丈夫!早くいこっ!」

手を引っ張られてホテルへIN。
エレベーターでキスを迫られてキスすると、頭を押さえられて強引な吸い上げ。
脚を絡めてきて手を股間へと導かれる。
びっくりしたのはノーパンで、もう垂れるほど濡れていた。

部屋へ入るなりスラックスとYシャツを脱がされるんだけど、ネクタイだけ着けてるという間抜けな宴会仕様にw
智恵はそのままTシャツを脱ぎブラを外す。
これまたすごい巨乳で、跪いてビンビンなチンポを軽く挟む。

「出す?出さない?」

笑いながら言う智恵。
責め好きな女の子に、ただただ驚いていた。
正直頭の中が真っ白で、今までの経緯が信じられなくて、(この子はいったいなんなんだ?)という疑問だけが頭に浮かぶ。

「はい、はい。考えないの~w」

それを見据えてか、彼女は笑う。

「じゃあシャワー浴びようか?」

その場を逃げる提案をした。
だけれど智恵はそれを許さない。
ネクタイで両手を縛られて、ベッドに突き飛ばされる。

「ほ~ら、こんなに大きくして、エロい人」

そう言うと、ミニスカートをすらりと脱いで俺に跨がってくる。
後ろで縛られてる腕がさすがに痛い。
跨がると、ちんぽを自分のに擦り付けて言う。

「入っちゃうよ!ほら!いいの?」

声が出ない。
ビンビンの亀頭に擦れる刺激が頭の中を直撃する。
根元を持って一生懸命擦りつける智恵。
思わず腰が浮いてしまう。

「入れたい?やめとく?」

小悪魔な笑みを浮かべて、入れるか入れないかの感じでグラインド。
まじでヘタレな俺は病気のこととかを真剣に考えてた。

(入れたいけど、病気怖いよぉ~)

頭の中のスイッチがなかなか切り替わらない。

「黙ってたんじゃわからないじゃんw」

そう言うと智恵の股間に一気に根元まで飲み込まれた。

「うっ!」

容赦ないグラインドと軽い言葉責め。

「ねぇ?智恵のオマンコ気持ちいい?」

「気持ちいいよ!」

「中でこんな大きくしてwやらしいちんちん」

グラインドから今度は上下の運動へ。
揺れる胸がエロさを増す。

「あっ!いい!奥に!奥に来てる!」

奥の行きつく感じがたまらない。
亀頭が子宮入口をこじ開ける感じが先端に伝わる。

「智恵ちゃん!イキそうだよ!」

「ふ~ん、ギンギンなおちんちんから出しちゃうんだぁ~精子」

「まじで、出ちゃうよ!」

「だ~め!我慢して!」

イクのが少しでも遅くなるような作業を頭の中で始める。
サイン、コサイン、タンジェント・・・。
ベルヌーイの定理?
パスカルの原理?
台形の面積は・・・円周率は・・・。
でも、もう我慢できないレベルまで来ていた。

「いいの!すごいいい!濡れちゃうよぉ」

「あぁ智恵ちゃん!イクよ!イクよ!抜いて、中で出ちゃう!」

「出して!熱いの出して、おちんちんから精子出して!」

「うぅぅ!智恵イクよ!」

腰のピタっと動きが止まる。
智恵の中でびゅーびゅー出てる。
明るい部屋の中で根元まで入ってビクビクしててる自分のモノは大きく膨らんで充血して、なぜか自分のモノとは思えないほど大きかった。
智恵のクリがピンと上を向いて立っている。
綺麗に手入れされてる毛が濡れて根元で俺の毛と絡みついてる。

「あぁいっぱい出てるよ、中で・・・やらしいちんちん動いてるよ」

「智恵ちゃん・・・」

「あ~ん、もうイヤ!もっと!もっと出して!もっとやらしい精子ちょうだいよぉ~」

まだ腰をグラインドさせる智恵。
脇からぶちゅぶちゅと精子混じりのエロ汁が滲み出る。
それがローションの役割をして智恵の腰の動きが滑らかさを増す。

(見ず知らずの女に中出しとかあり得ない!これは絶対やばい!)

俺はヘタレ全開で早く帰りたかった。
使い物にならなくなったちんぽに気がついたのか・・・。

「あ~、気持ちいい。ねぇ?お風呂入ろ!」

ネクタイを解いてもらってお風呂へ行く。
シャワーをお互い掛け合いながら、湯船でキスしたり、いちゃいちゃモード全開でベッドに戻る。
しばしAVを観ながら雑談していた。

「この体位は無理だよねぇ~」

「そうだねぇ~」

でもだんだんと口数が少なくなってくる。

「顔射だよ!エロいなぁ~」

「うん・・・」

「この女の子のアヘ顔、いいよねぇ~」

「ん・・・」

「ん?智恵ちゃん?」

目がやばい。

「ねぇ?エッチしよっ!」

圧倒される俺。
ベッドに押し倒されて顔に胸が当たる。

「おっぱい舐めて、思いっきり吸って!」

乳首から全体を包み込むように舐めると智恵も喘ぎだすが、喘ぎが全然違う。
なんと言うか、舐めてるだけでイク時の声と表現したらいいのか・・・もうイキっぱなしな様子。

「あん、あぁ~、もっと!もっと舐めて!」

「こう?」

じゅるりと舌から舐めあげる。

「あぁ!」

「おっぱい感じちゃう子なんだ」

「うん、うん、すごいの!凄い感じちゃうの!」

股間はすでにヌレヌレ状態で、俺の太ももから膝にかけて擦り付けてる。
脚はすでにびちょびちょに濡れて膝の半月盤の硬い所にクリを擦り付けてる。

「あぁだめぇ~おかしくなっちゃう!キスしてぇ、あぁ」

唇が取れちゃうかと思うほどの吸い付きで舐め回してくる。

「好きなの!これ好き!」

片手ではちんぽを握り締めて上下に扱く。

「ねぇ?いいでしょ?ちんちんいいでしょ?」

もうラリってるとしか言いようがないほど目がおかしいし、言葉も舌足らずな甘えた感じ。
一通りキスが終わると、すぐさま股間に顔を埋め・・・。

「これ好きなの!ちんちん大好き!」

いきなり咥えだす。
飲み込まんばかりの吸い上げで、オエェってなるように根元まで飲み込んでる。
しっかりと竿の付け根を押さえて亀頭を剥き出しにしたフェラだった。
そして咥えたままで・・・。

「ねぇ、入れていい?いいよね?ちんちん智恵の中に入れていい?」

「まだダメだよ」

焦らしてみた。

「どうしたら入れてくれるの?」

そう答えが返ってくるとは思ってなかった。

「ここでオナニーしてごらんよ」

「うん」

素直に言うことを聞く。
アダルトグッズなんてなかったから、洗面所から備品のヘアトニックのビンを持ってきてゴムを被せる。

「あぁイヤ、見ないで!智恵のオマンコ見ないで!」

そう言いつつ、ぱっくりと開いたアソコを見せ付けるように、智恵はベッドの端でM字開脚した。

<続く>