私は41歳の借金男です。
全ての預貯金などを解約し返済しても260万円の借金が残りました。
これも早期に完済しないと、あっという間に利子が膨らんで元の木阿弥です。

そんなある日、36歳の妻が離婚届と完済証を私に差し出しました。

「お前、どうやって完済したんだ?」

「聞かないでください。黙って私と別れてください」

離婚届は私が預かりました。
そして妻に完済理由を問い詰めました。
妻は黙って紙袋を私に渡して家を出て行きました。

紙袋の中身は4本のDVD-ROMでした。
『DVD1』には、妻が5人の中高年男に寄ってたかって強姦されている映像が映っていました。
どう見ても私より年上の50代60代のジジイ達に約1時間30分、両足を拡げられて組み敷かれ、1人ずつ順番に中出しされていました。
終わった後、涙を流している妻が映っていました。
そして彼らは1人あたり数枚の1万円札を妻に放り投げて画面から消えました。

『DVD2』に映っていたのは、明らかに不良少年でした。
妻は10代後半の悪そうな少年8人に囲まれていました。

「やらしてくれんの?童貞が2人いるからよろしく頼むよ」

そう言うと、妻はあっという間に裸にされ、手足を少年達に押さえつけられました。
何の前戯もなしに唾を膣にかけられ、やはり順番に肉棒を生で挿入されて、ガンガン激しく突かれて中出しされていました。
8人が1周して終わるかと思ったら、2順目が始まりました。
妻は押さえつけられ、驚異的な回復力の肉棒を挿されていました。
最後に映った妻のアソコからは、泡状になった精液がブクブクと溢れていました。

『DVD3』には筋骨隆々の刺青男3人が映っていました。

「ほう、上玉だねえ」

そう言うと縄で妻を縛りました。
身動きできない妻のアナルに何やら挿入して空気を送り込むと、妻のアナルが拡張していきました。

「やめて~」

妻の悲鳴が録音されていました。
その状態で膣にバイブが挿入されました。
男達は妻をその状態のまま放っておいて、3人で交わり始めました。
男達のうち、2人はゲイでした。
目を背けたくなる男同士のアナルセックスでした。
そして妻のバイブを引き抜くと、交わっていた男は妻の膣に挿入して中で射精しました。

「女の膣ではなかなかイケねえから、はじめはやっぱり野郎のケツだな」

そう言うともう1人も男のアナルから抜いて妻の膣内に射精しました。
最後の1人は妻のアナルから拡張器具を抜いて、代わりに肉棒を突っ込みました。

「ぎゃああー!」

空気を切り裂くような妻の叫び声が聞こえました。
妻は男にアナルに射精されていました。

『DVD4』に映っていたのは複数の黒人でした。
肌の色艶からアフリカ系だと思います。
羽交い絞めにされて大きく開脚させられた妻の膣に長い肉棒が次々に入れられ、どんどん射精されていきました。
1人あたり4~5分で射精していく場面が延々と続くのですが、いったい何人に犯されているのか分かりません。
延べ20人くらいになるでしょうか。
見た目では別人なのか同一人物なのか判断がつきませんでした。

この映像がどこでどう使われるかは知りませんが、妻はこうして260万円を稼いだようです。
何十人という様々な男達の慰みものにされた妻・・・。
全ては私の借金のせいです。
結婚して14年、この世で一番愛しい女性が、借金のカタに陵辱されて汚されてしまいました。

今後、私は妻を抱けるのでしょうか・・・?
それとも、妻の望み通り別れるべきでしょうか・・・?
情けないですが、すぐには答えが出せません。