「最近デートしてないよ?こーた君と紅葉見たり海とか行きたーい!」

って駄々をこねてみた。
着いた先は海の見える山道の駐車場。

さすがだよ!さすがこーた君だよ!
後方に色づき始めた紅葉がキレイ。
前方に見える海の水面がキレイ。
海も紅葉も一度に楽しめるスポット。

秋なんだけど、臆することなく屋外でソフトクリームを食べながら景色を楽しむこーた君と私。
かなり寒いけど、最高の舞台です!
ソフトクリームは、こーた君はチョコ味が好きで、私はバニラ味が好き。
もし私達に子供がいたらミックスが好きなはず・・・なんて考えたりして、そんな楽しいデートだった。

帰り道、私はこーた君を部屋に呼びました。

「ねえ・・・私の部屋に、よ、寄っていかない?久しぶりだし・・・泊まってって・・・」

次の日は休日だったし、誘ってもOKですよね?って誘いました。
夕食、お風呂を一通り済ませて、待ってるのは恋人達のラブラブなものだと思うの。

「へへ、お風呂あがりのこーた君もいいですね」

洗面所でドライヤーをかけてるこーた君の後ろから抱きついて言いました。

「狭いよー」

「ヤダー。狭くないー。いつもメールだけだもんー。せっかく一緒にいられるからくっつくもんー」

って駄々をこねてみた。

「こんなのすぐだろ。嬉しいけどな」

「ヤダ・・・待てない」

ドライヤーをかけて両手を使用中のこーた君のスウェットを、トランクスごとスルルーンしました!
膝くらいまで下げたのです!

「ええーーー???」

「へへ、こーた君はしっかりドライヤーをかけててね」

するするとこーた君の前に回り込んで両膝をつきました。

「立ってますね・・・。こーた君のこーた君」

「え?えっ?何するの・・・?」

「へへ、ムチュ・・・」

「ぁ・・・」

「こういうこと。ムチュ・・・」

「・・・うぅぅ」

こーた君の付け根を強めに握って、ニュク・・・ニュク・・・擦るの。
口でムチューって先端を含んで、中では舌でクルクル擦るの。

「はあ・・・はあ・・・」

こーた君が腰を引こうとしたりするから、私は左腕をお尻に回して添えました。
『逃げちゃダメ』ってことです。

「これ終わったら抱きたいんだ・・・、だからさ・・・」

そう言って腰を引くこーた君。
ぐぐぅっとお尻を引き寄せる私。
それは自然と、こーた君のこーた君を私の口と手で擦ってるみたいになります。
グチュ、グチュ、グチュと鳴ります。
こーた君の根元を握っているし、口に含んで吸ってるし、化粧台の前でしてることだから狭くて、腰を引くくらいでは逃げられません。

「あ、うああ・・・、だめだよ・・・、本気・・・?う・・・」

「ムチュ・・・」

諦めたかのように動きが止まったり、抵抗するように腰を引いたりするこーた君・・・。
でも、腰を引くのは擦ることになるだけ・・・。
グチュグチュ鳴るだけ・・・。
余計に気持ちよくなっちゃうだけ・・・。
私だって、擦るのも舐めるのも、やめる気はないしね。

「だめだ・・・出ちゃうよ!はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「・・・ムチュ・・・ムチュ」

腰を引くこーた君・・・。
擦られて吸われて、自然と気持ち良くなっちゃうこーた君・・・。

「あ・・・っ、出る!!出る!!う、う、う!!」

びゅくー!びゅ!びゅー!!

こーた君もお尻もピクっピクってしています。
腰も意識しなくても動くみたいです。
自然と擦られて、グチュグチュしながら射精してます・・・。

「くぅ・・・ううっ」

へへ、いっぱい飲んじゃいました・・・。
結局、射精しちゃうまでこーた君は、ドライヤーを持ったままずっと乾かせないでいたそうです。

次は夜景が見たいなぁ。
こーた君と一緒に、こーた君のこーた君にも見せてあげたいなぁ・・・。