きのう学校で『カイボウ』があった。
隣のクラスのUって奴なんだけど、僕が駆けつけたときには丁度パンツのゴムに引っ掛かったまま勃起したUのチンコがお腹に向かってビコーン!って飛び出す瞬間だった。
後で同じクラスの林から聞いたんだけど、スペシャルヤンキー3人組の1人である持田にハーフパンの上からしつこく揉まれてるうちに立ってきちゃって、「デケー、こいつの」の一言で他のヤンキーも集結して、「見ようぜ」ってことになったみたい。

「女子は出て、女子は出て」って仕切り役の近藤が女子を廊下に追い出してた。

Uは好感度上位のほうだから教室の内と外側はすごい騒ぎになってた。
仕切り役の近藤が戻ってきて、「上も上も。マッパや!」って怒鳴ってTシャツも脱がされてた。
その後3人組に片足ずつ持たれて逆立ちしたまま教室を歩かされてた。
男子に30人くらいに見られたと思う。
みんな自分の前を通り過ぎる時は爆笑しながら見入ってた。

「すんげぇ~、ズル剥けやん」
「あ~あ、出来上がっちゃってるわ、コイツ」

なんて野次が周囲から聞こえた。
僕も何か言ったが覚えていない。
チョークやUの穿いていたハーパンを股間めがけて投げつける奴もいた。
Uの顔を見たら、真っ赤に上気していて泣いているみたいだった。

もう少しで1周というところで、「もうアカン。許して」みたいなことを言ってUが床にへタレこむように崩れ落ちた。
ヤンキーたちが持ち上げようとしたけど重みで持ち上がらず、肩まで床についてた。

「何がアカンねん?もうこっちが限界か?」

近藤がニタつきながらUのボクサーパンツでチンコを弄り始めた。
その瞬間、Uが女の子みたいな声を上げて泣き始めた。

「やっぱりホモ確定やな」

大爆笑が起こった。
さっきまでに比べると少し萎えたみたいだけど、それでも鬼デカかった。

「センズリ好きそーなチンコやなぁ」

近藤が上下に扱き出すと、すぐにまたもち返してパンパンに勃起してた。
デカさを確認するように、近藤が自分の手首に回した指をUのチンコにも回して仲間に見せ付けていた。
時々近藤が手を離すとUの勃起がひとりでに上下に首を振るように動くのにはびっくりした。
近藤もそれが面白かったみたいで何度も同じことを繰り返してた。
顔は大泣きだったけど、Uの股間はめちゃエロかった。

持田の命令で近くにいた奴が携帯で撮影させられてた。
他に何人かも携帯で撮影していた。
動画を撮ってた奴もいたみたいで、再生して持田に液晶を向けて見せてた。
携帯のスピーカーからUの女みたいな叫び声が再生されて聞こえた。

持田たちは満足そうに、「裏ビデオより凄いやんか」って笑って見てた。

近藤が「オラッ、どうすんだ?もう潮吹きたいんかー。嫌なら歩け!」ってものすごいスピードでUの勃起をしごき始めると、「やだぁー!」って凄い声を出しながらUが起き上がった。

そのまま近藤の手から逃れるように、また全裸の行進が始まった。
でも、半周もしないうちに、またUは両手を崩して床にへタレこんだ。

「もう許してぇ」

見るとマジ泣きで近藤たちにすがってた。

「ほな、ここで吹かしちゃう?」

上になってた羽生が近藤に持ちかけると、「凛香の机まで連れていこや」って言い始めた。
ほんとかどうかは知らないけど、Uと凛香は以前から付き合ってる噂のある2人で、本人たちも否定はしてないみたい。
でも凛香は学年でおそらくトップクラスの人気だから、密かに狙ってる男子も多いと思う。
かく言う僕も凛香フェチの1人。
何回か凛香の妄想でオナニーしたことがある。

その凛香の机のところまでUを連れて行くと、「凛香とおめこしたんやろ?白状しーや。してるとこ見せてーな」と言って無理やり立たせ、凛香の机の上に股間が密着するように前屈みに寝かせ、そのまま持田が馬乗りになってUの体を固定した。

「ほーら、好きに凛香とやっていいぜっ。自分で腰使って凛香の机にぶちまけろや!」

そう言って突き出したケツをしばいてUを促した。
(エグいいじめやなぁ)と思いつつも見入ってしまった。
Uがなかなか腰を使おうとしないでいると、持田がチンチンが机と密着する辺りに腰を下ろして、グリグリと体重をかけて刺激してた。

「どや、気持ちええか、凛香は?」

持田の卑猥な表現を聞いて僕の胸がカァーっと熱くなった。

(あの凛香の机に・・・)

今まで味わったことのない、表現しがたい興奮が襲ってきた。
一向に自分から腰を使おうとしないUに、とうとう近藤がキレた。

「おい、下に行って淳平を呼んでこいや。兄貴がおめこのやり方を教えたるつって、無理やり引っ張ってこい!」

Uは2個下の1年に弟がいて、そいつをここに連れて来いという意味だ。
Uの声がピタリと止まった。
と言うより完全に固まったようだった。

「早くしろ!」

近藤はマジで羽生に指示してたと思う。
羽生が行きかけようとした頃、Uが焦った声で、「やめて、するから・・・」と言うのが聞こえた。

「じゃあ、やれ」

近藤がきっぱりと言った。
そして・・・ついにUは凛香の机に勃起を押し付けたまま、自分から腰を前後にゆっくり使い始めた。
再び限度を越えた興奮が僕の体を襲ってきた。
見ていられない光景だけど見てしまった。
近藤が膝でUのケツを後ろから小突くようにして、「オラ、もっと大きく動かさんかい。イクまで許さへんで」と真顔で言っていた。
5分くらいは腰を振らされていたと思う。

「一度起こせや」と言う近藤の指示でUの上半身が起こされた。

見るとUのチンポとヘその下辺りがヌラヌラに光ってた。
凛香の机も光ってた。

「仕上げは手でバッチリ決めろや!淳平を呼びに行かすから、上がって来るまでにフィニッシュしないとえらいことになるで。えへへへ」

「ホーーッ!」

ヤンキーたちから狂った歓声が沸き起こった。
それと同時に本当に羽生が弟を連れ出しに教室を出て行ってしまった。

(マジかよ)

内心そう思った。
あの状況で身内に入って来られたら、僕ならもう死ぬしかない。
とりあえずUはセンズリを始めた。
最初は躊躇いながらゆっくりしごいてたけど、途中から覚悟を決めたようだった。
他人のオナニーなんてもちろん生まれて初めて見たけど、大体同じだったので少し安心した。

でもアレのデカさは完全に負けていた。
僕も平均値くらいはあるけど、Uのと比べると大人と子供のくらい差があった。

1分くらい猛烈にしごき続けた後、相当に高まってきたのか、それとも焦っていたのか、イク寸前はかなりエロかった。
ヌラヌラの先っちょを凛香の机に乗せてこねるような動きをしたり、乱暴に机の上に叩き付けたりと、いつものUからは想像できない光景だった。
そして「ダメダメダメ」を何十回も言い続けたかと思うと、とうとう爆発した。
1発目は凛香の机ではなく、隣の机にビュッといった感じで放たれた。
その後は見事に凛香の机にことごとく命中し、すべてが終わった時にはドロドロになってた。
ヤンキーたちだけでなく他の奴らからも、どよめきや野次が飛んでいた。

「汚ねぇー」
「やっぱ変態やな、コイツ」
「出しすぎやろ!」

散々コケにされまくりながらも射精の余韻が後を引いてるみたいで、気怠そうにUは自分の勃起からようやく手を離した。
離した後また例によって上下にゆらゆらと動いていた。
すぐに僕は教室を出ようとしたけど、その後Uは必死で後始末をしたようだ。
濡れ雑巾で何度も凛香の机や床を拭いていたとか。
教室でUがカイボウされたことは弟も凛香も聞いたようだけど、それ以上のことは今のところバレてはいないみたい。

夕べ裏サイトを開いたら、Uの股間と思われるドアップ写真が一瞬貼ってあったけど、すぐに削除されてた。
最後のシーンも誰かが携帯で撮ってたから、そのうち凛香にもバレるかもしれない。
それにしても凄いいじめだった。
そして今日、Uは学校に来なかった。