姉が勤めるようになってから、夜中に部屋に遊びに行く回数が減った。
疲れているのではないかと遠慮をしていたからだった。
そんなある日の夜中に、姉からメールが届いた・・・。

『◯男、まだ起きてる?お喋りしませんか?』

オレは静かに部屋を出ると、そっと姉の部屋に入っていった。
ベッドに腰掛けた姉が微笑む。

「こんばんは」

姉の部屋に入るのもなんだか久しぶりに感じて、少し緊張しながら姉の隣に座る。

「姉ちゃん・・・今日は夜更かしなんだね」

キスしようかと思ったけど、なんかタイミングを外した感じだった。

「うん・・・眠れなくてね。◯男とお話もしたかったし・・・」

姉が照れた感じで話し始めた。
姉が会社のこととかを話す。
オレも大学の変な教授の話とかをして姉を笑わせたりして時間が過ぎた。

早く寝ないと明日の朝が辛いかなと思って、「じゃ、そろそろ寝るね・・・」と立ち上がると、姉がオレの手を引っ張った。
少し俯き加減で小さな声で話す・・・。

「今日は・・・キスしてくれないの?」

突然の姉の言葉に驚いた。

「キスしていいの?」

姉の顔を覗き込むと目が赤かった。

「いいに決まっているでしょ。キスして欲しいの」

姉が呟いた。
何回もキスをした。
キスをしながら姉がオレを抱き締める。
キスの合間に姉が心配そうな顔をしながらオレに問いかけてくる。

「◯男・・・姉ちゃんのこと嫌いになっちゃった?」

オレはその意味がわからなくて、「なんで?」と聞き返した。
姉は泣きそうな顔になりながら・・・。

「だって、◯男・・・部屋に来てくれないし、今日だってキスしてくれないし」

姉がそんなふうに考えているとは思わなくて、オレは慌てて部屋に行かなかった訳とかを説明した。
オレの話を聞いた姉は、「本当に?」とオレの頬に手を添えた。

「本当に」

そう言いながらキスをすると姉がやっと微笑んだ。
姉とベッドの上に向かい合って座り、何回もキスをする。
だんだんと抑えられない衝動に駆られてくる。

「姉ちゃん・・・」

オレが呟くと・・・。

「しよっか」

恥ずかしそうに姉がキスをしてきた。
キスをしながら姉がオレのモノを触ってくる。
パジャマの上から擦っていたその手はパンツの中に入り、優しくオレのモノを擦り始めた。
姉が手を動かしながらオレの表情を見ている。

「◯男、気持ちいい?もっと◯男の好きなのしてあげるね・・・」

そう言いながら姉がオレのパンツを脱がした。
姉がオレをチラッと見た後に微笑んだ。
舌を出してオレの硬くなっているモノを根元から先端にゆっくりと舐め上げる。
先端までくるとチロチロと舐めた後に、また根元から舐め上げる。
それを何回も繰り返した後に、不意に咥えられた。
生温かい感触がする。
根元をそっと掴んでゆっくりと上下しながら、先端を唇と舌で滑らす。
姉の頭を撫でると、それに応えるように舌の動きが速くなった。

あまり口でばかりしてもらうと出てしまいそうなので、今度はオレがしてあげた。
姉を寝かせ、パジャマの下と下着を脱がす。
細く長い脚を開かせてオレの顔を近づけると、「恥ずかしいから・・・」と最初は言っているけど、敏感な部分を舐め上げると甘えたような声を出す。
指を入れて中を掻き回すほど、姉の中から体液が溢れてくる。
姉が声が出るのを押し殺して快感に耐えていた。
オレの指の動きに合わせて少しずつ姉の腰が動く。

「◯男・・・抱っこして」

姉が甘えてくる。
オレが壁に寄り掛かって座ると姉が跨ぐように乗ってくる。
姉は膝で立ち、片手でオレのモノを握ると自分で入れながらゆっくりと腰を沈めた。
全部入ると、小さな声で「入った・・・」と言って気持ち良さを我慢するような顔をする。

オレの背中に腕を回し、抱きつきながらキスをする。
姉が腰を動かすと粘膜同士が擦れ合う音がするような気がする。
本当にクチュクチュと音がしていたのかもしれないけど、耳元で発せられる姉の荒い息遣いと吐息でかき消された。
姉の中の気持ちいいポイントに当たると、「ンッ、ンッ・・・」と声を堪えながら腰を動かしている。

姉が疲れてきたようなので体位を変えた。
四つん這いになった姉がお尻を向けながら、少しこっちを振り返る。
『早く』と言うように目で訴えている。
姉の開いた割れ目に指を出し入れしながら、「もっとここを突き出して・・・」と言うと、「こう?」と素直に姉がお尻を突き出してくる。
姉の割れ目は開いて体液にまみれていたけど、「もっと自分で開いてみて」とお願いした。
姉が片手で割れ目を開くように皮膚を横に広げる。
スゴクやらしい格好だった。
枕に顔を埋めながら姉が呟いた。

「焦らさないで・・・早く」

後ろから姉の中にオレを入れると、「ンンッ・・・」と姉が声を漏らした。
わざと大きく出し入れをして、音を立てた。
途中で姉が違う反応をする角度があったので、今度はそこを狙うように腰を動かした。
たぶん、そこは姉の気持ちの良いポイントなんだろうと思う。
だんだんと姉は体を震わせ始めて、最後には、「アッ・・・アッ・・・」と小さな声を出しながら大きく痙攣をした。

姉は力が抜けてしまったのか、四つん這いにもなれずにうつ伏せに寝た。
その体勢では深く入れることが出来ないで、先端だけを浅く出し入れし続ける。
よく濡れているので、それだけでも滑って気持ちがいい。
オレはすぐにうつ伏せになった姉の腰から背中に出してしまった。
姉の背中をティッシュで拭いていると、姉が後ろ手に手を伸ばして体液に濡れたオレのモノを触った。
オレが姉の背中を拭き終わると、口で綺麗にしてくれた。
オレの好きなやつだ。

2人でベッドの上でゴロゴロとしていると・・・。

「腕枕して」

姉が甘えてくる。
腕の上に頭を乗っけて体をくっつけてくる。

「腕枕なんて久しぶりだから嬉しい」

姉がニコニコとする。

「姉ちゃん、嫌われたかと思って心配しちゃったんだよ?」

姉が腕枕をしている手と反対側の手を握りながら呟く。
オレが、「そんな事ないよ・・・」と言うと・・・。

「うん、信じてる・・・」

姉がオレに抱きつきながら呟いた。

姉が勤め始めて1年ぐらいが過ぎたある日に、姉が深刻そうな顔をしていた時があった。

「どうしたの?」

聞いても、なかなか話そうとしない・・・。
何度か聞いて、姉はやっと口を開いた。
勤め先に出入りしている人に食事に誘われるので悩んでいたらしい。

オレはその話を聞いて少し嫉妬をした・・・。
自分がまだ学生で頼りない存在だったから。
社会人で包容力のある男に姉が取られてしまうのではないかと不安になったから。
姉もオレがそう思うのではないかと心配して話そうとしなかったのかもしれなかった。

オレは姉に色々と聞いた。

「どんな奴なの?」とか「会社の男にも食事に誘われるのか?」とか・・・。

姉が言うには、今までにも何回か食事に誘われたことはあったが、やんわりと断っていたそうだ。
でも今回は同じ人に毎週誘われていると言う。
さすがに姉も断る理由がなくなってきたらしい。

オレが、職場って若い人が多いのかと聞くと、「会社の人は、おじいちゃんばっかりなんだけどねぇ」と答える。
でも他の会社の人が出向とかで出入りするらしかった。
オレは知らない敵に嫉妬、というよりも恐怖を感じていた。
普通に考えれば、姉は弟と恋愛するよりは、そういった出会いで恋に落ちるのが普通だし正常なことだ。
一般社会的な常識で言えば、オレに勝ち目など全然ない・・・。
何か心の中がザワザワするのがわかった。

「で、姉ちゃんはその人のことはどう思うんだよ?」

今考えると、少し棘のある言い方だったかもしれない。
姉は少し困った顔をしながら・・・。

「どうって・・・どうも思ってないわ」

姉の言葉に少し安心したけど、不安な気持ちは残った。

「もしもそいつが、『付き合ってくれ』とか言い出したらどうするんだよ?」

馬鹿なことを聞いているのが自分でもわかった。
姉は困った顔をして・・・。

「もちろん断るわ」

「でも姉ちゃん・・・オレなんかと付き合うよりも幸せになれるかもしれないよ?」

少し興奮気味になって自虐的なことを言っているオレを姉がそっと抱き締めた。

「姉ちゃんの好きな人は◯男。そして◯男も姉ちゃんを愛してくれているでしょう?」

姉に抱き締められたまま、「うん・・・」と頷く。
少し間があり・・・。

「だったら、それだけで十分。他に何も誰も必要ないの。だから・・・『でも』とか『もしも』とかは言わないで、悲しくなるから。好きな人に愛されて優しくされて毎日一緒にいられるんだもん、こんなに幸せなことってないよ?」

姉に抱き締められながらそんな事を言われると、自分の中にあった変な気持ちがすぅっと抜けていく。
抱き締めた手の力を抜くと姉が体を少し離し、ジッとオレの顔を見つめる。
少し目が赤いのがわかる。

「本当に嫌いじゃない?」

姉が真剣な顔をして聞いてくる。

「うん」

本当は『愛してる』と言いたかったけど、照れて言えなかった。
そんな答えなのに姉は嬉しそうに微笑むとキスをしてきた。
くっついて、お互いに寄りかかりながら会話をした。
姉が右手に嵌めた指輪を眺めながら呟くように言った。

「ねぇ◯男・・・姉ちゃん、明日から◯男に貰った指輪を左手にして行ってもいい?」

オレは意味がわからなくて、「どうして?」と聞いた。

「ん・・・そうすれば個人でのお誘いはなくなるかなっと思って。それでもダメだったら、『将来を誓った人がいます』って言うの」

そう言ってオレを見ると、頬をツンツンと突付きニコっと微笑んだ。

「あ・・・でも◯男に変なプレッシャー掛けているんじゃないからね」

オレにとっては、それがプレッシャーでも良かった。
姉がオレと一緒にいてくれるなら。
キスをしてお互いに優しく体を撫で合う。
舌を絡ませたキスが終わると姉が呟く。

「◯男・・・大好き」

姉がゆっくりと服の上からオレの硬くなった部分を触る。

「そこも?」

オレが下らないことを聞いても、姉は真剣な顔をして答える。

「うん・・・全部・・・ここも」

そう言うとオレのモノを取り出し、手でそっと握る。

「食べたいくらい・・・」

そう言うと口に含んだ。
ゆっくりと丁寧に舐め上げる。
チラッとオレを見て微笑むと「大好き」と呟き、また咥えた。

今度はオレが姉にしてあげた。
姉のパンツと下着を脱がせて、脚を開く・・・。
姉が恥ずかしそうなドキドキとした表情でオレを見る。
キスをしながら姉の感じやすい部分をゆっくりと、そして馴染んでくると指を入れながら触った。
敏感な部分に触る度に姉の体がピクンピクンと反応する。
オレはキスをやめ、今度はそっちにキスをした。
姉の皮膚を少し引っ張り、剥き出しになった部分を舐め上げる。

「ン、ンンッ・・・」

姉が耐えられないかのように体を反らし声を上げる。
オレは姉の中に指を出し入れしながら舐め続けた。
そのうち姉は「アッ!」と短い声を出して一瞬、動きと呼吸が止まった。

「気持ち良かったの?」

オレが顔を上げて尋ねると・・・。

「うん・・・少しイッちゃった・・・」

そう呟いた。

ゴムを付けて姉の中に入っていく。
お互い寸前まで行っているから、入れるだけでも果てそうだった。
普段している最中はあまり声を出さない姉が、その時は小さな声だったけどオレの名前を何回も呼んだ。

「大好き」と言う姉に、「オレも・・・好きだよ」と呟き返すと、姉が嬉しそうに抱き締めてくる。

深くまで入れて腰を擦り付けるように動かす。
姉もその動きに合わせるように腰を動かし始めた。
そのうち2人とも抱き合ったまま果てた・・・。

その後もしばらく抱き合ったままでいた。
呼吸が整うとオレは体を起こす。
姉は姉の中から引き抜かれたオレのモノをフニフニと手で触る。
体を起こし、オレのモノからゴムを外すと、また口に咥えて綺麗にしてくれた。

翌日から姉は左手に指輪をして出掛けた。
昼休みに姉から来たメールに、『右手の指輪をしていた所だけ指が細くなっているよ、不思議だね』なんてメールが来た。
夕方にもメールが届いた。

『◯男、安心してね』

それだけの短い文章だったけど、何か安心した。