春になり、姉が勤め始めた。
入社式の日は緊張した様子だった。
朝、姉の部屋の扉をコンコンとノックして開ける。
中から姉の声が聞こえる。

「どうぞ」

オレは少し扉を開けて姉の部屋に顔を覗かせた。

「◯男、なぁに?」

身支度を終えていた姉がオレを見て微笑む。

「姉ちゃん・・・今日から会社だね・・・。なんかオレが言うのも変だけど頑張ってな」

少し照れ臭かったけど、初日で緊張している姉に何か言葉を掛けたかった。
オレの言葉を聞いて姉はニコッと微笑み、オレを手招きした。
ドアを後ろ手に閉めて、オレは姉に近づいていった。
近くまで行くと姉が小さな声で囁いた。

「ありがとう。頑張るね」

そう言ってオレに軽くキスをした。

「じゃ、もう行くね」

そう言うと部屋を出て階段を下りていった。
初出勤の姉を玄関でオレと母が見送った。

初日は緊張して疲れたらしく、姉は帰って来るとぐったりしていた。
夕食の前にリビングのソファで姉に社会人の感想を聞いてみた。

「感想も何も・・・1日新人研修だよん。電話の受け方とか」

姉は今日の研修の内容を話した。
姉は夕食を食べ終わると風呂に入り、早めに寝てしまった。
寝る前に姉から、『今日は早めに寝ます。ごめんね』とメールがあった。
オレも疲れている姉の所に遊びに行っては悪いと思って夜中に行くのを遠慮するつもりでいた。

姉が社会人になり最初の土日が来た。
土曜の朝は、さすがの姉も少し寝坊をしていた。
父と母は2人で外出で帰りは遅くなると言っていた。
オレは1人、リビングでぼーっと過した。
退屈なので姉にちょっかいを出しに行こうかと思ったけど、疲れている姉を思うと寝かせてあげようと考え直した。

10時過ぎに姉が眠そうな顔をして下りてきた。

「◯男・・・おはよう」

リビングを見回す。

「お母さん、買い物?」

リビングにオレの他に誰もいないので聞いてきた。

「んー・・・親父と一緒にお出掛けだと。帰りは遅いって」

両親もオレ達に手が掛からなくなったので2人で遅くまで出歩くことが多くなった。

「そう」

台所の冷蔵庫からお茶を出してコップに注ぎながら姉が言った。
お茶を一杯飲み干すと姉が呟いた。

「姉ちゃん・・・もう少し寝るね」

姉が昼まで寝るのは珍しかったのでオレは心配になった。

「姉ちゃん・・・大丈夫?具合でも悪いの?」

オレの心配そうな顔を見て姉が笑う。

「大丈夫よ、ただ今週は緊張しちゃって疲れちゃっただけ」

姉はオレの頬にキスをした。

「◯男、12時になったら起こして・・・」

そう言うと姉は二度寝した。
昼の12時を過ぎたので、姉を起こしに行った。
ドアをノックしても返事はない・・・。
そっと開けてみると姉はまだ眠っている。
姉のベッドに近づき、寝息を立てる姉に囁く。

「姉ちゃん・・・もうお昼だよ」

そう言った後、姉にキスをする。

「うん・・・」

寝ぼける姉の頭を撫でる。
頭を撫でられた姉は寝ぼけながらも嬉しそうに微笑む。
姉が伸びをしながら体を起こし、顔を洗いに行った。
その間、オレは姉の香りと温もりのあるベッドに横になった。

姉が戻ってくると、「何ゴロゴロしてるの・・・」と言いながらもオレの横に潜り込んでくる。

真横にある姉の顔から歯磨き粉のミントの香りがしてくる。
チュッと姉に軽いキスをする。
だんだんとオレの鼓動が速くなっていった。

姉と舌を絡ませるキスを長い間した。
パジャマの上から姉の胸を触る。
姉の先端が硬くなっているのが薄手のパジャマの上からわかった。
摘むように指でコリコリとすると、姉は気持ち良さそうに、「ン・・・ンッ・・・」と少し鼻に掛かったような声を出す。
今度はボタンを外し、先端を直に舌で転がしながら、もう片方を指で転がした。

「◯男・・・まだ昼間だよ・・・」

姉が気持ち良さそうにしながらも呟いた。

「うん・・・」

そう言いながらオレは空いてる手を姉の下着の中に入れた。
姉の薄いけど柔らかい体毛の生えている辺りを優しく触ってみる。

姉は体をピクンとさせながら、「◯男って・・・エッチなんだ・・・」そう呟いた。

オレは「うん・・・」とだけ言って、中指を姉の中に入れた。

ヌルッとした感触の後に、すぐに体液が溢れ指がスムーズに出し入れできるようになる。
姉の下着が濡れてしまうほどに体液は沢山溢れた・・・。
オレは体を起こして、姉のパジャマの下と下着を一緒に脱がした。
部屋の中が明るいので姉が恥ずかしそうにしている。
脱がし終わると、オレもズボンを脱いだ。
そして姉のへその辺りにキスを何回もして姉の股間にもキスをしようとすると・・・。
姉が慌ててオレの頭を押さえた。

「ダメ!今日はそれしちゃダメ」

姉が慌ててた。

「どうして?」

オレが姉の内股にキスをしながら聞くと姉は恥ずかしそうにしながら・・・。

「明るいし・・・さっきトイレ行ったから・・・ばっちいよ」

顔が真っ赤になっている。

「平気だよ」

そう言ってペロッと姉の割れ目を舐めると、姉が「ンンッ!」と体を弓なりにさせた。

「気持ちいい?」

指を姉の中に入れながら敏感な部分を舌で舐めて姉に聞いた。

「ンッ・・・うん・・いい・・・」

姉は気持ち良さそうに呟く。
姉の中からは気持ちいい時に出てくる体液が溢れ出てくる。

「姉ちゃん・・・今日は敏感と言うか・・・感度がいいのかな?いっぱいだよ」

姉の中に指を出し入れした。
体を震わせながら姉が快感に耐える。

「んっ・・・久しぶりだからかな・・・気持ち良くて・・・ンンッ・・・」

姉がそう言っている時に体液の付いてヌルヌルになった指で膨らんだ敏感な部分を擦り上げた。
その瞬間的に体を大きく震わせて姉が果てた。
姉は体の感覚が戻ってくると呟いた。

「今度は姉ちゃんがしてあげる」

いつものように先端をペロッペロッと舐めてから咥えた。
しばらく口でしてもらっていたけど、「もう、入れたい・・・」と姉にお願いをした。
姉はニコっと笑って・・・。

「いいよ。でも、今日は付けようね」

そう言って立ち上がるとゴムを持ってきて付けてくれた。
付け終わると姉がオレにキスをしてくる。
オレはそまま姉を押し倒した。
姉の中で擦れる感覚を味わうようにゆっくりと大きく腰を動かし出し入れをする。
だんだんと姉の呼吸が速くなり、薄っすらと汗を掻いていた。
姉がオレの肩に腕を回し抱き締める。
密着するように体を合わせた。
それに合わせて腰を速く小刻みに動かすと・・・。
姉が耳元で泣いてるような声で囁いた。

「一緒に・・・ね?お願い・・・」

その言葉が合図になり2人とも果てた。

お互いに拭き合った。
姉がゴムに溜まったオレの体液を見て、「なんか・・・いっぱい出てるよ」と驚く。
服を着ると1階に下りていった。
姉がお昼を作ってくれて2人で少し遅めの昼食を食べた。
その後は夕方までソファに並んで座り、くっついたりキスをしたりしながらテレビを眺めた。

テレビを観ながら、「姉ちゃん・・・疲れてない?」と聞くと・・・。

「大丈夫、◯男にいっぱい愛してもらったから・・・元気になったよん」

姉は悪戯っぽく笑ってオレにキスをした。

<続く>