<自分のスペッ>
俺:167cm/65kg、23歳。

<相手のスペック>
165cmぐらい。
ポチャ、一応巨乳。

<ご主人様は放置がお好き>
連絡しても返事がなく、完全に放流されたかと思ったら、『ひまー』ってメールが来た。
今日は雨。
そして、俺に足はない。
なので、ご主人様に俺んちに来てくれるようメールすると、『うざ』だって。
なんとか来ることになるが、ガソリン代を要求してくる・・・。

<出会い>
ご主人様、俺の案内メールを無視して、適当な所に勝手に行く。
おかげで雨の中、家の周辺をウロウロさせられる俺。
なかなか会えず、キレたメールを送ってくるご主人様。

なんとか合流して我が家へ。
けど、機嫌が悪いご主人様。
ソファに座ってむっつり。
とってもだるそうなご様子。
俺も雨の中を歩かされて不機嫌だったので、無視して小説を読んでた。
すると、「マンガとって」とか「音楽かけて」とか言ってくる。
ふー、ま、いいか。
気を取り直して、ソファで漫画を読んでるご主人様の隣に座り、コートのボタンを開け、シャツとブラをずらし、おっぱい&乳首弄り。
ご主人様、俺のことを無視して漫画を読んでる。

ふーむ、じゃあ下にいこう。
ジーンズとパンツを脱がす。
おや、ナプキン。
ご主人様、生理中ですか?

「汚れないからいいじゃん」

とにかくクリ弄りを開始。
電気は点けっぱだし、まじまじとご主人様のピンクのあそこを弄る、舐める、弄る、舐める。
クリって薄ピンク色なんですね。
あんま明るいとこで眺めたことなかったから感動。
と思ったら、まんこに白いのが・・・。
これがマンカスってやつ?
てか、溢れる液体にも白いのがついてるんですが?
まーいいや、クンニだクンニ。

なんかご主人様のあそこが、プシュって鳴ったりします。
クリを舌先で細かく舐めたり、吸ったり、吸いながら舐めたり。
この頃になるとご主人様、顔を漫画で隠して喘いでます。

(こっち見てないし、このまま入れてもわからない?)

で、入れようとすると、さすがに気づかれる。

「うそ、生!?最悪。ゴムつけて!!!」

(ん?でも挿入は否定してない!)

ソファから布団に移動してもらって、電気を消して再度クンニ。
んー、辛抱たまらん。
ゴムをつけて、お尻を突き上げてもらって挿入。
もちろんドギースタイル。
あれ?
ご主人様、中は痛いとか言ってたのに、動かすたびに喘ぎます。
ちょっと感動。
けど俺って早漏なんで、すぐイキました。

で、今度はご主人様への番。
とにかくクンニです。
優しくクリを撫で回すなどして頑張って、なんとかご主人様をイカせることに成功。

その後、ご主人様はシャワーを浴び、一緒にコンビニへ。
ご主人様に雑誌やお菓子などを買ってあげて、そこで解散。

<その後の展開>
ご主人様曰く、今の彼氏よりいいらしいです。
けど、どうせまた放置されるんですよね。
・・・それが悲しい。