私の通う高校は、いわゆる女子高というもので、その学校でとても仲良しな友達がいました。
Kさんという子で、昔からの幼なじみです。
とても可愛いし、とても成績優秀です。
幼なじみだけあって、私達はとても仲良しでした。
もちろん友達としても、エッチな意味でも・・・。
中学生の頃からお互いを意識し始め、今では互いの家でキスしたり、裸で抱き合って寝たりなど、とても楽しい毎日でした。

学校ではなんとKとは隣の席で、しかも一番後ろだったのです!
教室も広く、生徒も多いため先生から私達が見えることはありません。
それをいいことにKは、授業中に私の太ももを触ったりスカートを捲って、パンツ越しに私のアソコの筋をそっとなぞったりしてきます。

K「A(私の名前)は今日も可愛いね///」

とか言いながらさらに触ってきます。
私も仕返しにKのスカートの中に手を入れ、アソコをツンツンと触り、「Kだって可愛いじゃん」と言います。
そしたら感じたのでしょうか、「んっ・・・///」と小さく声を出してきました。
これが楽しくて、授業中はずっとアソコを触りあっていました。

そして昼休み、私達は人がいない屋上でいつもお弁当を食べます。
もちろんエッチをするためです。
食事をするときは、互いに向かい合って脚を大きく広げて食べます。
うちの高校はスカートがかなり短いため、互いにパンツ丸見えです。

私「一緒に食べよ?」

K「いいよ~、早くちょうだい」

私は卵焼きを口に含んでKとキスをします。
口と口をくっつけて、その中で食べるのです。
グチュ、グチュ、と音が立ち、口の中が卵と2人の唾液で混ざりあいぐちゃぐちゃになります。
1人で食べるよりもずっと美味しく感じます。
そして口の中の卵焼きがなくなり口を離すと綺麗な糸を引き、どんどん興奮してきます。
それを何度も繰り返してお弁当がなくなったら、次は恒例のエッチタイム。
もちろん学校で裸になるわけいもいかないので、舌を絡ませあったり、服の上から胸やアソコを触りあったりします。
するとKが急に立ち上がります。

私「どうしたの?」

K「ねえ、パンツ交換こしない?」

私「え、いいの?私のを穿きたいの?」

K「うん、Aのを穿きたいな///」

私「うん、わかった///」

さっきまで互いのアソコを触り合っていため、もちろん2人のパンツは自分の愛液でびちょびちょになっている。
なのでこれがいかにエロいことか想像がつきます。
私とKは一緒にパンツを脱ぎ、相手へと渡します。
そして穿いてみると・・・。

くちゃぁ・・・。

私「あっ・・・///」

Kの愛の蜜でびちゃびちゃに濡れたパンツ・・・。
そう思うと私は凄く興奮して、自分のアソコから密が溢れてきます。
そしてKと私の混ざりあった愛液はパンツから滴り・・・床へポタポタと落ちていきます。
立ちながらお漏らししたみたいで凄く恥ずかしかったです。

私「あっ、どんどん垂れてる・・・///」

声を上げ、恥ずかしそうに、また申し訳なさそうにKを見ると・・・。
Kもまた私のびちょびちょのパンツから愛液が滴っていました。

K「Aも感じてるの?一緒だね」

なぜかとても嬉しかったです。
Kは本当に私のことが好きなんだって思ったからです。

その後、私達2人はそのまま早退することにしました。
車すらほとんど通らない田舎道で、私達以外、他には誰もいません。
せっかくなので道中、歩きながら互いのアソコを触りっこして、そして愛液でびちょびちょになった方の手で手を繋ぎ、もう片方には相手のパンツを持ち、匂いを堪能したりペロペロ舐めたり・・・。
そしてスカートをお尻が見えるくらい持ち上げて、ノーパンのまま家へ歩いて帰って行きました。

さて、2人の愛液で濡れた手が繋がれて、もう片方の手には互いのこれまた愛液で濡れた可愛いパンツ。
さらにお尻どころかアソコまできれいに見えるほどの短いスカート。
そんな私とKが歩いて行った場所は、Kの自宅でした。
Kの家はとても大きく、まさにお金持ちという雰囲気でした。
小さい頃に何度もお邪魔したのですが、やはり何度見ても大きな家です。
Kは成績優秀でとても可愛くしかもお金持ち。
そんな彼女とエッチな関係が続いていると思うと、興奮して愛液が滴りそうになります。

K「ただいま~」

私「お邪魔しま~す」

K「あぁ、大丈夫だよ、今日親は仕事で明日までいないんだ」

私「そうなんだ」

そう、Kの家の両親は共働き。
2人とも夜遅くまで仕事をしていて、職場に泊まることも少なくないそうです。
今日がその日でした。
もちろんそんな日は、いつもKの家でイチャイチャしてます。
そして・・・。

K「なんだか喉が乾いちゃったね~」

私「うん、実は私も・・・」

K「そっかぁ・・・する?」

私「うん、しよっか///」

私達は2人とも喉が乾いた場合、お互いの愛液を吸いあったりします。
Kのアソコから溢れ出る密は、それはそれは何よりも美味しいジュースだから。

私「Kのジュースってとてもまろやかで美味しいんだよね~///もうすっかりクセになっちゃった///」

K「Aのジュースは甘酸っぱくて、いかにも女子高生って感じがする///」

このように私達2人は完全に互いの『味』を熟知しているほど仲良しでした。

K「じゃあいくよ?」

私「うん、舐めていいよ」

まずKの部屋の大きなベッドに横たわり69の体勢に。
相手の頭を太ももで挟むと、Kのアソコが目の前に来てよく見えるようになった。
もちろん2人ともノーパンだから、スカートを穿いたまま召し上がる。
実は私達2人はKの脱毛クリームを日頃から愛用していて、体はツルツルのすべすべ。
当然マン毛も生えていません。
ピンク色のKのクリトリスが可愛い。
でも、最初からいきなり舐めたりはしない。
長い間愛飲してきたため、美味しく飲むコツがあったりする。

私「あぁ・・・Kの指が///」

K「Aだって指が入ってる・・・///」

最初は指でKのマンコに指を入れ、優しく掻き回す。
クチュクチュと部屋中に音がで続けている。
そしてKのマンコからジュースが溢れたら舌でペロペロと舐める。
そのまま中まで吸ったり、舌で巧みに中を掻き回すのもいい。
そして10分後・・・。

私「ふぁぁ・・・美味しかった」

K「またやろうね?」

私「うん」

こうして私達は水分補給を終えた。
しばらく部屋でテレビを観ていると・・・。

K「おしっこしたくなっちゃった」

大股開きで私にアソコを見せてそう言った。

私「私も実はトイレなの・・・一緒に行く?」

K「うん、いこいこ」

普段学校では、2人のどちらかがおしっこしたくなると、2人でトイレに行って放尿シーンを見せあったりしてる。
しかし今回はKの家で、しかも2人ともおしっこがしたい・・・。
こういうときは風呂場に行き、全裸になって互いにおしっこをかけあって遊んでいる。
したことがない人にはわからないかもしれないけど、意外と爽快で楽しい。
子供の頃からずっと続いている遊びだったりする。
風呂場に到着、Kの家のお風呂はとても広い。

私「じゃあ出すよ?」

K「あ、待って、今日はいつもと違うことしない?」

私「いつもと違うこと?」

Kは先程のように大股開きで私にアソコを見せながら・・・。

K「Aも股を開いて、アソコ同士くっつけよ!」

私「なるほど!いいね、それ」

私も大股を開き、Kのアソコと私のアソコを密着させる。
するとKが私のアソコを広げてきた。
なので私もKのアソコを広げるとKは嬉しそうにニコッと笑った。

K「じゃあ・・・いくよ?」

私「うん、いいよ・・・」

2人「せーのっ」

ジョボジョジョボジョボジョボジョボジョボ・・・。

2人「んんんぁぁぁぁぁああああ!!!/////」

2人とも初体験だったので、あまりの快感に2人ともイッちゃいました。
まだまだ勢いよく出てくる2人のおしっこ。
密着したアソコとアソコの狭間でぶつかり合い、混ざりあったおしっこが噴水のように吹き出してくる。
さながら2人の昇天を祝福しているかのように・・・。

しばらくして、2人は互いのおしっこと愛液で全身びちょびちょのため、体を洗いっこしていました。
もちろんとびきりヌルヌルするエッチなボディーソープで。

私「すっごく気持ち良かったね!」

K「だね!またやろっか!」

私「うん!」

完全に癖になってしまいました。
そして風呂場でディープキスしたり、貝合わせしたりして、ようやく上がった。

大きなバスタオルで体を拭きあってリビングへ。
せっかく今夜はKと2人っきなので、2人とも寝巻きは着ないで裸のまま夜を過ごすことにした。

K「Aのおっぱい、凄く可愛いよ///」

私「Kだってすごく脚がきれい・・・絡めてもいい?」

K「うん、いいよ///」

などなど、リビングのソファーで2人裸の状態でイチャイチャ。
そのあと2人で夕食を済ませ、Kの広いベッドで体を絡ませあいながら寝ました。
もちろん途中からはエッチ三昧でしたが・・・。

広大なKの自宅で、裸の私達が2人だけ。
阻むものは何もなく、ひたすら体を貪り合う。
そして次の日、ベッドで裸の私とKは同時に目が覚めた。

K「おはよ、よく眠れた?」

私「うん///Kのおかげで最高の夜だったよ///」

チュッ、っておはようのキス。
残念なことにその日は学校だったので、急ぎ制服を着て支度をしました。
その日の授業中もKと触りっこしまくって、お昼にはまたパンツが濡れ濡れでした。