3つ違いの姉とは、子供部屋と称された6畳の部屋を共有している。
2段ベッドの下が姉。
上を私が使っている。

姉はかなりの頑張り屋である。
もともと170センチと長身だったため、高校に上がった途端、バスケ部からスカウトの声が掛かった。
しかし姉は運動はからっきし苦手で、中学の3年間、クラス対抗競技で補欠にさえなったことがない。
そんな姉が誘われるままにバスケを始め、20数人いる新入部員の中で一番に補欠の座を手に入れた。

その理由を私は知っている。
それは姉の、とうてい真似のできない努力の結果なのだ。
ルールブック片手に試合のビデオを何度も繰り返し観て、バスケットボールというスポーツを徹底的に理解しようとした。
休みの日などは、それこそ1日中ドリブルの練習に没頭していた。
身体は引き締まり、時折見る姉の裸にドキドキした。
なんてカッコいいんだろう、と。

短く切った髪が姉をより中性的にし、周りの男子なんか目じゃないほどの凛々しさがあった。
当然、女子のファンができ、ライバル同志のはずの部員の中にも恋心を抱く女子が増えていったのは自然の成り行きだったろう。

その姉が、2年の春の大会で、試合中に骨折をしてしまった。
汗で濡れた床に足を滑らせて受身に着いた右手が、手首の少し上でポッキリといってしまったのだ。
全治4ヶ月。
試合が出来るようになるまでには、数ヶ月はかかるんだろう。

お風呂は2人で入った。
右手が不自由な姉の身体を私が代わりに洗ってあげるためだ。
姉妹とはいえ最初は恥ずかしかったけれど、すぐに慣れてきた。
が、姉の引き締まった肉体に同性ながらドキドキしてしまうのには慣れることができなかった。

「バスケットボールを2個隠している」などと冗談を言われるバストはブラを外しても形は崩れなくて、小さめの乳首がツンと上を向いている。
ふざけて触った時の柔らかい感触を私は忘れられないでいる。
『マシュマロのような』っていうのは、姉の胸のためにある言葉だと思う。
「もう少し痩せたい」って言う下半身は、姉の贅沢な悩みのひとつだ。
ジーンズがあんなにも似合うんだから。

姉は、“陰毛”の存在が、どうしても恥ずかしくて仕方ないと言う。
だから姉は3日に一度、剃っている。
今は私の仕事になってしまった。
妹にそんなことをさせるのは、とっても恥ずかしいことなんだけど、あんなところに毛が生えている恥ずかしさに比べたらなんでもないと姉は言う。
私はやっと生えてきて喜んでいたのに。
ちょっと複雑な心境。

陰毛がないということは、性器が丸見えになるということだ。
お風呂のような場所であれば、姉の性器を目の当たりにしてしまう時がある。
顔が真っ赤になるくらい恥ずかしくなってくる。

姉の性器は、保健の時間に習ったみたく大陰唇がせり出し、もう大人の形をしている。
私はまだ、ただの筋にしか見えないけど、高校生になれば姉のようになるんだろうか。
なんだかグロテスクで、お母さんにだって恥ずかしくて見られたくないと思う。
やっぱり私は陰毛は剃らない。
陰毛が沢山生えて、あんな恥ずかしいモノを覆い隠してもらいたい。

姉は時々、その性器を指で触っている。
それがオナニーと呼ばれる行為だと最近知った。
オナニーは男子のすることだと思っていたから、最初は姉は異常なんじゃないかと思っていた。
だけど友達が学校に持ってきたレディコミと言われるエッチな漫画本を読ませてもらったら、女の人がオナニーしているところが書いてあって、大人になれば女の人もオナニーをするんだと思った。

やっぱりお姉ちゃんは大人なんだ。
私も大人になったら、オナニーをするようになるんだろうか。

高校2年になる姉と一緒にお風呂に入った時・・・。

「お姉ちゃんはキスをしたことある?」

・・・と聞いてみた。
お姉ちゃんは照れながら、「あるよ」って答えてくれた。

「いつ?」って聞いたら、「中2の時」って言ったので私はドキドキした。

私も中2なのに。
お姉ちゃんは私よりずっとずっと大人なんだ。

(・・・キス。キスってどんな感じなんだろう?)

そう考えたら、なんだか身体が熱くなってきて、オシッコするところがなんだかとってもムズムズしてきた。
キスの経験のない私は、密かに甘い想像を繰り広げていく・・・。

その夜はベッドに入ってもなかなか眠れませんでした。
キス・・・。
そのことで頭がいっぱいになっていたから。

お姉ちゃんが私と同じ中学の2年でキスを経験している。
相手は部活の先輩だったらしい。
姉は中学時代は新聞部に入っていた。
“ウラサワ”という名前を聞いて、かなり動揺してしまった。

浦澤◯樹。

クラスは違うけれど、密かに憧れている男子だ。
堂本光一似の爽やかな感じのタイプ。
ただ無口で優柔不断な感じが、女子たちの人気を二分している。
私は、あの涼しげな眼差しと、圧倒的な清潔感がたまらなく好きなのだ。
だぶだぶの服をルーズに着崩している今どきな男性の格好は、私にはたまらなく汚らしいものに映る。
でも浦澤君は違う。
白の似合う爽やかで清潔な格好をしている。

ウラサワ・・・。
偶然なのかもしれないけど、姉のファーストキスの相手が、私の大好きな男子と同じ名前だなんて。

私は浦澤くんのことを考えた。
声に出して名前を呼んでみた。
顔が赤くなっているのが自分でもわかる。

(キス・・・。浦澤くんとキス)

想像したら胸がドキドキして身体が熱くなってきた。

「浦澤くん」

布団を抱き締めると、お腹のあたりが疼いた。

(浦澤くんの唇)

布団を挟んだ股に力が入る。
レディコミで読んだシーンがそれに重なる。
浦澤くんが私のブラウスのボタンを外す。
ブラも取られて胸が裸になる。
浦澤くんの指が触れ、手のひらで揉まれる。

いつの間にか私のパジャマの胸がはだけ、自分の右手で揉んでいた。
硬くなった乳首。
指が触れると体中ゾクゾクした。

(・・・気持ちいい)

浦澤くんの唇が硬くなった乳首を吸う。
布団を抱き締め、浦澤くんの名前を何度も呼んだ。
浦澤くんの手がお尻にまわる。
下着を脱がされ、アソコを触られる。

私はいつの間にか裸になり、自分でアソコを触っていた。
ヌルヌルした感触が指にある。
身体が火照り、息が荒くなっていく。

「浦澤くん」

アソコからくちゅくちゅと音がする。
指の動きが速くなる。
頭が白くなっていく。
身体が痺れ、足が攣りそうになる。
全身に電気が走った。
身体が勝手にピクピク動く。
今まで味わったことない快感。
これがオナニーなんだと気が付いた。
なんて気持ちがいいんだろう。

お姉ちゃんにバレただろうか。
そっと2段ベッドの下を覗くと、姉はグッスリと眠っていた。

私は大好きな男子のことを考えながら、中学2年生で初めてオナニーを経験した。
とても気持ち良かった。
少しだけ大人に近づいた自分が恥ずかしかった。
朝、ママやお姉ちゃんと顔を合わせたくなかった。
初潮を迎えた時には何だか誇らしげに大声で報告をした記憶があるのだけれど、さすがに初オナニーを報告するわけにはいかない。
エッチな秘密を作ってしまったことに少し後ろめたい気持ちがあるから、2人とは顔を合わせたくなかった。

それでも朝食は、パパとママ、姉と私の4人でテーブルを囲まなきゃいけない。
テレビが私のいる方にあるので、自然とみんなの視線が私の方に向いてくる。
私は顔を上げることもできずに俯いたまま黙々と朝ご飯を食べた。
一刻も早く家を出たい、と思った。

歯磨きもそこそこに家を飛び出し、ちょうどやってきたバスに飛び乗った。
JRの人身事故のせいで車内は異常に混み合っていた。
次のJRの駅に着いた時、かなりの人が降りていったけれど、それ以上に乗り込んできた人の方が多くて、私は押されるままに降車扉のところまで移動してしまった。
一段下がった降車扉のステップ付近もぎゅうぎゅう詰めで身動きが取れなかった。
私は憂鬱になった。
学校のあるバス停までには、いくつかの停留所はあるけれど、乗り込んでくる人だけで降りる人なんかまず居ないはずだからだ。
20分も、こんな状態を我慢しなくちゃいけないんだ。
でも、諦めるしかなかった。

バスが走り出してしばらくすると、不意にお尻の辺りに変な感触があった。
密着した状態。
バスの振動とは違う動き。

(やだ、もしかして痴漢?)

痴漢に遭うのは初めてだった。
先日の友達のゆっこの話を思い出した。

「痴漢に触られた!」と激怒しながら話してくれた。

「大声を出せばいい」とか「腕を掴んじゃえばいい」とか、私は言った記憶がある。

「怖くってそんなことできないわよぉ」と、ゆっこは言い返してきた。

「そんなことないわよ」と私は言い、「私だったら絶対に捕まえてやる」と言い放った記憶もある。

冗談じゃない。
とてもそんなことできない。

私は緊張して体を固くした。
ものすごく怖くて仕方がない。
声の出し方を忘れてしまったように息は声帯を素通りしていく。
カバンを抱えた両手はドアに押しつけられて自由にならない。
心臓がドキドキしてくる。
膝も震えてくる。
目を閉じて歯を食い縛った。

男の手は大胆にもスカートの中に入ってきた!
カバンを抱いた腕に力が入った。
汗が噴き出る。
恐怖でいっぱいになった。
下着の上からお尻を撫でられ、太ももを弄られていく。

バスが揺れて、バランスを崩して広げた脚の間に誰かの脚が割り込んできて、脚が閉じられない。
隙間ができて自由になった私の股間を男の手が触ってくる。
下着の上から男の指が動いている。
恐怖は頂点に上っていく。
歯を食い縛り、目をぎゅっと瞑り、抱き締めたカバンに額を押しつけて堪えた。

男の指はどんどん大胆になっていく。
下着の隙間から入り込んだ指は、直接私の性器に触れた。
強く弄られて痛みが走る。
男の指はそれでも私の性器を弄り続ける。
指が入り込んでくる。
下腹部の奥で男の指がうごめいている。

もう限界だった。
もう、この恐怖感には堪えられなかった。

そう思った瞬間、涙が溢れ出てきた。
しゃくりあげるように泣き出した私の様子に、周りの人も異常を感じてくれたのだろう。

「あんた、何してるんだ!」という声がして、私の性器を弄っていた男の手の感触が消えた。

「運転手さん、痴漢だ痴漢!」という声を聞きながら私は声を出して泣いてしまった。

痴漢をした男の人は40歳のサラリーマンだそうで、部長さんらしい。

「この人に間違いないですか?」

見せられた男の人は身なりも雰囲気もきっちりした人で、おまわりさんの前でポロポロ涙を流していた。
ちょっと可哀想な気がしたけれど、悪いことをしたんだから仕方ないよと思った。
母が警察まで迎えに来てくれて、その日は学校を休んだ。
夕方、その話を聞いた父は、防犯ブザーを2個買ってきて、姉と私に持たせてくれた。