浮気相手の美佐に本気の彼氏ができたらしい。
ムカついたので罰を与えることにしました。

美佐とは4年ほどの付き合い。
私(『ケイちゃん』と呼ばれてる)には亜実という本命の彼女がいます。
亜実と美佐とは友達同士で、そこそこ仲の良い感じ。
美佐は、私の友人やコミュニティの中の誰かしらと付き合ったり離れたりしながら、いつの頃からか肉欲を貪りあう仲になりました。

ここ数ヶ月で、mixiのコミュで知り合った男(今の彼氏)と相談などを重ねるうちに良い仲になったみたい。
会って、しょっぱなから生エッチ。
おいおい、生は信用できる相手とだけじゃなかったのかよ!
NTR好きの私の暗黒面と暗黒息子がムクムクを鎌首をもたげてきたので、彼氏を裏切らせることにしました。

久しぶりにバーで会って、お互いの近況とか、恋愛感とか、ダラダラとお話。
その後、美佐の家を転がりこむことに成功。
で、接近戦に持ち込むも・・・。

「やめて・・・、私、彼1人を愛してみることにしたんだから・・・」

内心穏やかじゃありませんが、ここまで来て簡単に引き下がれません。
ってか、私を部屋にあげてる時点で・・・だけど。
私が強引に迫ると・・・。

「わかった・・・。私も一度だけ、ユウ君(彼氏)を裏切る」

なんですか?
その開き直りは?
それじゃ、裏切らせてやろうじゃないの!
私も燃えてまいりました。

美佐は開き直ったせいなのか、全裸に剥いても恥ずかしがらない。
おまけに電気を消されてよく見えない・・・。
ムラムラ&ムカムカきたのでドSモード発動。

「ほら、生のオチンチン入るよ?彼氏に謝んなくていいのかよ?」

「ごめんなさい・・・ユウ君ごめんなさい・・・ケイちゃんのオチンチンが生で入ってます・・・あぅっ・・・」

「ほら、美佐のオマンコは誰のものか言ってみろよ」

「美佐のおまんこは・・・ケイちゃんのものです・・・」

「違うだろが」

「え?」

「彼氏の名前、なんつったよ?」

「ユウ君・・・美佐のおまんこはユウ君のものです・・・」

「そうだろ?じゃあユウ君と俺のオチンチン、どっちがいいよ?」

「・・・ユウ君のオチンチンの方がいいです・・・」

ってか、これじゃ私が寝取られマゾですねw

「その割にはグチャグチャじゃねーか、ほら突くぞ」

「あぁん!あぁんっ!」

「自分から腰使ってんじゃんか?いやらしい女だな、おい?」

「うわぁぁわぁぁぁぁ、駄目駄目駄目ぇっ!イッちゃうっ!」

「イク時は、ちゃんとユウ君に謝れよ?おらっイケっ!」

「いやぁぁ!イクっ!イッちゃうっ!ユウ君ごめんなさいっ!あぁぁっ!」

全身をピクピク震わせて大きく息を吐く美佐。

「ほらっ。まだ終わりじゃねーぞ」

体位を入れ替えて対面座位に。

「ハァハァ・・・あぁ・・・うわぁ・・・そんなに奥を強くしないで・・・」

「ユウ君のオチンチンとどっちがいいよ?」

「ケイちゃんのオチンチンよりユウ君の方がいいです。だ、駄目・・・も、もう・・・イ、イク!」

「おら、上になって動けよ。自分から!もっと激しく!」

「ごめんなさい、ユウ君ごめんなさい・・・ハァハァ・・・駄目、またイッちゃうよ・・・あうぅぅぅああぁ!」

座位から騎乗位。
けど、すぐに潰れて面白くないので、一番責めやすい後背位に。

「ほら、こっちに尻を突き出せ。もっと腰を反ってケツだけ高くあげるんだよ、ほら」

「ハァ・・・ハァ・・・いやだぁ・・・恥ずかしいよ・・・」

と言いつつも、天井にケツ穴を向けるぐらい高く突き出した尻。

「ほら、入れるぞ?俺のオチンチンはどう?」

「う・・・ぐっ・・・ケイちゃんのオチンチンよりユウ君のが気持ちいいよ・・・ハァハァ」

そろそろ私も限界に近づいてきたので本気の動きに移ります。
パンッ!パンッ!と思いきり肉同士をぶつけ合いながら激しく突きまくると、美佐も限界が近づいてきたようです。

「うああぁぁぁぁぁイクっ・・・イクイクイクっ!!!」

激しく突きながら横顔を覗き込むと、涎垂らしてるww
しばらく突いていると、頭を枕に突っ込んで尻だけ高く上げたまま身体を痙攣させはじめました。

「い・・・イクイク!・・・ぅぅぅあぁぁ・・・」

体中を小刻みに痙攣させながら絶頂に達した模様。

「まだこっちは終わってねーよ。美佐のオマンコは誰のものだ?ほら、俺とユウ君、どっちのがいいんだよ?」

「うぅぅぅっああっ!美佐のオマンコはユウ君のものだよっ!ユウ君のオチンチンがいいっ!」

イライラとムカムカが絶頂の私は(自分で言わせてるんですけどね)自分の中の変なスイッチが、カチッと入った気がしました。

「違うだろ?もう一度聞くぞ?美佐のオマンコは誰のものだ?俺とユウ君どっちが良い!?」

もはや痙攣は止まらず、ガクガクと震えるようになっています。
アナルや乳首に指が触れるだけでビクッ!と反応するイキっぱなし状態。

「うぁあああっ、美佐の・・・美佐の・・・オマンコは・・・あぁっ!?・・・ケイちゃんのものです!ユウ君のオチンチンよりケイさんの方が全然いいよっ!?もう駄目イクっイクっ!ユウ君ごめんなさいっ!美佐、ケイちゃんのオチンチンでイキますっ!あぁぁあぁっ!!」

美佐がイクのと同時に、我慢できなくなった私は美佐の中から生で挿入してたチンコを引き抜くと、彼女の背中にドバドバと精液をぶっかけました。
美佐はお尻を軽く突き出したままガクガク痙攣した状態で、長いことその場から動くことが出来ないようでした。

さすがにちょっとやり過ぎたかなと反省してたのですが、翌日、『2人だけの秘密が増えちゃったネ!』というメールが届きました。
女ってすごい・・・。