年の差4歳のレズカップルです。
私がタチで、まだ19歳の彼女はネコ。
交際して1年ほどになります。
普段は関東と関西の遠距離でなかなか会えないのですが、2、3ヶ月に一度は互いの有給を合わせて出かけたり、旅行に行くようにしています。

初めてのエッチは付き合って1ヶ月ほど経った頃、「USJに行きたい」と、一人暮らしの私の家に彼女が泊まりに来た時でした。
その当時、彼女はまだ高校を卒業したばかり。
しかも誰とも交際したことがなくて、性の世界を全く知らない処女でした。
処女の未成年を女の私が襲うというのはかなり背徳感があったのですが、テレビを観ながら抱き合ううちに私が我慢出来なくなりました。

テレビを消し、向かい合うように膝に座らせ、ついばむようなキスを何度も繰り返します。
だんだんと舌を入れ、ゆっくりと絡ませました。
彼女にとっては経験のないキスでしたが、「ん・・・っ」と小さな声で喘ぎながら目をとろんとさせ、懸命に応えてくれました。
徐々に乱れる彼女の息遣いが狭いアパートに響きます。

「気持ち良くなりたい?」

彼女の耳元でそう囁くと、潤んだ目で私を見つめて頷きます。
風呂上がりでまだ少し濡れた彼女の髪を撫で、ゆっくりとパジャマを脱がせます。
上半身だけを脱がせたところで寝かせ、替えたばかりの下着が汚れないよう下半身も脱がせました。
張りのあるEカップと程良いくびれ、そして誰も触れたことのない秘部が目の前に現れます。

「キレイ・・・」

そう囁きながら私も全て脱ぎ、彼女の上半身に触れ、ゆっくりと乳首を舐めてあげます。
初めは柔らかかった乳首ですが、徐々に硬くなり、彼女も小さな喘ぎ声を発するようになりました。

「っあ・・・、何・・・、気持ちいい」

そう言いながら私の頭を抱きかかえ、身体を震わせる彼女。
その姿があまりにも可愛くて、乳首を指で弄ったり軽く噛んでみたり、身体を密着させ乳首同士を擦り合わせたり、吸い付いて跡を残したりしました。

「あんっ・・・!あぁっ・・・!」

掠れた小声で彼女が啼くたびに、私の秘部は熱と湿気を帯びていきます。
しばらくそうして胸を責めていましたが、彼女の身体をゆっくりと撫で、手を秘部に持っていきました。
脚を開かせ覗き込むともうかなり濡れており、妖しく光っています。

「凄い、綺麗に光ってる」

そう言うだけで彼女はもう真っ赤です。

「やぁ・・・」と脚を閉じ隠そうとしますが、私が両腕で押さえつけていて動けません。
クリトリスの皮を剥きます。
誰も使ったことのないそこは白いカスが少し溜まっていました。
綿棒を使って少しずつカスを取りながら刺激を与えていきます。

「ひゃあっ!あぁんっ!」

今までにない感覚が身体中を走り抜けたのでしょう。
彼女が悶える姿はあまりにも可愛くて、私の中のSが目を覚まします。

「大きい声を出すと、隣の部屋に聞こえるよ?」

いたずらっぽく言うと、彼女は慌てて口を手の甲で押さえました。
綺麗になったところで、次に指先で秘部全体に刺激を与えます。

「これがクリトリス、これがおまんこ・・・」

そう教えながら、すでに剥けたクリを軽く突いたり、秘部を指の腹で擦るだけで、愛液でベッドにシミができるほどでした。

「ふぇ・・・もうダメ・・・許して・・・」

彼女が涙を流しながら懇願しますが、それを見るほど私の欲情は増します。
舌先でチロチロと舐め、そのままゆっくりとクリを吸い上げました。
口の中に含んだ状態で、さらに舌で刺激を加えます。

「ひゃ・・・っ!あうぅ・・・っ!もうダメぇ・・・!」

脚を震わせ、いい声で啼く彼女。

「我慢しないでイッていいよ」と囁くと、その言葉を待っていたかのように、「あっあっあっあっ・・・!!」と掠れ声で叫び、彼女は果てました。

「初めてイッたね?気持ち良かった?」

そう聞くと、涙を流して頷きます。
快楽に溺れて泣く姿は、堪らなく私を刺激しました。

「中でもイカせてあげるね。力抜いてて」

そう囁くと自分の指にローションを塗り、濡れた彼女の秘部に宛てがいます。
愛液に溢れたそこには必要なかったのかもしれませんが、痛い思いをさせないためです。
中指の先端を挿れ、まずは入り口の壁を刺激します。

「・・・っ!」

初めての中の刺激に、驚きながらも僅かに腰を浮かせる彼女。

「痛くない?」

何度も聞きながら、ゆっくりと奥まで挿れます。
初めて異物を受け入れるそこはかなり狭くて、女にしては少し太い私の指は1本でもかなりキツかったです。

奥の壁まで到達したところで、今度はGスポットを探ります。
ゆっくりと、しかし壁を軽く押さえるように動かし、彼女の動きを見て判断していきます。

「・・・っ!」

ひときわ大きく腰が揺れた箇所がありました。

「ここがいい?」と聞きながら、同じところを繰り返し擦ります。

「そこ・・・っ!あっ・・・!」

声を出さないよう懸命に堪えながらも、身体はガクガクと揺れる彼女。
やがてそれは全身の快感になり、どんどん彼女の理性を無いものにしていきました。

「ここばっかり触っててあげる。イキたい時にイキなね?」

その言葉で全てが崩れたのでしょう。
片腕で抱き寄せた私の背中に爪を立て、私の首に顔を埋め、「んんんんんんっ!!」と喘ぎながら彼女は2度目の絶頂を迎えました。
荒い呼吸をする彼女と目を合わせると、どちらからともなく舌を絡めます。
そして彼女が一言、「・・・もっと、気持ちよくして・・・」と、涙目で囁きました。
その言葉に、今まで堪えていた理性は消え、私自身も1匹の雌になっていました。

彼女を再び抱き寄せ、全身を丁寧に舐めてあげます。
耳から始まり、首、腕、胸、指先、お腹、脚、内腿、そして秘部と。
全身が性感帯になったことで彼女も再び昇りつめてきました。
そしてそのまま彼女を寝かせ、互いの秘部を擦り合わせました。
すでに熱を帯びすぎていたそこはあまりにも熱く、宛てがうだけでイキそうです。

「ひぅううっ!ああぁっ!ダメ!溶けちゃう!」

彼女もあまりの快感に興奮が止まらず、声を出して感じていました。
対面の状態で互いの手をしっかりと握り、熱と液を送り合い、2人ともどうにかなりそうなほど乱れました。

「ああぁっ!もうダメ!イク!イッちゃううう!一緒にイこ・・・ああああ・・・っ!」

「っ・・・いいよっ・・・一緒に・・・!」

そのままほぼ同時に2人で果て、崩れ落ちた彼女を慌てて抱きとめました。

「気持ち良かった?」と聞くと泣きながら頷き、そしてぎゅっと私に抱きついて、「幸せ」と囁いてくれました。